【後味の悪い話】弟子の体を食材に



155 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/24(金) 07:57:05
SF短編で見た話

地球とどっかの☆が友好を深めるために料理会を開く事となる。
互いに自国の食材を使った物で、自国民が調理する。
地球の代表で料理を食べるのは合衆国大統領ジョージ氏と料理人とその弟子。
まずは、どっかの☆の人がつくった料理から食べる。
その☆の人はタコ型で、なんと彼らは自分の足をもいで調理しだした。
それだけでどん引きだが、食べるのを拒否したら戦争になりかねない。
ちょいと茹でた程度で、相変わらずうねうね動く足を料理人と弟子は涙ながらに食べる。
(ちなみに足はちゃんと再生するらしい。味はかなり不味い)
その頃、二人とは違うメニューを注文したジョージ氏。
ジョージ氏のもとにはめちゃくちゃ美味しそうな品々が運ばれていた。
だが、食べ方が地球式ではない。腸に挿入して味わうという品だった。
「オーウ!? マミー」と泣き叫ぶ大統領を見てまだ自分たちはマシだったと二人は思う。

今度は地球組が調理する番となった。
だが、冷蔵庫を見るとあらかじめ運んでおいたはずの食材がない。
忘れてきたのかもしれない。食材は自国のものではないといけない…
料理人は仕方なく、弟子の体を食材にしようと決意した。
弟子はもちろん嫌がりまくるが、サイボーグの技術が発達してるから大丈夫となだめる。
早速調理しようとしたところ「そっちの方が渋みがありそう」と言われて
料理人の方が調理される事になった。
まずは足を調理され、次はモツがいいとペニスを切られる。
☆の方々はその味を褒め称え、家族のためあと5人分を注文した。
脳みそさえあればサイボーグ化はできるし、もう勝手にしろと開き直る料理人。
弟子もすっかり慣れ、調味料かなにかを取りに冷蔵庫を開く。
すると、冷蔵庫の奥の方にちゃんと地球の食材があった。
誰か親切な人がよく冷えるようにと奥にいれてくれていたらしい。
今からその食材を使うという手もあるが、言い出すのが恐くて弟子が冷蔵庫を閉めて終わり。

なにこのヒドイ話…と当時小学生だった自分にはひどいトラウマになった。今読むとコメディ調なのが唯一の救い



[ 2015/08/27 18:09 ] SF | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】戦闘妖精 雪風


9 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/03(金) 22:13:37
「戦闘妖精 雪風」
主人公は地球とは別の星で謎の異性体と戦争を続ける軍に属している戦闘機パイロット。
彼は激しい人間不信で信じるものは愛機・雪風のみ。
自らの半身だと思うくらいに偏愛しており、雪風の存在だけが彼の生きがい。
雪風も自分を必要としていると信じて疑わない。
雪風には極めて高度な電子頭脳が搭載されており高度な戦術判断が可能なのだが、
激化する戦争の渦中で高度に発達した結果
自分の行動を制約する人間が邪魔だと言わんばかりの行動を取るようになる。
作戦を遂行するためにパイロットの命が危うくなるような高機動をしたり、
より高度な機動を行うためパイロットを機外に排出したり等々。
それでも主人公は雪風を理解しようと努めるが、埋められない溝を感じ徐々に喪失感を味わうようになる。

ラストで雪風は敵の攻撃を受け、不時着する。
主人公もまた深手を負い、なす術はない。迫り来る敵を前に機外へ逃げる事もできるのに、
雪風と一緒に死ねるのならばそれこそ本望だと死を受け入れ最後の時を待つ。
けれど雪風は主人公の静止を全く無視し、近くを飛んでいた味方の戦闘機Aに全ての情報を転送して
自分の物とした後、絶望に打ちひしがれる主人公を問答無用で機外へ射出。
情報を敵に漏らさないようにするため、もぬけの殻となった自らの機体を戦闘機Aに爆撃させ破壊する。
新たな体を手に入れた雪風は基地に「任務完了。怪我人一名」と告げ、
地上で気を失う主人公を置き去りにして何事もなかったように帰路に着くところでエンド。

主人公の報われない気持ちにもやもやするはずなんだが、最後のあたりまで読み進めると
雪風に惚れこんでしまい、ラストの展開に爽快感を感じる。
そこが一番のもやもやポイント。

12 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/03(金) 23:25:22
>>9
自分も雪風の方が好きで、あのラストに爽快感を感じたw
「片思いの相手に貢いだ挙げ句、情け容赦なく捨てられた男」
そのものだった主人公は気の毒すぎる。



[ 2015/08/08 12:25 ] SF | TB(0) | CM(0)

それから遠い将来にまで話は飛んで、その頃の地球では人間が滅んで 手足があるゴキブリの世界になっていた。

後味の悪い話 その3




784 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/04/29 04:34
小学生の頃、何かの雑誌で読んだ漫画なんだけど

1999年の7月に、核戦争が起きたという所から話が始まって。
小学生の主人公は、担任の先生に連れられて学校内にある核シェルターに入った。

そこには主人公以外にも6人の小学生が居て、その小学生と一緒に
しばらくの間、そのシェルター内で生活する事になった。
最初は、主人公も含めた7人は意見が合わずバラバラだったが
担任の先生がそれを上手に纏めていた。

しかしある時、詳しくは覚えて無いけど担任の先生が何かの病気で倒れた。
その病気を主人公達はどうにかして治そうとするが、小学生では当たり前の事だが、
治す方法が分からず、徐々に担任の先生は衰弱していった。
そして息絶える間際に主人公達に、
「私の最後の願いは、貴方達全員が協力し、無事に生き残る事です」
そんな感じの言葉を言い残して、息を引き取った。

それからは主人公達が協力しあうようになり、自分達の欠けている部分を補う形で、
シェルター内で生活をしていった。しかしそんな日々も長くは続かず、
担任の先生と同じ病気に皆が罹ってしまい一人、また一人と死んでいった。







785 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/04/29 04:35
>>784の続き

それで最終的には、主人公とヒロインっぽい感じの女の子が残った。
女の子の方は、主人公より前に病気に罹っており、
もう明日に息絶えても不思議じゃない状況であった。
そして主人公に、密かに今までのシェルターでの生活の事を書いていたノートを手渡し、
「戦争が終り無事にココから出られた時は
 自分の家族にこのノートを渡して欲しい
 そして自分がココで必死に生きていた事を両親に伝えて欲しい」
と頼んで、静かに息を引き取った。
一人になった主人公は、発狂したのか、その場で髪を掻き毟り、叫び声をあげていた。

それから遠い将来にまで話は飛んで、その頃の地球では人間が滅んで
手足があるゴキブリの世界になっていた。
(ゴキブリの世界に話が変った途端に、今までの劇画な感じの絵柄とは変り
一風変ったコミカルな感じの絵柄になっている)
そのゴキブリ達は主人公達が居た学校を『遺跡』と呼び色んな物を発掘しに来ていた。
そして主人公達が居たシェルターから、先生も含む主人公達8人の骨と
女の子が書いていたノートが見つけ出された。

そのノートの中身を確かめようと、
メガネをかけて髭の生えた博士風のゴキブリが出てきて、ノートを調べる。
そして…
「これに文化的な価値は零に等しいゴキ」
こんな感じの言葉(語尾には確かにゴキと付いていた)
を言ってノートを地面に捨てた。

そして地面に落ちたノートが、風で煽られページが勝手に捲れていく。
そして最後のページが開かれて、そこには大きな字で
「お父さん・お母さん、ごめんなさい」
こう書かれていた。

この話を読んだ時は、最後に出てきたゴキブリといい
救いようの無い展開といい、本気で凹んだよ……








それから遠い将来にまで話は飛んで、その頃の地球では人間が滅んで     手足があるゴキブリの世界になっていた。の続きを読む
[ 2013/06/04 14:00 ] SF | TB(0) | CM(2)

今日もまた、行方を捜す電話が鳴る

後味の悪い話 その3


549 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/04/15 16:54

ガイシュツかもしれないけど、昔読んだ雑誌に載ってた話。

時は近未来。科学が発達して人々の暮らしはますます快適に、豊かになった。
家庭に必ずある電話も変わった。
留守番電話だが、「多機能型臨機応変留守番電話」が主流になった。
これは、電話が独自の判断で留守番メッセージを臨機応変に対応する素晴らしいものである。


ある家庭で電話が鳴った。家人は誰も取らない。電話は独自の判断で会話に応じる。
「○○さんのお宅ですか。●●商事ですが、ご主人がお休みのようで…」
主人宛ての電話だ、ここは妻の声で対応する。
「連絡が遅れまして申し訳ありません。主人は急に熱を出してしまいました」
午後、また電話が鳴る。
「もしもし、奥さまはいらっしゃいますか?」
妻宛ての電話だ。電話は考えて、娘の声で出ることにした。






 今日もまた、行方を捜す電話が鳴るの続きを読む
[ 2013/04/28 08:00 ] SF | TB(0) | CM(0)

彼は人間のあまりの愚かさに絶望した。

後味の悪い話 その1
353 ジレンマ 01/12/31 13:46
ある男が超能力を手に入れた。
それは彼の一動作によって願い事がかなう、というものだった。
たとえばポケットから手を出すとその手には宝石がにぎられているだろう、
指を鳴らすと絶世の美女が部屋のドアを開け現れる、というように。
願うだけではかなわないので、これは衝動的な願望を制御することができた。
そして彼はその能力をもって、知力、品性、財力、なんでも手に入れた。
しかし彼は即物的な願いに飽き、理想をもとめるようになった。
その知力をもって歴史を学んだ結果、彼は人間のあまりの愚かさに絶望した。
彼は願った、


「私が目を開けたら、人間たちの愚かさが、なくなっているだろう」

それ以来、彼は、盲人となってしまった。


354 あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/31 13:54
>353
それは[人間たちの愚かさ]が無くなる事は絶対に無いから
彼の目が一生開かれる事の無いよう盲目になったと思ってOK?


うーん、怖面白い!(・∀・)!



[ 2013/04/01 23:00 ] SF | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ