【後味の悪い話】「まだだ」と答えてしまう。

750 名前:本当にあった怖い名無し :2008/09/29(月) 19:05:35
まんが日本昔話
途中は覚えてないんだけど、お爺さんが天まで届く竹か蔓を昇って雲の上へ遊びに行く。
道のりはかなり遠いのだが、天の上は綺麗な天女やら何やらがご馳走や踊りでもてなしてくれる。
で、おばあさんが自分も行きたいと思うのだけれど、おばあさんの力では蔓を登ることが出来ない。
そこで風呂敷(籠だったかも)に包まれて、それをお爺さんがくわえて蔓を登ることに。

楽しみで仕方がないおばあさんは、何度も途中で「まだかい?もう着くかい?」とお爺さんに尋ねる。
おばあさんの入った風呂敷をくわえていて答える事が出来ないお爺さんだったが、
何度目かにとうとう「まだだ」と答えてしまう。

【後味の悪い話】「まだだ」と答えてしまう。の続きを読む
[ 2017/05/22 20:32 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】崖の上のポニョ

582 名前:本当にあった怖い名無し :2008/09/25(木) 23:07:22
崖の上のポニョ
五歳の男児・ソースケは、海辺の町の崖の上に暮らしている。
母は老後施設で働いており、父は漁師。
ソースケは海で顔だけ人間な妙に大きな金魚を拾い、ポニョと名付けて持ち帰った。
周りの人々はポニョを金魚として受け入れていたが、
施設のおばあさんの一人は「人面魚は津波を呼ぶ」と忌避した。
ポニョの本名はブリュンヒルデ。
彼女の父は、なんらかの方法で人外になった人間嫌いの元・人間のフジモト。
母は海そのものな神様的な存在。ポニョは母は好きだが父はきらいで、父の束縛から逃れようと家出した。
言葉が話せるようになったポニョは「ソースケ大好き」「ポニョ人間になる」と言って気合いで人間になった。
魔法みたいなの使うときは逆行して鳥顔経由して魚顔になる。

フジモトはポニョを取り戻そうとがんばる。ポニョが人間界に行ったら世界の均衡が崩れるとかなんか。
フジモトのせいかポニョのせいか津波が起こり高所にあるソースケの家も、窓の向こうに海がある状態に。
ソースケはおもちゃの船をポニョに巨大化してもらい、船に乗って施設にいる母の元に向かう。
その途中で日本にいないような魚を見たり、大正時代の女の人と会ったり世界はカオスなことになっていた。

いろいろあってポニョは完全に人間になることに。
世界も大丈夫になったらしい。フジモトも渋々認めた。
母により眠らされているポニョ。
ソースケがキスをすれば、ポニョは魔法も使えないただの女児として目覚めるという。
しかし、それはソースケの愛によって保たれるもので、
ソースケが心変わりすればポニョはあぶくとなり消滅するという。
ソースケはポニョを愛しつづけると誓いポニョにキスをした。

ストーリーちゃんと把握してないけど後味悪いっちゃ悪いかもしれない
パンツ丸出しの人間形態ポニョがえろかった

【後味の悪い話】崖の上のポニョの続きを読む
[ 2017/05/20 18:00 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「日本むかしばなし」

521 名前:本当にあった怖い名無し :2008/09/24(水) 22:47:09
「日本むかしばなし」より。
あるところに貧しい家族がいました。
父は病で倒れ死に、母は残された子供たちのために
病弱な身体に鞭打って働いていましたが、貧乏ゆえに
泣く泣く娘を奉公に出すことになりました。

娘は途中にある大きな橋を渡って、村から奉公する大店へと向かいました。
そこで娘は大変ないじめに遭いました。
誰も娘をかばってくれる人はいません。
ある日娘は帳場から金を盗んだという濡れ衣をかぶせられ、
弁解も聞いてもらえず、ただただ暴行折檻を受ける日々が続きました。

【後味の悪い話】「日本むかしばなし」の続きを読む
[ 2017/05/19 19:50 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】天元突破グレンラガン

245 名前:本当にあった怖い名無し :2008/09/20(土) 07:56:04
知っている人も多いかもしれないが、
去年放映されてた「天元突破グレンラガン」ってアニメが後味悪かった。
二部構成になっているんだが、一部は普通に子供向け。
一部はだいたい主人公が機体に乗って戦い、
兄貴分の奴が死ぬんだけどそれを乗り越えてラスボスを倒す。
よく見るアニメだな。ロボットアニメでは結構多いし。

だけど、二部は結構ハード。
二部になると一部から8年ほど成長していて、
何故か主人公は大統領、かっての仲間は大臣だとかそんな感じ。
いきなり宇宙から敵がせめてきて、調べると
「人口が一定を超えると地球を滅ぼしにやってくる。」というのが判明。
つまり、かっての敵が実は地球を守るためにやっていたことが判明。
さらにその責任を取らされて大統領を辞任。
しかも辞任させたのがその時の大臣の一人で、一部での親友。
さらに、この辺でヒロインが敵の仲間で、操られていたことも判明する。
そのままヒロインは敵の下に行ってしまう。

【後味の悪い話】天元突破グレンラガンの続きを読む
[ 2017/05/17 19:15 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】Oblivion

835 名前:本当にあった怖い名無し :2008/09/13(土) 17:33:35
Oblivionというゲームのエピソード。
暗殺ギルドに加入した主人公。
地方支部にいる10人ほどの仲間とともに
金持ちや、囚人、海賊などの暗殺をこなしていたが、あるとき昇進の話が持ち上がる。
昇進の条件は「支部の仲間を皆殺しにする事」。
言われたとおりに仲間を殺した主人公は、あるギルド幹部直属の暗殺者となった。

その後は指定の場所に隠されたメモに従い暗殺業をこなしていく主人公。
だがしばらくして、直属の上司(幹部)が血相を変えて主人公の元を訪れる。
「なんてことだ!俺は裏切り者扱いされてしまった!」
事情の飲み込めない主人公に対して、上司は続ける。
「なぜギルドの幹部を殺したんだ!」
話を聞くと、今まで主人公がメモに従って殺してきた相手はギルド幹部ばかりだったそうだ。
どうやら誰かがメモをすり替えていたらしい。
主人公と上司は犯人を突き止めようとしたが、結局手がかりは得られず
上司は他の幹部から制裁を受け殺されてしまう。

「上司のメモに従っただけ」とされた主人公は罰されることもなく
死んだ上司の肩書きを受け継ぐ事になる。

【後味の悪い話】Oblivionの続きを読む
[ 2017/05/14 18:47 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ