【後味の悪い話】泥棒親子

878 名前:その1 :2009/02/03(火) 03:45:21
中東かインドかどっかそこらへんの昔話。『泥棒親子』。
ある王宮の街。貧しい夫婦がいて妻が妊娠したが、このままじゃとても暮らしが立たず
夫は盗賊になって一旗上げてやろうと、臨月までには帰る約束で旅に出る。
だが、出産後になっても夫は帰らず、妻は困窮の母子家庭で必死に息子を育てる。
少年も幼い頃から町の雑役仕事を手伝い、貧しいながらもそれなりに幸せにやってきた。
ただ一点、そこに父親がいないことを除いては。

ある程度少年が大きくなったところで、母親は盗賊になって稼いでくると出て行った夫のことを告げ、
「生きているなら、どうかお父さんを探し出してきて欲しい」と息子に懇願する。
少年は母親の必死の想いを酌んで旅立つが、感情的な母親と違って利発な少年は現実的で、
顔も知らない父親など見つけられる訳がない、と、最初から探す気はなかった。
その代わり、かつて父親が目指したように、今度は自分が一発稼ぎを当てて
手土産を持って母親の待つ家へ帰ろうと思っていた。

その夜、宿屋に泊まった少年は、粗末な麻袋を大事そうに持った旅の男と一緒になった。
金目の物に違いないと睨んだ少年は、上手く男に話しかけて警戒を解き、
男が寝入った隙に袋を奪って逃げる。案の定、中には金貨や宝石が入っていた。
しょっぱなからいきなりまとまった財物が手に入ってしまうとはラッキーだ、と喜んだ少年は
早速それを持って家に帰った。突然財宝を手にして帰って来た息子を見て母親は驚いたが、
二人で相談し、とにかくこれを郊外の誰にも見つからない場所に保管しておこう
という話になって、夜が明けきる前にと、麻袋を抱えて再び少年は出掛けて行った。

【後味の悪い話】泥棒親子の続きを読む
[ 2017/10/11 19:11 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「ツツジの花の蜜を吸ってるのが汚い」

728 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/31(土) 03:36:32
長文です。
変な人スレと凄い悩んだけど、個人的に超後味悪かったから。
小学生の時、上級生と喧嘩になった。
「ツツジの花の蜜を吸ってるのが汚い」って言われて。
今考えたら、超くだらない話なんだけどw
向こうは男の子の上級生だったし、私は一応女だし、
抵抗したのもむなしく、負けたんですよ。
で、事の顛末を親に話して、「こっちも手を出しちゃったからね」ってことで、
謝りに行こうかって言ってたところ、相手の母親がきた。
まぁ、よくある「うちの子がすみません~」みたいな。
で、これで話が終わったと思ったんだけど。
毎晩くるようになった。その子の母親が。で、居座る。
ウチは基本的に20時くらいまでに寝るようにしてたので、
やんわりと「子供が寝る時間なので」って断ってもダメ。
そしたら21時くらいにやってくるようになってさ。
居留守使っても、ずっと玄関に立ってて。雨の日とかも。はっきり迷惑って言ってもダメ。
で、ある日、近所の人が、そのくらいの時間にお土産持ってきてくれたの。
「今からお邪魔するね」って電話もらってたし、まわりに人がいないか確認してくれて、
「どうぞ~」「ありがと~」なんて主婦同士の話してたら。
「すみません…」って、例の母親が。
私もその場にいたんだけど、超ホラーだったよ。
ずかずか家に上がり込んで、そのまま部屋で泣き叫んで、
3時頃までいたんじゃないかな。恐くて眠れなかったから。
生憎、父親出張。基本的に午前様が多い父親だったから、
まぁ、仕方ないんだけど。
そんな事してたら、母親ノイローゼ一歩手前。
父親が「警察に」って話をして、やっと収まった。
この間1ヶ月半。もっと長く感じたけど。休日は朝からだったし。
何が後味悪いって、この子の子供(私と喧嘩したコ)は大丈夫なのかな。
あれきり、彼は私をものすごく避けるようになっちゃって、
しばらくしたら、引っ越してった。一言も話さないまま。
ちょっと聞こえた話だと「娘が欲しいからください」って事だと思う。

【後味の悪い話】「ツツジの花の蜜を吸ってるのが汚い」の続きを読む
[ 2017/10/10 20:12 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「偉公子」

595 名前:偉公子 1/2 :2009/01/28(水) 03:32:11
聊齋志異の中ではこの話をよく覚えてる
「偉公子」
(本当は偉からイをはずした漢字だが変換できないので仮に偉という字を当てます)
咸陽の名家、偉家の息子は無類の女好きで、家で雇ってる女中のほとんどに手をつけていた
遊郭遊びも好きで、各地の美人だと評判の芸者がいる遊郭を尋ね歩き、放蕩三昧を尽くしていた
あまりに遊び好きなので、厳しい家庭教師を付けられその甲斐あって数年後には科挙に合格し役人となった

赴任先に行ってからはまた昔の癖が出て色事に精を出すようになるんだが、
そこで役者の羅恵卿という若者と付き合う
(歌舞伎の女形だね、まあホモでもあるわけです)

その羅の嫁さんが美人だと聞いて、そちらにも手を出す
これは羅も了承済み、偉はこの二人を自分の屋敷へ連れて帰り、一緒に住もうと思ったんだが、
嫁の方の身の上話を聞くうちに、実はこの嫁が昔自分が手をつけた女中の娘だと気がつく、
さすがに気が咎めたので急用ができたと言って、羅夫婦には大金を与えて別れることにした

【後味の悪い話】「偉公子」の続きを読む
[ 2017/10/06 21:39 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】中国の昔話

592 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/27(火) 23:18:05
中国の昔話(日本の雨月物語みたいなもの?)
ある所に、某神様を祭っている家があり、
何かにつけお伺いを立てると、直ぐにありがたいお告げがあった。
相場などのお告げで、その家はかなり栄えていた。
又、神様からお告げがあり、
「明日貴い客人が来る、必ず丁重にもてなすように」と、
しかし誰も来ず門を閉めようとしていたら、みすぼらしい物乞いがやって来た。
これだ!と思い、思いっきり丁重にもてなした。
が、物乞いの方は、あまりのことに生贄にでもされるのかと思い、
怯えて亭主に助けてくださいと命乞いをした。
亭主は、神様になぜもてなせと言ったのか仔細を聞くといってお伺いを立てると、
「碧瀾堂(へきらんどう)の昔を忘れましたか?」
すると、物乞いが泣きながら、
「私は昔かなりのお金持ちの息子だったが、ある娼妓と結婚を反対され駆け落ちしたが、
貯えのお金も無くなってくると、女が疎ましくなり碧瀾堂へ遊びに行こうと連れ出し、
突き落として殺した、きっと、その女の恨みが自分を呼んだのだ」と。
主は、その男に大金を与えて帰した。
その後は、神を祭らなくなったそうである。・・・で結ばれている。

ちょっと、もやもや

【後味の悪い話】中国の昔話の続きを読む
[ 2017/10/06 20:39 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】犬を黙らせろ、と喚き散らす

483 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/25(日) 02:37:06
715 名前: セン・ゲットー(愛知県)[] 投稿日:2008/06/13(金) 10:16:22.25 ID:pLEdAwcw0
昔住んでたところの近くに、まさにこのキチガイみたいなのがいたわ。
ウチでも犬飼ってたんだけどさ、普段は大人しいんだけど
救急車やら消防車のサイレンにつられて遠吠えするのがなおらなくて、
いつもうちのバカワンコがうるさくてスンマセンて話をするんだけど
そのキチガイを除く近所の人はみんな
「それ以外は大人しいから全然大丈夫よー」って言ってくれたのな。

で、そのキチガイ。3日に1回はインターホン押して「犬がうるさい!黙らせろ!」って怒鳴ってくる。
吠えた日も来るけど、吠えてない日も3日に1回のペースで来る。すんません、って言わないと怒鳴り続ける。
精神病院にぶっこまれてたみたいなんだけど、身内がいなくなってどうしようもなくなり追い出されたらしい。
頭は完全にイカレてて他の家の人の話だけど、車に立ちションされたり、
包丁を持ってウロウロしてたってこともあったみたい。
車も持ってるんだが、クラクション鳴らしながら暴走してるのを何度も見た。

【後味の悪い話】犬を黙らせろ、と喚き散らすの続きを読む
[ 2017/10/05 21:29 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ