【後味の悪い話】「八海事件」

825 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/18(木) 16:30:31
「八海事件」
ちょっと長いので、詳細はウィキペディアで。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6
簡単に言うと
1.強盗殺人事件発生、すぐに犯人逮捕。
2.警察が複数犯を疑い、犯人が偽証(?)
3.証言により、犯人の友人らが逮捕。
4.自白を強要、裁判へ。
5.当然、裁判では無罪を主張するが無期懲役&死刑に。(犯人は死刑確定)
6.あまりにずさんな起訴なので、冤罪が疑われ映画化。(裁判所や映画会社から、公開中止の圧力あり)
7.その結果、高裁差し戻し。
8.意地になった警察、再捜査。
  有罪に有利な証言以外は偽証罪で訴えるなど、かなり強引な捜査を展開、。
9.が、その甲斐もなく無罪判決。
10.警察、再度上告。なんと認められる。今度は有罪(無期懲役&死刑)に。
11.容疑者側も上告、で無罪に。
12それを繰り返すこと、なんとトータル7回。
  最終的に無罪になるが、約18年が経過。

その後、1の犯人が「自分の単独犯だ」との上申書があったことが判明。
全部で17通も出していたが、なんと、それを刑務所が握りつぶしていたことが判明・・・

恐ろしすぎる((((
;゚Д゚)))ガクガクブルブル

【後味の悪い話】「八海事件」の続きを読む
[ 2017/07/27 18:09 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】聴覚障害のAちゃん

694 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/17(水) 01:14:48
330 彼氏いない歴774年 sage 2008/11/21(金) 09:12:27 ID:d8sOhX9w
いつもクラスで孤立してた聴覚障害のAちゃん。前から友達になりたかった。
勇気を出して覚えたての手話で「私と組もうよ」と言ってみた。
黙って私の手話を見てるA。チャイムが鳴ったので私は仕方なく席に戻る。

【後味の悪い話】聴覚障害のAちゃんの続きを読む
[ 2017/07/26 21:09 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】スウィーニートッド

573 名前:1/2 :2008/12/14(日) 17:20:33
ある若い夫婦がいた。妻は非常に美しいが貞淑な女性で、優しく純朴な夫と、愛し合っていた。
そして子供も生まれ、とても幸せだった。
しかし、夫が罪を犯し国を追われることでその生活は崩れ去る
妻は一人子供を育てなければならなかったが、夫の無実を信じ、
町の有力者が求婚してきても目もくれず、貧しいながらも夫の帰りを待ち続けた
夫は床屋で、高価な仕事道具(銀の剃刀)を家に残していったが、彼女はそれを決して売らなかった

ある日その有力者が彼女を呼び出す。強引な求婚を謝罪するという旨だった
しかし呼び出されたのは、怪しい仮面舞踏会で、有力者の姿はない
純朴で世間知らずな彼女は状況に混乱し、帰ることもできず酒に手をつけているうちに酔いつぶれてしまう
いつしか周囲の人間が集まってきて、フラつく彼女の様子を笑いものにしていた
その中の一人が、大衆の面前で彼女に襲いかかる
周囲の人間は嘲笑するばかりで助けようともせず、そのままレイプされてしまう
貞淑な彼女は悲惨な出来事を受け入れられず、悩み苦しんだ末気が触れてしまった
そして彼女の娘は少女性愛の性癖を持つ変態な後見人に育てられることとなった

【後味の悪い話】スウィーニートッドの続きを読む
[ 2017/07/24 22:02 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「ザバレ、ザバレ・・」

405 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/12(金) 06:19:57
どっかの山奥で、一人の村人が、気が狂って、
死んだらしい。。「ザバレ、ザバレ・・」とか、奇声を発して。。。
ザバレさんって、典型的な怪談でね。。
この話を知ってしまった人は、3日以内にザバレさんが現れます。
助かりたければ。。。ry ってやつね。
俺は、当然くだらなくて馬鹿にしてたんだけど、塾の帰りにね、
変なふく面かぶった奴らに追い回されたの。今で言うパペットまペット見たいな覆面。
「ザバレ、ザバレ」言いながら。
もう、走って逃げて、家で、布団かぶって泣いた泣いた。。。
それから、20年以上たってね、会社で怪談話で盛り上がったときに
この話をしたの、みんな「怖い怖い」言ってたんだけどね。。
次の日、そこにいた一人が言うのさ。。
「何気なく、インターネットで調べたんですけどね。。ザバレって、
 朝鮮語で捕まえろって意味らしいですよ。●●さんの出身って、拉致で有名な新潟ですよね。。
 当時は表に出てなかったけど」

【後味の悪い話】「ザバレ、ザバレ・・」の続きを読む
[ 2017/07/20 22:33 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】福島北部の民話

377 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/11(木) 22:01:26
福島北部の民話
「一盃森の長次郎狐」
昔、一盃森に長次郎という狐がいた。
狐伊達に大変悪知恵が働き、人を化かしては髪の毛を食っていた。
近くの村人はみんな坊主頭にされて、困っていたところ、一人の勇気ある若者が我こそはと立ち上がった。
さっそく一盃森に来て、藪の中で見張っていると、長次郎が現れた。
道端に落ちている馬の草鞋を手に取って、ぺっと唾を吐きかけポンと手を叩く。
すると狐はみるみるうちに美しい花嫁さんになった。そうして次々に唾を吐き手を叩いていき、
たちまちに優しげな子守娘と可愛い子供を生み出した。
三人が並んで歩く様は、まるで子守連れで子と里帰りする花嫁さんそのもの。
どこへ行くのかと若者がこっそりついて行くと、三人は下の坂のお大尽様の屋敷に入っていった。
お大尽様は娘の里帰りに初孫とあって大喜び。そこへ若者がパッと出て行って、
「その娘は狐だ! 俺がこの目で見たんだから間違いねえ!」と叫んだ。
最初は本気にしなかったお大尽様も、若者があまりに熱心に説得するものだから、
「じゃあ正体を見てみよう」と言って、若者と一緒に行き、娘と孫と子守を部屋に入れ生木を燻した。
しばらくして戸を開けると、そこには化け狐どころか、三人が人間のまま死んでしまっていた。
怒り狂ったお大尽は「娘も孫も生かして返せ」と詰め寄ったがもちろん若者にそんな力はない。
「おかしいな、確かに見たのにどこで間違ったんだろう」と困り果てつつ平謝りに謝ったのだが
お大尽様には全く許してはもらえなかった。
そこへちょうど坊さまが通り掛り、仲裁に入ってくれた。坊さまは若者に
「罪を償うには、髪を剃って坊主になることだ」と言い渡し、若者はとうとう坊主にされてしまった。
そしてその坊さまは、馬の草鞋を叩きながら南無阿弥陀仏と唱えていったのだった。
勇気ある若者も、やっぱり長次郎狐には敵わなかった、というお話。

【後味の悪い話】福島北部の民話の続きを読む
[ 2017/07/20 21:33 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ