生まれるはずのない血液型



426 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/09/02 15:54
高校の時、生物で血液型の勉強をして、A、B、O型には
それぞれAO、BO、などがあり、組み合わせによっては絶対
生まれてこない血液型があるという話で、先生が
「おまえらちゃんと親の子かぁ~?」と、言ったので調べてみた。
私達兄弟は親の子でしたが、一緒に暮らしていて亡くなった祖母から
父が生まれてくるハズがない事が判明しました。
家に帰って母にこっそり聞いてみたら、案の定亡くなった祖父の後妻さんだったそうで、
若い頃に煩った子宮筋腫の為に子供はおらず、
私達孫の事を自分の子供のように溺愛していたとの事でした。
考えてみたら祖母と散歩をしている時に近所のおばさんに
「あら~○○ちゃん!おばあちゃんに良く似てるわねぇ!」
とかなんとか言われた覚えがある。
ばあちゃん・・・どんな気持ちだったんだろう。
お世辞(ってゆうのかな)は時として残酷ですね。

関連記事




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

残酷ではあるかもしれないけど、よく似てるってのは雰囲気とかも含むから、血は繋がってなくても似てるって感じられることは確かにある。
むしろそう思わせられたのなら、そのおばあちゃんは本当に愛情持って育てたってことで、すごいと思うよ。
[ 2016/08/30 14:52 ] [ 編集 ]
まあ血のつながりがなくても、
自分の本当の孫とまで思っている子との関係を褒められるのは、
その子を愛していれば嬉しいものだろうしね

大げさに考えずとも、
例えばペットですら「あなたに似てきたね」と言われれば嬉しいものだからね
それが溺愛する「孫」なら尚更のこと
[ 2016/08/30 20:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ