スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【後味の悪い話】コードギアス 反逆のルルーシュ

73 名前:反逆のルルーシュ 1/7 :2009/02/06(金) 13:38:17
アニメの「コードギアス 反逆のルルーシュ」が後味悪かった。
全50話なのでかなりはしょるけど、まとめてみた。
舞台となっているのはパラレルワールドの地球。
文明の発達度ではあまり変わっていないが、この世界ではアメリカと共産主義が存在せず、
イギリスから「ブリタニア」と呼ばれる大国が発展し世界の1/3を支配している。
ブリタニアは弱肉強食を国是とし次々と他国に戦争を仕掛けては植民地にしていて、
この世界の「日本」もブリタニアの植民地になる。

主人公のルルーシュはブリタニアの皇子だったが、10歳の時に母親を暗殺された。
暗殺時に巻き込まれて撃たれたルルーシュの妹ナナリーは目と足が不自由になる。
さらに、立場の弱くなったルルーシュは妹と共に当時ブリタニアの敵国だった日本に人質として送られた。
表向きは日本の首相だった枢木家に留学生として預けられたが、敵国の皇子として虐待に近い扱いを受ける。
ルルーシュはナナリーを必死に守っていたが、
ブリタニアが彼らを無視して日本侵攻を行ったため、殺されそうになる。

しかし、日本の首相の一人息子である枢木スザクと友人になったことで、助けてもらい生き延びる。
スザクはルルーシュと同い年で性格も良く、ルルーシュ達を周囲からかばい、
日本で戦争が始まった時も手を引いて一緒に逃げてくれた。
ルルーシュは自分たちを見捨てたブリタニアと父親である皇帝を憎み、
また再び利用されることを恐れて戦争で死んだことにして妹と共に身を隠した。
占領され、植民地になった日本にはブリタニア人のための租界が出来たので、
租界にある学園の学生としてルルーシュ達は暮らし始めた。
租界ではブリタニアに不満を持った日本人達がテロを繰り返しているし、
いつ正体がばれて暗殺されるかもしれない不安定な暮らしだったが、
ルルーシュは妹を介護しつつ懸命に生きていた。

そんなある日、17歳になったルルーシュは外出中にテロに巻き込まれて死にかけたところを、
謎の少女CCに助けられる。CCはいつか代償を払うことを条件にルルーシュに超能力(ギアス)をくれる。
ルルーシュの貰ったギアスは「相手の目を見て命令すると何でも命令を聞いてくれる」という能力。
命令は1回しか効かないが、誰にどんな命令をしても効き、死ねと命じれば必ず死ぬ。






【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

74 名前:反逆のルルーシュ 2/7 :2009/02/06(金) 13:41:23
ルルーシュは貰ったギアスで、妹ナナリーのために世界を変えることを決意する。
弱肉強食を唱えるブリタニアが支配する世界では、弱者であるナナリーは生きていけない。
ナナリーに「なにか望みはないか」と聞くと、彼女は「お兄様がいればそれでいい」と答えた。
足も目も不自由で身分も失った妹が全てに絶望していることにルルーシュは悲しみ、
ブリタニアを壊しナナリーの生きていけるような優しい世界を作ることを決めたのだった。
ルルーシュは正体を隠した仮面の男として「ゼロ」を名乗り、ブリタニアへの反逆を開始する。
手始めにゼロは正義の味方として、ブリタニアの圧政に苦しむ日本人達を救いはじめた。
ギアスの力を使えるルルーシュは次々と奇跡を起こし、日本人達はゼロを信用し支持するようになった。
テロをしていた人々も続々とゼロの元へ集まった。
ルルーシュはゼロをリーダーとする「黒の騎士団」を組織し、本格的にブリタニアへの抵抗を開始した。
ところで、ルルーシュ達の友人であったスザクは強制収容所へ送られ、
その後名誉ブリタニア人となりブリタニア軍に入った。
(一般的な日本人は差別されて人権のない奴隷のような状態で、
 優秀な者は忠誠を誓うことで名誉ブリタニア人になれ、ややマシな扱いを受けている設定)
パイロットとして頭角を現したスザクは周囲から祖国への裏切り者扱いを受けるが、
実はスザクはまだ日本を愛していた。ブリタニアには武人の最高位になると
好きな属国を貰えるという制度があって、スザクはそれで日本を手に入れ日本人達を保護しよう、
そしてブリタニアを内側から変えていこうと計画していたのだった。

スザクは軍人になってからルルーシュ達と再会したが、ルルーシュ達の身分を隠すのに協力し、
彼らのためにも出世して日本を解放しようと決意していた。
そのスザクの目から見ると正義の味方ゼロは折角治まっていた日本で再び戦争を始めようとする悪者だった。
お互いの正体を知らないままゼロとスザクは対立するが、ある時ゼロは敵パイロットがスザクであることに気付く。
ギアスを使えば簡単に味方に出来るが、スザクへの友情があるゼロはそれが出来なかった。
勿論、スザクを殺すことも出来ない。ゼロはスザクを黒の騎士団に勧誘しようとするが、
スザクは断り続け、彼らは戦い続けるのだった。

75 名前:反逆のルルーシュ 3/7 :2009/02/06(金) 13:45:33
ゼロが日本の総督を殺したため人事異動があり、新しく総督と副総督がブリタニアから派遣されたが、
副総督はルルーシュの異母妹であるユーフェミアであった。
ルルーシュの父親の皇帝には大勢の妃が居て、腹違いの兄弟は基本的にライバルだったが、
以前のルルーシュ達はユーフェミアとは例外的に仲が良かった。
ユーフェミアは皇族の中では変わり者で、優しく、国是の弱肉強食には反対していた。
また差別意識もなく、日本人のスザクを取り立てて出世させてやり、
感謝したスザクは心を開いてユーフェミアに忠誠を誓うようになる。
ユーフェミアはゼロを見て正体がルルーシュであることを見抜き、直接話をして確かめるが、
ゼロの正体のことはブリタニア側には勿論スザクにすら話さなかった。
むしろゼロを助ける為に、経済特区を考えつく。特区とは日本の一部を特別な地域として解放し、
その中では名誉ブリタニア人になれない日本人でも誰でも人権が保証されるというもの。
特区の中でならルルーシュ達は平和に暮らせるし、もう黒の騎士団として戦う必要はない。
特区が成功して経済的に成果をもたらせばもっと特区の範囲を広げ、
最終的には日本を解放出来るというのがユーフェミアの考えだった。
国是に反する思想だが、ユーフェミアの人脈の力もあり、ゼロに手を焼いていたブリタニアは許可を出す。

ゼロを許してもらうために、ユーフェミアは己の皇位継承権を返上する。
(罪を犯した皇族は継承権を返上すれば罪については許されるというブリタニアの法律を利用して、
 ゼロを含むテロをした人々は彼女の配下ということにして一緒に罪を不問にしてもらった。)
事情は知らないスザクも、頑張るユーフェミアに協力する。
黒の騎士団は徹底抗戦を主張する者と特区に参加したい者で二分される。ルルーシュは当初ためらうが、
特区完成式典の日ユーフェミアと会い、継承権まで捨てて自分たちを思ってくれたことを知って感激し、
ゼロとして特区に参加することを決める。
が、ギアスのこともユーファミアに打ち明けようとして
「例えば、君に『日本人を殺せ』と言えば殺してしまうような力なんだよ」と言った瞬間にギアスが暴走する。

76 名前:反逆のルルーシュ 4/7 :2009/02/06(金) 13:50:23
実はギアスは使う度に増大して制御できなくなる力だった。それまでは使おうと意識した上で
相手の目を見て命令しないと使えなかったのだが、ユーフェミアと話した時には意識しなくても
相手の目を見て話したことが命令になってしまう状態になっていた。
『日本人を殺せ』というギアスに支配されたユーフェミアは
特区のために集まった日本人を殺すように軍に命令し、数万人が虐殺されてしまう。
ゼロは人々を助けるために黒の騎士団を呼び、皆をかばい、ユーフェミアを止めようとするが敵わず
(ギアスは一度限りしか効かず、取り消しも効かない)彼女を射殺してしまう。
仮面の下で涙を流すゼロを、助けられた日本人達は救世主扱いする。
この事件でブリタニアに騙されたと思った日本人達はゼロへの信頼を深め、
黒の騎士団の勢力はさらに拡大する。本当のことを言えないゼロは
せめてユーフェミアの死を最大限に利用することにし、改めてブリタニアと戦うことを誓う。
一方、ゼロが敬愛するユーフェミアを射殺するところを見たスザクは、ゼロを激しく憎む。
日本人殆どの支持を受けた黒の騎士団は、ついにはブリタニアと決戦することになる。
が、戦闘中に妹ナナリーが人質にとられ、ゼロは戦闘を放棄して妹を助けにいく。
しかし待っていたのはスザクだった。
実はブリタニア側にもギアスを使える者達が居て、皇帝自身もその一人だった。
スザクは皇帝達からゼロの正体とユーフェミアを操ったことを知り、
絶望してルルーシュへの友情よりも復讐を選んだ。スザクに負け、皇帝に囚われたゼロは
皇帝の「記憶を改変するギアス」により全ての記憶を失ってしまう。ゼロを失った日本側は結果的に大敗する。

77 名前:反逆のルルーシュ 5/7 :2009/02/06(金) 13:55:53
CCと残ったレジスタンス達によって救出されたゼロは再び記憶を取り戻し、
処刑されかけた仲間達を取り返して再び戦うことを誓う。黒の騎士団は復活した。
が、決戦の時に指揮を放棄して消えたゼロに対して黒の騎士団は疑惑を抱く。
皇帝達に誘拐された妹ナナリーは皇女として新たに日本の新しい総督として赴任する。
皇帝達はナナリーをゼロ対策に利用しているが、何も知らないナナリーは兄を捜したくて総督をしていた。
妹とは戦えないので苦悩するゼロ。妹を救出するため色々な作戦を実行するが、全てスザクに邪魔されて失敗する。
黒の騎士団はゼロの奇妙な行動にますます不審を抱く。

一方でブリタニアはEUなどにも手を伸ばし、勢力を広げていた。
ゼロはブリタニアに反感を持つ国々と交渉し、合衆国連合を成立させる。
合衆国連合の戦力は全ブリタニアとほぼ同等、ゼロ達とブリタニアは再び最終決戦を行う。
戦局はゼロ達に有利だったが、ブリタニアは一挙に半径10kmを消失させる新型爆弾の開発に成功していて、
追いつめられたスザクがその爆弾を発射させてしまう。
新型爆弾は黒の騎士団の大勢を消失させ、ナナリーの居る総督府も巻き込まれた。
妹を救出しようとしていたゼロは目の前で妹が消えるのを見て理性を失ってしまう。
大事な局面で再びわけのわからない行動を取るゼロに、黒の騎士団は信頼を失う。

新型爆弾に怯えて退却した黒の騎士団にブリタニアが和平交渉に来るが、その席上でブリタニアは
ゼロが実はブリタニアの皇子であることやギアスを使って特区の虐殺を引き起こしたことをばらしてしまう。
怒った騎士団はゼロを排斥し、殺そうとする。
一人だけ全ての事情を知っていた腹心の部下が命と引き換えに助けてくれて、ルルーシュは逃げ出せたが、
騎士団にゼロは死亡したと発表され、全てを失ってしまった。

78 名前:反逆のルルーシュ 6/7 :2009/02/06(金) 14:00:20
絶望したルルーシュはせめて母の復讐だけでも果たすべく単独で皇帝のもとへ乗り込む。
が、皇帝と対峙した時、ルルーシュの母親が現れる。実は母親はギアスの力で生きていた。
皇帝と母親はぐるで、彼らの目的は全世界にちらばるギアスの遺跡を手に入れてそれを発動させ、
新しい世界を作る事(話が長くなるので割愛しますが、人類補完計画みたいなやつをやろうとしてます)で、
侵略戦争は遺跡を手に入れるためだった。ルルーシュは復讐が無意味だったことを知るが、
今の現実の世界を壊そうとする両親に反対する。追い掛けてきたスザクも事情を知りルルーシュと共闘する。
ルルーシュ達は発動しかけた遺跡をなんとか止めるが、結果的に両親も殺してしまった。
本当に全て失ったルルーシュにスザクは「ユーフェミアの仇」と再び剣を向けるが、
ルルーシュはそのスザクにある約束をし、二人は手を組むことになった。
1ヶ月後、ルルーシュはブリタニアの皇帝に即位し、ギアスの力で皇族と貴族達を従えた。
最強のパイロットであるスザクも協力し、反対勢力をほぼ一掃する。
残った旧ブリタニア勢力は黒の騎士団達と手を組み、新型爆弾を利用して対立してくる。
さらに、旧ブリタニアは死んだはずの妹ナナリーを正統な皇帝として擁立した。
ナナリーはゼロを動揺させるために死んだことにされていたが、実は身代わりとすりかえられて新型爆弾から逃れていた。
ナナリーは悪逆の道に進んだ兄を悲しみ、殺してでも兄をとめようとするが、
目的のあるルルーシュはナナリーをも打ち倒し、捕虜にしてしまった。
ルルーシュ達のブリタニアが勝利した。スザクは戦闘で死亡したが、ルルーシュは全世界を支配する。

79 名前:反逆のルルーシュ 7/7 :2009/02/06(金) 14:06:13
戦後のルルーシュ皇帝は圧政を行う。
数ヶ月後、旧勢力や黒の騎士団の処刑の日、ルルーシュは囚人達を引き連れ、
囚人服を着せ鎖につないだナナリーを足許に置いて凱旋パレードを行う。
民衆は反感を持つが、恐怖のため逆らえない。
ところがパレード中にゼロが現れ、警備をかいくぐってルルーシュ皇帝を刺し殺す。
実は全て自作自演で、ルルーシュが全世界に憎まれて消えることで、皆の心を一つにして平和にしようという
ルルーシュとスザクの計画だった。仮面のゼロの正体は死んだことにしたスザクである。
スザクもスザクとしては死に、ゼロとなって平和に貢献することで償うつもりだった。
民衆はゼロが何らかの理由で復活出来たのだと思い、悪の皇帝を倒してくれたと喜んだ。
ナナリーの横にルルーシュは倒れ込み、ナナリーは瀕死の彼の手を取って、全てを理解する。
「お兄様さえ居てくれれば、私はそれで良かったのに!」号泣するナナリー。
ナナリーは兄を深く愛していて、兄さえ居ればどんな世界でも辛くても生きていけたのだった。

エピローグで、平和になった世界が描かれる。黒の騎士団の団員も殆どが普通の暮らしに戻り、
ナナリーは新ブリタニアの代表としてゼロに車椅子を押され、元は黒の騎士団の幹部だった日本の
首相と和平条約を結ぶ。ルルーシュが望んだナナリーの生きていける優しい世界は実現したが、
その世界にルルーシュは居ないのだった。

・・主人公は死ぬしナナリーとは結局すれ違いだったのが後味悪かったよ。

81 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/06(金) 14:18:09
>>79
面白かった
読んでて思ったんだけど、ギアス使って「俺のどんな命令にも従え」って言えば無敵じゃないか?

86 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/06(金) 15:38:21
>81
そんな露骨な言い回しじゃないけど作中で一、二回使ってる
ギアスつながりで
ルルーシュがギアスを得た直後に実験目的であれこれ試した時期があるんだが、
ギアスの持続時間を調べるために名もなき女子生徒(通称壁子)に
「何時になったらここの壁に傷をつけろ」とギアスをかけた。
ある程度話数が進むまでは壁子が壁に傷をつけている様子が確認できたんだが、
だんだん学園内の描写も減って壁子の存在が確認できなくなった。

そんな時、製作側からのメルマガで壁子のその後がこぼれ話的に書かれていた。
>76の頭ぐらいでは記憶を無くしたルルーシュは普通に学園生活を送っているんだが、
一部生徒を除いて学園生徒は総入れ替えされて本国へ帰されていた。
壁子も本国帰還組の一人だったんだが、ブリタニア本国で真夜中にいきなり起き出して
日本目掛けて走り出すんだそうだ。
その時間は壁に傷をつける指定時間で、時差のためにブリタニアでは真夜中。
何をやってもギアスは解除されず、壁子は物狂い扱いされて
屋敷に幽閉状態にあるんだって、いやーギアスって怖いねーw
とスタッフの言葉で締め。

いや……そんな気軽に言われても……
主人公がさらっとやったことに対して後付でそんなん言われても後味悪いだけだ
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2017/10/13 21:26 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。