【後味の悪い話】漫画・落第忍者乱太郎

626 名前:1/2 :2009/01/04(日) 23:18:02
本来は後味悪くないはずなんだけど、個人的にもやもやが残った話。
漫画・落第忍者乱太郎の一エピソード

時は戦国時代。
10歳の少年乱太郎、きり丸、しんべヱは一流の忍者を目指して近畿地方にある
全寮制の忍者の学校「忍術学園」で学ぶ親友同士。
ある日、3人は刀を手入れに出しに行く先生について出かけた。

町を歩いていると、突然覆面の不審者が先生の刀を狙って襲いかかってきた。
先生が峰打ちで倒して覆面をとると、なんと乱太郎達と同じ年頃の子供だった。
子供は金吾という名の鎌倉武士の子で、一年前何者かに暗殺された父の仇を探して旅をしており、
ようやく目当ての相手を見つけたが自分の安物の刀では倒せないと思って
先生の持つ業物を奪おうとしたのだという。
金吾の境遇に同情したり協力してくれたらお礼をするという言葉につられたりした3人は、
仇討ちを手伝うことにする。

仇はなかなかの強敵だったが、乱太郎達は忍術を駆使して追い詰める。
ついに金吾がとどめを刺そうとした瞬間、一人の武士が止めに入った。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

627 名前:2/2 :2009/01/04(日) 23:19:30
武士は金吾の父だった。
死んだはずの父が何故ここにいうのかと驚く金吾に、
父は、実は全ては泣き虫で親に甘えてばかりいた金吾を
立派な跡取りとして鍛えるための狂言であったと明かす。
仇として追っていたのも、計画に協力した父の友人だったのだ。
密かに金吾の旅を見守り続けてきた父は、一年の間にすっかり逞しくなったと彼を誉める。
そして、乱太郎達が見せた忍者の頭脳戦に感心し、これからの時代は
武士も剣の腕ばかりでは生き残れないと悟り、金吾にも忍術を学ばせたいと申し出た。
こうして金吾は忍術学園に編入することになった…。

子供向けのギャグ漫画なので、ここでめでたしめでたし次回に続くなんだけど、
最初に読んだ時は子供心に(当時は自分も小学生だったので)
いくら本人のためとはいえ10歳の子供が父親に騙されて一年も過酷な環境で放浪した挙げ句、
旅を終えても家に帰る間もなくまた遠くの全寮制の学校に入れられて
母親にも会えないなんて金吾カワイソス(´・ω・`)と思えてならなかった
(実際、家が遠いので休暇中に帰省出来ないというエピソードも後に作中で語られる)。
絶対その後人間不信になるだろ…

そして何より後味悪いのは最近原作が同人でブレイクしてて、
作者が腐女子と馴れ合った上に取り巻きを集めた会合で
主人公は一流忍者になれないとか今は仲良しな友達の
あのキャラとこのキャラは将来対立するとか、
自ら子供の夢をぶち壊す裏設定を垂れ流してることだ…

629 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/04(日) 23:31:25
>>627
自分も主人公は忍者になれないと作者が公言した、と聞いて心底後味が悪くなったな
何でそういう裏設定を公開しちゃうかなあ
631 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/05(月) 01:20:02
>>627
最近ってか、十年単位の昔から作者は腐趣味があり、
自キャラの801絵とかも書いてしまう猛者だ。
632 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/05(月) 02:20:27
まぁ普通に乱太郎見てればこいつは一流にはなれないだろうなってぐらいはわかるけどね。
666 名前:本当にあった怖い名無し :2009/01/06(火) 00:06:35
>>632
いや、原作読んでると乱太郎と仲間たちって確かに
唯一の秀才キャラを除いて学力は羞恥心並みのバカで落ちこぼれなんだけど、
実戦には強くていざというところで天才的な力を発揮したりしてるから
「一流忍者になる」っていう目標ももしかしたら…と思わせる余地があるのね。
それだけに作者自らの口から(しかも子供向けの「ギャグ漫画」で)
主人公の夢を全否定されたのはひどすぎる。
子供の頃に知ってたらマジで絶望してたと思う。
ついでに件の金吾は忍術学園に入学したはいいものの
寮のルームメイトが趣味でナメクジを繁殖させてて住環境が最悪だったり
休暇中の身元引受人の先生がとんでもないマダオで
昭和枯れススキみたいな生活させられたり、
その後もすごい不幸キャラだ。
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2017/09/22 18:33 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ