【後味の悪い話】夏の滴 桐生祐狩

42 名前:夏の滴1 :2008/11/11(火) 16:39:12
拙い文章で申し訳ないですが投下。
夏の滴 桐生祐狩
主人公の藤山真介は小学四年生。友達の徳田という膝から下が欠損している車椅子の少年と、
河合という女の子と、少し前に親の借金が元で転校してしまった通称ジョンという少年の四人で、
読書が共通の趣味の友達グループだった。
物語は少年たちが突然誰にも打ち明けず突然いなくなったジョンに会いに東京へと向かうところから始まる。
少年たちの町は、少し前に町おこしのイベント(郷土文化展示会みたいの)が大失敗して大変な借金を負っていた。
ジョンの失踪もそのイベントにジョンの父の勤める会社が携わっていた故であると思っていた。
実際そのように夜逃げする家が少なくなかったからだ。
ところが、ジョンの失踪に前後して、少年たちの周りにおかしなことが起こり始めた。
友人の徳田を題材とした、障害者のいるクラスのドキュメンタリー番組が
ローカルテレビで放映されるためにクラスにテレビ局の人間がやってきた。
この番組は以前にも放映され地域ローカルなのに中々の人気があった。
今回はリポーターに江上という美人の女性がいる。
少年たちのクラスには「植物占い」という「動物占い」のように誕生日から自分の特性の植物を割り出し、
性格や未来を占えるというものが流行っているのだが、
主人公がうらなってみようとすると、該当のページが無かったり
未来が聞けるという本に書いてあったダイアルでは、おかしな雑音が聞こえてくる事に興味を持ち、
その本を持ってきた八重垣といういじめられっこの不気味な少女の家へと少年たちと共に訪れた。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

43 名前:夏の滴2 :2008/11/11(火) 16:40:34
普段は奇声を上げたり誰とも会話をしようとせずに、
いつもみんなからサッカーボールのように扱われていた八重垣だが、家では普通の子だった。
八重垣の部屋で江上に説明するためにもう一度自分の未来を聞くためにダイアルへかけると、真介は気を失った。
夏休み、真介は虫取りへと出かけ、森でミヤマスギが足元につっくた洞窟に飲み込まれそうになる。
足がガチガチに硬化し、まるで自分が植物に同化してしまうような感覚だった。
そこを等々力という森本レオを若くしたような青年に助けられる。
青年の名がまるで昔のお侍みたいだなと思った真介は
図書館の郷土史人物名鑑で等々力と縁のありそうな人物を発見する。
罪人の処刑の際に首を切る職についていた人物だった。
その頃、少年たちは行方のわからないジョンの居場所を突き止め、そこへ行ってみることにした。
ただ元気かどうか知りたっかた。
途中、子供だけな上に、車椅子に乗った子がいる子供たちを不振に思った駅員に止められるが、
リポーターの江上が現れ同行することになる。
無事ジョンの家に着いたが、何かおかしい。そこは高級住宅街で、家は大きい。
とても夜逃げをした家族の住むところではない。
が、表札はジョンの家のものだしチャイムを鳴らすと聞こえてきたのはジョンの母親のものだった。
ジョンの母の対応を江上が引き受けている隙に、真介たちはこっそりと家へ忍び込んだ。
ところが、ジョンのいる気配が無い。子供部屋も、洗濯物の中に子供の服も無い。
おかしいと思いながら台所まで来たところでジョンの母がこちらに来る足音が。
慌てて足元にあった扉を開き地下室へ逃げ込む。
地下室は真っ暗だったが何か梅酒のような甘いにおいがする。
母親が遠ざかったので退散しようとしたとき、河合が置いてあった瓶に足を突っ込んでしまう。
ドロドロとして粘着力がすごく中々抜けない。
扉を開け見てみると、それは赤く、ところどころ黒い物が混じり、まるでブドウが腐った物のようだった。
河合は錯乱する。
急いで逃げたが、真介たちはあれはジョンが殺されて酒付けにされたものだと直感する。
江上がその物体を分析してもらったところ、やはり人間の組織だった。

44 名前:夏の滴3 :2008/11/11(火) 16:41:15
なぜジョンは殺されたのか、なぜ夜逃げしたのに豪邸に住んでいたのか。
そういえば、最近親たちの羽振りがいい。再会した等々力からは大人たちに気をつけろ。
近々予定されているクラスでの親子キャンプへ行くなと警告された。
ジョンが殺されたことへの恐れや大人たちへの不振等から心細くなった真介は
泣きながらジョンを探しにいったことや大人たちの怪しい行動などを母へ話してしまう。
母は真剣に聞いてくれた。優しい顔で一緒に風呂でも入ろうかといった。
風呂場で母は涙を流した。未婚で真介を生んだため、一人きりで育ててきた。
今までこれほどに人のことを愛せたことは無い。真介を愛してると。その後、母と一線を越える。
その日を境に真介は徳田や河合とも連絡を取らず、家でグーたら過ごしていた。
徳田たちは未だに周りで起こっている事について調べまわっているようだったが、
それがひどく幼稚な行為に感じた。あんなのはきっと何でもない、全て偶然で起こったことだと。
そしてキャンプの日。この親子キャンプの模様も撮影するために江上たちテレビ局のスタッフもやってきた。
キャンプの最中、八重垣を洞窟へ閉じ込めようとしたのだが、洞窟の地面が崩れ真介たちは落ちてしまう。
動植物を取り込み、養分とするためにミヤマスギの作った洞窟だった。
なんとか出れないかと歩くと、広い穴へと出た。そこには真介たちの親が集まって会話をしていた。
なぜここにいるのかと驚く真介たち。そこで驚くべき真実を知った。
大人たちは、子供の体を使って薬を作ってアングラなネットオークションで高額で売っていたのだ。
等々力の先祖、首切り役人が副業で罪人の肝から薬を作って売っていたときに発見した法則。
誕生日からその人物の持つ植物の特性を割りだす植物占い。あれはこの先祖発見したものだった。
子供限定で、その子の持つ特性によって様々な病に効く薬ができるという。
ジョンの家で発見したものは、酒につけられ、薬にされている死骸だったのだ。
そのなかでも、真介は特別な薬になると、まるで連中のリーダー格のように取り仕切っている真介の母がいった。

45 名前:夏の滴4 :2008/11/11(火) 16:43:19
死にたくないと徳田は泣いた。そこへ徳田の母親が言う。うちの子が薬になるわけ無いだろう。
障害のせいでこんなに不幸だったのだから、薬はこの子のようなかわいそうな子や
世界中の困っている人たちが使い、真介のような甘やかされて育った子供が犠牲になるのだと。
自分たちの子供たちの命で、もっとたくさんの命が助かる。
負債を抱えたこの町も助かると親たちは言う。町ぐるみだったのだ。
徳田は捕まった。膝から下が無いあしに赤黒い液体をかけられ悲鳴を上げている。
真介は逃げた。すると、八重垣がいた。次に江上たち撮影スタッフと河合と合流した。
江上は実は等々力と兄弟で、自分の祖先の残した薬の製造法が出回ってしまったことを知り、動向を探っていた。
江上の小さい頃は八重垣と似た感じで協調性が無くいじめられていたので、
本当は八重垣をいじめていた真介たちなど助けたくは無かったのだが、八重垣に頼まれたので助けに来たのだ。
とりあえず脱出しようと歩いていると、轟音が響き洞窟内に水が流れ込んできた。
バラバラになって流され、次に真介が気がつくとそこには徳田と等々力がいた。徳田は立っていた。
薬をつけられたおかげで足が治ったのだった。徳田は言う。お前も薬になれと。
両親達は良いことをしている。よその子ではなく自分達の子供を犠牲にし、
売り上げは多少の贅沢もしているけれど、貧しい人たちへ寄付しているからと。
真介一人の命で何十億の稼ぎになる。真介が薬になればもう他に犠牲になる子はいなくて済むと。
真介は等々力へ助けを求めた。等々力は、手にミヤマスギを枯れさせる薬を持っている。
この薬の精製にはミヤマスギの群生している事が良い効果をだしているらしいので、それを枯らそうとしたのだ。
ところがそれを行なおうとしない。
ふと、真介が自分の足元にかけられている毛布をはがすと、真介の足は植物のように硬化し、地面に埋まっていた。
ミヤマスギの特性を非常に濃く持っている真介は、このミヤマスギの作った洞窟で先ほど洪水にあい、
多量のエキスを飲んだために同化が始まっているというのだ。
今の状態でこの薬を上流からばら撒き一帯のミヤマスギ枯らすと、
すでに地面に根を張っている真介も助からない。それで悩んでいるのだ。

46 名前:夏の滴5 :2008/11/11(火) 16:43:57
真介が混乱していると、真介の母が刃物を持ってやってきた。
完全に植物になってしまうと薬にできない。早く納得しろ。
母だって辛いけれど、世の中にはもっと困っている人がたくさんいるのだから。
大丈夫、貴方が死んでも、また生んであげる。と言った。
真介のように特別な、不老不死の特性を持つよう計算して、真介の子を受精したらしい。
すでに河合は薬にされる準備が始まったらしく、首なしの状態で転がっていた。
刃物が振り下ろされようとする。等々力は以前言っていた。
大人達を止められなかったら、世界を巻き込んでめちゃめちゃにすると。
絶望する真介は叫んだ。全部壊しちゃって!
等々力は携帯を取り出しなにやら操作をはじめた。遠隔操作でネット上に薬作りの資料をばら撒いたのだ。
それからしばらくたち、世界で乳幼児の生存率は限りなく低くなった。
運よく薬になることのできる限界の年齢(12歳くらい)を超えた子供達は、だれも育てるものも無く、
世界中のあちらこちらで子供だけのスラムふぁできた。その代わり、癌やエイズ等全ての病が消た。
要点まとめるのって難しいね…。わかりにくい文章で長々とごめん。
子供が犠牲になることとか、結局真介が助かるために世界中で子供を犠牲に薬が作られるようになったりで
すっきりしない後味だった。なんかショタが近親相姦書きたかっただけなんじゃないかって気もした。

47 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/11(火) 16:59:06
長文乙。
でも正直、誰が主語になるのかわからん文章が多すぎると思った。
48 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/11(火) 17:06:41
改めて読み返すとほんと日本語でおkですね…。お目汚しすみませんでした。
52 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/11(火) 18:15:35
>>42
子供が薬になるっていう作中の理屈がよくわからんかったが、
読んでて八重垣が可哀相だった。
毎日のようにいじめで殴る蹴るの暴行を受けていたせいで、
実はだいぶ前から視界がかすんだりと障害が出ていて、
もう長く生きられないと悟っていたと最後の方で告白するところがもうね…。
八重垣いじめるシーンが特に劇的に書かれているわけではなく、
あくまでも主人公の日常的な動作としてするっと書かれているんだよなー

71 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/11(火) 23:21:39
>>46
乙ですそれはドラマ版?小説版ではさらに後味悪かった気がする
結局薬品をかけられ老人のような姿になった主人公は、足が治った元友人の家に引き取られる
健康で五体満足になった元友人は毎日をエンジョイ、可愛い彼女も出来て家に遊びに来るようになる
ある日彼女は偶然部屋に閉じこもっていた主人公を見つけ、元友人に内緒で交流するようになる
老人のようで無害な主人公に彼女は打ち解け、主人公も優しい態度で次に会いたい日を伝えた
その日を目前にしたある日、主人公はあるみすぼらしい中年男の訪問を受ける
それは主人公の母が特別な薬効の子供を産むために計算してセックスした主人公の父親だった
主人公は彼女の誕生日を聞き出し、老化した自分を治す子供を受精する日を調べていた
そしてその日に彼女を呼び出し父親にレイプさせて妊娠させるつもりだったのだ
その提案を下卑た笑いで受ける父親を眺めながら、主人公もまた久々に晴れやかな心持ちになっていた
なんかもう腐りすぎて気持ち悪かった
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2017/06/13 21:51 ] 小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ