【後味の悪い話】攻殻機動隊SAC2ndGIGのエピソード

606 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/18(金) 16:47:27
アニメ、攻殻機動隊SAC2ndGIGのエピソード。
エネルギー省を脅迫していた男が、身柄確保直前に交通事故に見せかけて殺害された。
男が事件の前に東京にいたことがわかり、公安組織の一員トグサは東京へ向かう。
そこで件の男の婚約者アサギと出会い、男の素性が判明する。
男はコタンという名で、彼女はコタンと連絡が取れなくなったのを心配して探しにきたそうだ。
一緒に聞き込みをしていく中で、コタンが水没した地帯の施設発掘の仕事に関わっていたとの情報を得る。
コタンの弟分によれば、それはある企業が人を集めて行っていたもので、作業中に事故が発生した。
危険を感じた労働者たちは脱走を試みたが、結局逃げ出せたのはコタンと弟分だけだったという。
その後コタンは「このことを伝えなければならない」と言ってどこかへ行ってしまったらしい。
真相を知るためトグサとアサギがその地下施設に忍びこむと、なんとそこは秘密裏に開発された原発だった。
コタンは原発や臨界事故、その揉み消しを告発しようとしていたのだ。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

駅のホームにて、一旦故郷に帰ってからコタンの亡骸を迎えに行くと告げた
アサギの後姿を見送り、列車に乗り込んだトグサ。
携帯で上司と連絡をとり、コタンの犯行の背景は解明されたが、原発を発掘し、またコタンを葬ったのが
どういう手の者なのかは謎のままだとのやりとりの後、車内の男性が小脇に抱えた新聞の記事が目に入った。
端の方に小さくあの弟分の顔写真が載っている。
不安を感じたトグサはすぐにアサギの番号に発信するが…
すでに彼女は何者かに拘束された後で、現場に残された携帯が空しく鳴り響くだけだった。

告発者の口封じってだけでもカワイソスなのに何の罪もない婚約者と弟分まで始末されちゃって後味悪い…
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2017/04/13 16:48 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ