【後味の悪い話】「僕らはみんな生きている」

364 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/06/28(土) 20:10:48
流れを読まずに昔に読んだ後味の悪い話。
小説の中で語られる一エピソードで、タイトルや作者はわからないです。
主人公(男)の父親は会社でかなり偉い立場(社長だったか専務だったか)。
毎年五百通くらい年賀状をもらっていた。

そんな父親も定年を迎えて皆に惜しまれつつ退職した。

その年の元旦、父親にきた年賀状は三通だけだった。
父親はずっと郵便受けの前で年賀状を待っていた。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

365 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/06/28(土) 20:12:21
>>364
ありえねーと思いつつ、鬱になった
親父可哀相…
368 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/06/28(土) 20:55:23
年々減っていくってのはあるよね。
辞めた年末で半分、次の年はさらに半分
そしてなくなる。
415 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/06/29(日) 02:47:50
>>364
映画の「僕らはみんな生きている」の中に
そのまんまの台詞があったな
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2017/03/12 22:29 ] 小説 | TB(0) | CM(1)
まあその親父さんが誰とも個人的な絆を結べていなかったってことだよね
[ 2017/03/15 13:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ