【後味の悪い話】口が、臭くてたまらないと・・・

155 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/06/07(土) 23:03:14
春秋戦国時代も末のこと。
楚の懐王の寵愛する妃、鄭袖は淫乱で嫉妬深い女だった。
ところがあるとき、魏の国の王が美女を懐王に送ってよこし、たちまち王はその美女のとりことなった。
嫉妬深い鄭袖は一計を思いついた。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

鄭袖は新参の美女に意見した。
「大王様はあなたを寵愛しておいでのようですが、そのお鼻が気に入らない御様子。
 お会いになる時は手で鼻を隠したほうが、長続きしますわよ。」

美女はありがたい忠告だと思い、大王には必ず鼻を隠した姿で対面した。

大王はいぶかしみ、鄭袖に尋ねる。
「何故あの者は、いつもわしの前で鼻を隠すのだ?」
「大王様の口が、臭くてたまらないと・・・」

新参の美女は鼻そぎの刑に処された。
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2017/03/02 20:47 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(1)
まあ魏から来たって時点で何らかのスパイの側面があるだろうし、
無くっても他国の女を寵愛するのはトラブルの元だし
このぐらい賢く計略を巡らせることのできる女でないと
妃は務まらんだろう
[ 2017/03/04 14:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ