【後味の悪い話】『ペリロスの牛』

710 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 18:40:38
『ペリロスの牛』
紀元前六世紀
当時シチリアを支配していた暴君ファリウスは、
高名な芸術家であったペリロスに命じて巨大な牛の像を作らせる

真鍮で作られたこの像は中空となっており、人一人が軽々と入れるほど巨大だった

ペリロス「音の響き方には特に気を配り、その声は勇猛な牛の怒号そのものでございます」

ひれ伏し言上するペリロスに生返事を返しながら、王は満面に笑みを浮かべてその時を思い描いた
一刻も早くその叫びを聞いてみたい

「そうだ、そち自身で試してみよう!」




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

ペリロスは痩身を震わせて慈悲を乞うたが、狂王といえど王は王
その命令は絶対だった

ペリロスが押し込められた牛はいまやその身を真っ赤に燃やし、
犠牲者ペリロスが上げる断末魔の苦悶が鈍く響きわたる様は、勇猛な牛の怒号そのものであった

ごめん、ただの処刑シーンだね

一応史実

711 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 18:43:48
暴虐だね、で終わる話だね。
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2017/02/12 21:31 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ