【後味の悪い話】原作「はてしない物語」

513 名前:映画ネバーエンディング・ストーリー 投稿日:2008/01/29(火) 20:43:59
昔の子供向けファンタジー映画「ネバーエンディング・ストーリー」
金髪の可愛い男の子は大人しい性格のせいでいじめられっこ。本だけが友達の日々。
毎日クラスメイトから逃げ回って本の世界に閉じこもっている。
ある日古本屋で一冊の本を見つけ、思わず万引きして学校もサボって読みふける。
それはファンタジー小説だった。
滅亡が迫ったお伽の国で、世界を救う使命を託された少年が数々の冒険に挑む物語。
主人公はwktkして時間も忘れて没頭する。
しかし読んでるうちに物語と現実の境界が曖昧になっていき、とうとう物語の中に入り込む。
主人公は崩壊を食い止め、お伽の国を救う。
お姫様はお礼に主人公の望みを叶えてくれた。不思議な龍に乗り空を飛ぶ主人公。
いじめっこ達を龍で追い回してやっつけて気分爽快。ハッピーエンド。
な映画だった。
この映画には原作がある。映画を見てwktkして原作を読んだ。原作がとんでもなかった。






【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

514 名前:小説はてしない物語1 投稿日:2008/01/29(火) 20:45:00
原作「はてしない物語」
キモピザチビヲタの主人公(まずこっから違う)は、いじめられっこ。
毎日本を読んで妄想に耽ることだけが唯一の楽しみ。
ある日古本屋で一冊の本を見つけ、思わず万引きして学校もサボって読みふける。
滅亡が迫ったお伽の国で、世界を救う使命を託された少年が数々の冒険に挑む物語。
主人公は物語に没頭し、とうとう物語の世界に入り込む。
そこで主人公はお伽の国の崩壊を食い止めた。
主人公は一躍国の英雄に。みんなにマンセーされて有頂天。
そのまま王座に収まった主人公は次々に奇跡を起こしていく。
お伽の国では想像したことが全て現実となる。妄想力こそ最強パワー。(国を救ったのも妄想力)
しかしお伽の国の住人には妄想力がない。
だから新しいものを生み出せない。できるのは主人公だけ。
主人公にとっては願ったりかなったりの世界で、キモピザヲタの姿を美少年に変えたり
自分を英雄にするために敵を作って自作自演でやっつけたり、もう好き放題。

515 名前:小説はてしない物語2 投稿日:2008/01/29(火) 20:46:12
そんな状況を少年(冒険したやつ)は憂うていた。
最初は大人しく引っ込み思案だった主人公が調子こいた性格に変わってきたからだ。
主人公を友達と思う少年は何度も忠告するがスルーされる。
それどころか少年をウザがるようになってきた。
少年は一人で多くの冒険を乗り越えた勇気ある少年で性格もいい。
一方主人公は妄想で全てを叶えただけ。
コンプレックスが少年の友情を曲解させ、とうとう二人の亀裂は決定的となる。
「お前は俺に嫉妬してんだ。出ていけ」とお馬鹿発言を聞き、少年は去っていく。
うるさいやつがいなくなって晴れてこの世の春を謳歌する主人公。
しかし違和感も感じていた。
お伽の国に来た当初は皆に請われるまま様々な奇跡を起こせたのに、最近は力が使いにくい。
さらに過去を思い出せなくなっている事実に気づく。
愕然とするものの頼りになる少年は追い出してしまった。
相談相手がおらずお姫様の元に駆けつけるものの、お姫様は引きこもって会ってくれない。
恐怖に駆られて城を逃げ出す主人公。

517 名前:小説はてしない物語3 投稿日:2008/01/29(火) 20:47:57
行く当てもなくうろついてるうちに基地外村にやってきた。
村にいるのは全員基地外。
彼らはかつての王達だった。妄想パワーで奇跡を起こしすぎた人間達だ。
妄想を具現化するには過去の記憶を消費する。何度も奇跡を起すと過去が消えて空っぽになる。
空っぽになった王は基地外になり王座を追われる。最後は元の世界にも戻れず基地外として終わる。
お伽の国はそうやって多くの人間を食い物にしてきた。
主人公がこの村に来たのは、その日が近いから。
主人公も過去を消費しすぎた。過去の記憶は数個しか残っていない。使い果たしたら人生終わりだ。
記憶を消費しない=奇跡を起こさない=妄想してはいけない
ヲタにとって難易度高すぎる条件を示され、それでも助かるために過去を探す旅に出る主人公。
その旅で反省して心を入れ替え、最後は少年が助けてくれて元の世界に戻ってハッピーエンド。

映画はヲタにとって一種理想的だけど、原作は正反対。
ファンタジーが流行らん時代だったから仕方ないんだろうが…いくらなんでも違いすぎる。
小説は完成度高いし傑作だが、映画の落差はありえん。

519 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/29(火) 20:57:31
>>517
あの映画の原作ってそんな鬱展開なんだ。
でも俺は映画のラストも後味悪かったな。
まるでいじめられっこが権力を手にした途端いじめる側に回ったようで気分悪かったよ。
578 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/30(水) 12:32:49
>>517
はてしない物語、俺は映画原作どちらも後味良かったけどなあ
主人公のサクセスストーリー、自業自得な挫折、理不尽な現実、
けど最後は勇気と大勢の仲間の力で大団円っていう少年ファンタジーの王道だと思う
むしろネバーエンディングストーリー2の駄作っぷりが後味悪い
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/12/20 21:57 ] 小説 | TB(0) | CM(1)
原作、そういう見方はしなかったなあ
主人公は確かに調子こいて人が陥りやすい過ちを犯した
でもそれを自覚してからは自分の本当に求めるものを真摯に探し、
今で言う自分探しをして大事なものを見つけて現実に帰ってきたよ

結局、最後に現実に帰るよすがとなったのは「お父さんにも
命の水をあげたい」という幼児のように純粋な思慕だった
(本の中に閉じこもっていたのは自分自身で、父子家庭なのに
唯一の肉親である父親を無視してないがしろにしていたこともまた事実)
[ 2016/12/21 13:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ