【後味の悪い話】藤田あつ子「他生の縁」

442 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/27(日) 23:01:51
藤田あつ子「他生の縁」
ある貧しい家に、普通の娘がいた。そしてどこの家にでもあるように、
ある程度の年になると、大きなお屋敷に奉公にでることになった。
彼女に割り当てられた仕事は台所の下働きで、厳しいが指導はしっかりしている
料理人のおかみさんの下、叱られたり褒められたり、それなりに日々を過ごしていた。
ある時、料理人のおかみさんが、たまたま早く仕事を切り上げて帰った日があった。
そんな時、奥様があれが食べたい、と急な注文を出してきた。
料理人がいないので仕方なく娘が包丁を取ることになった。
結構うまくできたその料理が奥様に気に入られ、
娘は奥様付きの簡単な料理を作る専用の料理人になった。
しばらくすると、そのお屋敷の旦那様がなくなった。奥様は金持ちの習いとはいえ、
旦那が抱えていた何人かの妾達がめざわりだったので、全員お屋敷から追い出して、実家に帰すことにした。

一方、奥様自身も結構いい年だったので、肝臓が弱ってきたらしく、寝込むことが多くなった。
医者からは薬の処方とともに、食事療法の指示も受けたので、娘は病人食を作ることに精を出した。
しかし病人食はあまりおいしくないので、病気でただでさえイライラしている奥様は娘に当たり散らす。
娘は困り果てながらも、病人食を作り続けるしかない。
そんな娘の様子に、根は悪くなかった奥様が頭を下げる。自分がやつ当たりしていることは自覚していたのだ。
普通の女中なら、やつ当たりをされた時点で、奥様が死のうが死ぬまいが関係ないのだから、
好きにさせていただろうに、娘はそれでもちゃんと病人食を作ってくれることに感謝した。
やがて心が通い合った奥様と娘。娘は奥様の看病を続け、やがて奥様は小康状態を取り戻す。
娘に感謝した奥様は、お寺詣りに行った際、お坊さんに紹介する形で、
娘を養女にして屋敷を継がせるとこを宣言した。
思わぬ幸運に娘は、きっと自分と奥様は前世は親子だったんだと感動し、
ますます奥様孝行に励むようになった。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

443 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/27(日) 23:02:25
しかしある日。奥様のもとに、以前追い出した妾が
屋敷を追い出された時点で既に身ごもっていた、という知らせが届く。
当然お腹の子供の父親は、亡くなった旦那様であろうことは間違いない。
その話を立ち聞きしてしまった娘は動揺する。
屋敷の後継者がいないから自分が養女になれたのに、その子供が生まれたら自分はどうなるのか。
それでも娘は、自分に悪いようにしない、と奥様が言ってくれることを信じて、
じっと奥様の言葉を待っていた。しかし何日たっても待っていた言葉はなく、
また、妾に子供がいる、という重大なこと自体も言ってくれない。
(娘は立ち聞きしていたので知っているが、奥様は娘がそれを知っていることは知らない)
娘はふらりと立ち上がり、奥様に畑に行ってきますと告げたが、いつものように
「畑なんかに何しに行くの?」という優しい一言もなかった。
自分に対する関心を失ったのだ。奥様にとって、女中あがりの娘が女中に戻るだけのことなんだ、
と悟った娘は、畑の一角から、玉ねぎによく似た、しかし毒性を持つ植物を収穫して戻った。
その夜、娘はその毒菜を調理して奥様に出した。夜半に奥様は亡くなった。
奥様の葬儀の席で娘は、自分にはこうするしかなかったんだ、と言い聞かせながらも、
奥様を母のように慕っていたあの頃に戻れたら、と強く思うのであった。
実は娘の知らないところで、子供なんて妾のウソでした、
ということで決着してたりして、と勝手に想像した。
それだったら、奥様が娘に何も言わないのも納得なんだけどね。

444 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/27(日) 23:43:53
私だったら、その妾の子供が引き取られてきたところを、その子供を殺すのになー。
それまで待てなかったんだろうなあ、子供だもんなー。
邪魔なのは奥様じゃなくて、その妾のガキなのにねー。
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/12/19 19:40 ] 小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ