悪魔の花嫁/虚言のはて


昔姉貴が持っていた「悪魔の花嫁」(デイモスの花嫁)と言うまんがを読んだ。
主人公はデイモスに取りつかれた花嫁である女性ミナコと悪魔デイモス。
で、毎回ゲストでミナコの周囲の人物が出てきて
デイモスがからみ不幸になっていくと言う毎回読みきりの話。
どの話も後味悪いものばかり。古本などで探して 一度読んでね。 
このスレの肩にはおすすめ。

一番気に入ってたのは以下の話。~~

ある少女が嘘をつく。 最初はたわいも無い嘘だった。
ところがいざバレそうになるとデイモスが悪戯でばれない様にする。
ばれればそれで終わりだったちいさなことが、ばれない為少女は嘘に嘘を重ねる。
バレそうになるたびにデイモスがばれない様にする。その繰り返しで
どんどんと引くに引けない情況に陥った少女は最後には死ぬハメになる。

~~もう一度よみたいな。






関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2013/07/10 10:53 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ