【後味の悪い話】人が死ぬ演出すれば簡単に泣くよ

689 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/06(木) 13:31:43
恐怖映画関連で1本(韓国映画注意。)
結構前に見たので詳細忘れてて済みません。
昔、とある人形師が美しい女性に恋をして彼女そっくりの人形を作った
しかし女性は殺されてしまい、犯人だと思われた人形師は私刑に合い惨殺される。
その光景を彼女ソックリの人形はじっと見ていた。
そして現代。
主人公ほか写真家とかギャル系女子学生、人形マニア女子などの若者達が
気鋭の人形作家から創作人形のモデルを頼まれて
辺鄙なところにある館(創作人形の美術館&アトリエを兼ねる)に招かれる
館内には妖しい人形のオブジェがところせましと飾られているわ
地下には謎の男が幽閉されているわで不気味さmax
そこにはそぐわない清楚な少女ミナがいて、時々主人公をなんだか切なげに
じっと見つめていたり、昔から主人公を知っている、と意味深なことを漏らしたりする。
その後モデル作業が始まると、人形大好き女の片時も離さず大事にしていた人形が
首を切られ、目玉を壊された悲惨な状態で発見される。
それは「魂を宿した」人形を「殺す」際のやり方だという。
人形好き女はショックで倒れてしまい、自室で寝込むがその夜、悲惨な変死体で見つかる。
怯えてより集まる彼らが、なんかある!と話し合った結果、全員が冒頭の伝説を知っており
どうやら本籍地がこの近くの村らしい。
そこからお約束の連続殺人ktkr
その現場には常に、悲しげな様子のミナの姿が。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

690 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/06(木) 13:31:53
次々に凄惨な殺され方をしていく皆様。
最後は主人公だけが…あれモデルの兄ちゃん(実は潜入捜査中の警官)も生き残ったかな?
曖昧ですんまそん
主人公も一度はミナに殺されそうになるが、
なぜかミナは主人公の腕の傷を見て泣きそうになりそれ以上のことは出来ない。
その傷は昔主人公が、可愛がって常に傍らに置いていた人形を事故で庇って付いたものだった。
私のことを思い出して、と泣きながら訴えるミナにひたすら怯え、逃げ回る主人公。
実は彼らを招いた人形作家(女性)は、あの惨劇を目撃していた恋人ソックリの人形に
取り憑かれており、主である人形師の復讐を果たそうとしていた。
この館に集められた主人公以下の若者達は人形師を私刑にあわせた村人達の子孫だった。
そしてミナは主人公が幼い頃大切にしていたあの人形。
地下に閉じこめられていたオッサン(取り憑かれた人形作家の旦那だったか?)の活躍と
ミナの助けで無事悪霊を撃退するんだけど、悪霊に逆らったミナは人形に戻され、
首を切られ、目玉を壊されて人形としても殺されてしまう。
何が後味悪いって、かつての主人を慕って身を挺して助けるミナに、
主人公が「あんたなんか嫌い」と言い放って泣かせ、全く報いてやらない。
ミナは最初は捨てられた恨みで出てきたのかも知れないが、
本当に忠実に主人公のこと慕っててすごい可愛かったんだ…
しかも最初の犠牲者は人形好きなのにあっさり殺されるし、
被害者全員本人に落ち度があるわけでもなくて単に祖先が恨み買っただけ。
主人公は壊れたミナを最後にゴミのように燃やしてさっぱりした表情で館を後にする。
お前なんぞもう一度呪われてしまえ!と思いますた。
691 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/06(木) 15:08:43
そのドライさが朝鮮文化なのだからある意味しかたないな…
691 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/06(木) 16:27:04
>>691
その辺はハリウッド映画に通じるものがあるよね。
韓国映画で全米がよく泣くのはそのせいかな。
695 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/06(木) 17:00:05
すっごく涙もろいけどね 全米
どんな映画でもとにかくやたら泣くよな 全米
696 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/06(木) 17:04:44
人が死ぬ演出すれば簡単に泣くよ
697 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/06(木) 17:06:05
知的水準が低いからね
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/10/21 21:59 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ