【後味の悪い話】JIGSAW デッドオアアライブ

634 名前:映画ねたばれ1/2 投稿日:2007/07/28(土) 22:39:16
ついさっきレンタルDVDで見た映画、「JIGSAW デッドオアアライブ」というのが後味悪かった。
まだレンタル屋で新作扱いだと思うから、これから見ようと思ってる人は読みとばしてください。
変な邦題が付いてるけど、原題は「BROKEN」というらしい。

主人公はまだ幼いひとり娘のいる中年女性。
ある日、目を覚ますと顔やいたるところ傷だらけの状態で柩のような箱に閉じ込められていた。
その状態で丸一日ほど放置されるが、何とか箱から出ることが出来る(犯人の意思で出されたっぽい。
とにかく娘が心配で、名前を呼びながらどことも知れない森のなかをさ迷うが、その後突然に殴られ気絶。

目が覚めると首にはロープ、木に縛り付けられ不安定な足場の上に立たされていた。
足場が崩れると首が絞まってしまう…逃げるためにはロープを切るしかなかった。
実は主人公の腹部にはカミソリが埋め込まれていた。
犯人はそのカミソリを取り出してロープを切れというのだ。
恐ろしい行為だが、主人公は娘を思う一心でそれをやり遂げる。
その後戻って来た犯人は主人公の傷を手当してやり、そこから深い森のなかで共同生活が始まる。
主人公は鎖で繋がれていて、犯人に対して決して心を開かないのだが…

何度か逃げられるチャンスがあるもののことごとく失敗。
しかし、犯人が連れてきた新たな被害者女性が連れて来られたことで生活が少し変化してくる。
そんなある日、新被害者女性が犯人を油断した隙をついて襲い、逃げ出そうとしたことがきっかけで
主人公も自由になれるチャンスが巡って来る。ここでやっと犯人に逆襲!犯人あぼーん!
一ヶ月以上にもわたる最悪の生活に終止符を打ち、晴々とした表情で立ち去る主人公なのだった。

と、ここで終わっても、ところで娘は無事なんか?とかいろいろ気になるんだけど
物語はここで終わらなかったよ…




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

640 名前:映画ねたばれ2/2 投稿日:2007/07/28(土) 23:26:12
森を歩いているうちに一件の廃屋を見つけた主人公は、何故かその小屋が気になる。
窓も見当たらずドアも開かないが、わずかなすき間から中を覗くとそこには愛娘の姿が!
自分とともに犯人に拉致され、もう殺されているのではないかと思っていた娘が生きている!
涙ながらに喜び「すぐに出してあげるからね!」とドアに体当たりするが、開かない。
何度も何度も体当たりを繰り返し、ようやくドアが開いた…が、同時に何かが飛び出した。
…ドアを開けると凶器が飛び出すトラップが仕掛けられていたわけ。
命に別状はないものの、顔面にひどい怪我を負い、目も潰れてしまった(ように見える。
ただでさえ深い森の中で視力を失い、娘はまだ幼く(4~5歳くらい?)体力もなさそう。
しかも主人公は一度犯人に足を折られていて、完治していない。
なんつう絶望的な状況なんだ!と思ったところでジ・エンド。

これ、実話を元にしてるらしい…
映画用にいろいろ脚色してあるんだろうけど、この状況はキツすぎる。
最初の「SAW」を地で行くような過酷なゲーム?をクリアしたのにあまりにも救われないよ。

あと、DVDジャケのキレイ目のお姉ちゃんが本編には出てこないという…
いや別にいいんだけどさ…

642 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/28(土) 23:53:21
すげえ・・・キューブ系の不条理ホラーか?
実話ってなんだ・・・(((;゚Д゚)))
関連記事


オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ