【後味の悪い話】風の杜夜話

943 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/20(金) 12:26:14
風の杜夜話
風宮高王(たかお)は骨董品と花を売る店のオーナーで、ある特殊な能力を持つ。
それは骨董品(自分の家の蔵から出している)に宿る念と共鳴してしまい、
時にはその念の宿った時代へと精神だけタイムスリップしてしまうというもの。
また、共鳴しなくても時たまふいに精神タイムスリップを起こし、
同じ血の流れをくむ者、すなわち先祖の体に精神を宿してしまったりする。
(その間現代の体は原因不明の寝たきりという感じ しばらくすると戻る)
先祖の体に宿ってる間は、基本的に先祖の視点で物事を見れるだけで、
先祖の体を乗っ取って操ったりとかはできない。
これらは特に役立つ力ではないが、能力を持っている人は一族の土地と馴染みやすいとかで、
その代で一番力の強い者が当主になるのが慣わしで、高王は特に偉い事はしてないが一応当主。
先代当主は高王の父である若王だった。若王もまた、かなり強い力を持っていたらしい。

ある時、いつものようにどこかの時代に精神タイムスリップしてしまった高王。
いつもは見聞き程度の感覚しか得られないのだが、今回はいやに感覚がクリアで、
草で手を切ってしまった痛みさえ、まるで自分自身が傷ついたように感じられた。
それにいつもは自分が宿った先の『体』が勝手に動いたり歩いたりするのを感じるだけなのに、
体の主導権すらも高王の元にあり、不思議に思いながらも高王は元の時代に戻るまでの暇つぶしに
『体』がどこの時代の先祖なのかを知ろうと、うろうろと歩いてみる。
と、そこで美しい尼に出会った。話しているうちに、彼女が自分の先祖であると知る。
だがある疑問が浮かぶ。現代で見た事のある文献によると、
その時代、風宮の一族は戦に破れ、一人の姫君を残して滅ぼされかけたという。
結局はその姫君の子たちがまた一族を復興させたわけであり、その姫君=尼なのだろうが、
ならばこの『体』は誰なのか、他にも生き残りがいたのかと高王は不思議に思う(先祖にしか精神は宿れないから)
それにそもそも、生き残りの姫が尼ではどうして子孫を残せたのかとも。




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

944 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/20(金) 12:32:21
「もしかしてこの体って俺のじゃね?体ごとタイムスリップしちゃったんじゃね?」
と思いつつ尼とうろうろする高王。尼はかつては恵まれた姫だったが
戦で負けてしまい、俗世から離れる事でなんとか生き延びれたらしい。
紫の花の上にころげてしまう尼。勢いで取れた白い僧衣の下には、まだ剃髪されていない美しい髪があった。
白い衣に紫の汁がついたのを見ながら尼は狂ったように笑い出す。
「一生白い衣しか許されないというが、そんなの、こうやって自分で染みつけてしまえばいい
 髪だって一生衣の下に隠せばいい、なにも切る必要なんかないでしょう
 こんな服を着ていればごまかせれるかと思ったけどやっぱりだめ、私は俗世を捨てるなんてできない」
さっきまでは落ちついた尼さんという感じだったのに、いきなりそう叫ぶ。
せいぜい十代後半程度のお洒落盛りの女の子が、
いきなり尼にならざるを得ない状況に放りこまれたのだから無理もなく、
高王は哀れに思いながら慰める。尼はぶちぎれた所を見せてしまったせいもあり、
高王に心を許したのか、もう名乗る場もない俗世の女としての名を名乗った。
お返しに高王だと名乗ろうとした瞬間、勝手に口が動いた「若王です」と
そこから先はもう体の主導権は高王のものではなくなり、
いつもようのように『体』が勝手に動き、高王はその感覚を共有するだけの存在となった。
どうやら、父の若王は体ごとタイムスリップする能力も有しており、
高王は『タイムスリップした若王の体』に更に精神だけタイムスリップしていたらしい。
共有できる感覚は視覚などだけではなく、感情もある程度わかり、
高王は、若王が先祖である尼に異性として惹かれていっている事を知った。
そして人気のない場所で尼と若王がいい感じになったところで、
高王の意識は弾き飛ばされるように現代へと戻った

若王は既に亡くなっているのでもう問いただし様がないが、
恐らくはあの後に若王は尼とヤっちゃって、そして子供が生まれ、
若王や高王などの子孫が出きるまでになったのだろうと高王は推測した。
痛みなどを感じたのも、親子というあまりにも近すぎる先祖に宿ってしまったせいだろう

こういうタイムパラドックス物って大抵読後にもやもやしてしまうが、
親父の色恋沙汰を間近で見てしまうのは更に後味が悪い
関連記事


オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ