子どもたちが屠殺ごっこをした話(グリム童話)


後味の悪い話 その4

69 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/05/14 11:12
童話「屠殺ごっこ」その1

西部フリースランド(オランダ)にあるフラネッケルという名前の小都市で、
5歳か6歳ぐらいの女の子と男の子、まあそういったような
歳のいかない子どもたちが遊んでいました。

やがて、子どもたちは役割を決めて、
1人の男の子に、おまえは牛や豚をつぶす人だよと言い、
もう1人の男の子には料理番だよと言い、
またもう1人の男の子には、おまえは豚だよ、と言いました。
それから女の子にも役をこしらえて、
1人は女のお料理番になり、もう1人はお料理番の下働きの女になることにしました。
この下働きの女は腸詰めをこしらえる用意として、豚の血を小さい容器に受ける役目なのです。

役割がすっかり決まると、豚をつぶす人は、
豚になるはずの男の子につかみかかってねじ倒し、小刀でその子の喉を切り開き、
それからお料理番の下働きの女は、自分のちいさな容器でその血をうけました。

そこへ、市の議員がはからず通りかかって、このむごたらしい様子が目に入ったので、
すぐさまその豚をつぶす人をひったてて、市長さんの家へ連れて行きました。
市長さんはさっそく議員を残らず集めました。

議員さんがたは、この事件を一生懸命相談しましたが、
さて、男の子をどう処置していいのか見当がつきません。
これが、ほんの子どもごころでやったことであるのは、分かり切っていたからです。

ところが、議員さんのなかに賢い老人が1人あって
それなら、裁判長が、片手に見事な赤いりんごを
片手にライン地方で通用する1グルテン銀貨をつかんで、
子どもを呼び寄せて、両手を子どもの方へ一度に突き出して見せるが良い。
もし子どもがりんごを取れば、無罪にしてやるし、
銀貨の方を取ったら、死刑にするがよいと、うまい知恵を出しました。

そのとおりにすることになりました。
すると、子どもは笑いながらりんごをつかみました。
子どもは何にも罰を受けないですみました





71 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/05/14 11:15
童話「屠殺ごっこ」その2

ある時、お父さんが豚をつぶすところを、子どもたちが見ました。
やがて、お昼過ぎになって、子どもたちが遊戯をしたくなると、
ひとりが、もうひとりの小さい子どもに、
「おまえ、豚におなり。ほくは、豚をつぶす人になる」と言って、
抜き身の小刀を手にとるなり、弟の喉を、ぐさりと突きました。

お母さんは、上のお部屋で、赤ちゃんをたらいに入れて、お湯をつかわせていましたが、
この子どものけたたましい声を聞きつけて、すぐ駆け下りてきました。
そして、この出来事を見ると、こどもの喉から小刀を抜き取るが早いが、
腹立ちまぎれにそれを、豚のつぶしてであったもう1人の子の心臓へ突き立てたものです。

これが原因で、妻は心配が嵩じて、やぶれかぶれになり、召使いの者たちが
いろいろなぐさめてくれるのも耳に入らず、首をくくってしまいました。

夫が畑から帰ってきました。そして、この有様を残らず見ると、
すっかり陰気になって、それから間もなく
この人も死んでしまいました。












関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2013/06/11 10:00 ] 小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ