【後味の悪い話】阿刀田高のショートショート

378 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/15(火) 09:35:55
たぶん阿刀田高のショートショート
ちょっとうろ覚え。
物凄い肥満の男が美味しい料理をだす(トルコ料理かな?カロリーは高い)お店に
入るのを店主に拒否される所から始まる。
泣きながら拒否する店主、泣きながら頼み込む常連、目を背けるウェイター。

元々男はこの店の常連だった、流行ってはいないが
とても料理が美味しく、センスのいい音楽を流す店だ。

店主は思う。
ああ、この男がこれほどまでに太ったのは俺が悪いんだ、常連の男がとても美味そうに食べるから。

流行っていない店にくる常連の喜ぶ顔がみたくて、
店主はついつい、常連の好きなメニューの量を多くしていた。
美味い美味いと食べる常連、その量は次第に増えて、とうとう常連は健康に支障を来たすほど太ってしまった。

ウェイターは思う
ああ、この人がこれほど太ってしまったのは僕が悪いんだ、この人の好きな曲をかけ続けたからだ。

ウェイターは、音楽のセンスのいい常連が少しでも気持ちよく過ごせるように、
常連が好きなジャズを来るたびにかけていた、
そうすると常連はのんびりと長時間店で過ごすようになっていく
そして、店が気に入ったのか毎日のように来るようになった、
その分、カロリーの多い料理を食べる量も増えていった。

常連は思う
ここにいたい、美味い食事も音楽も要らない、ウェイターに会いたい!

ウェイターは若々しく引き締まったからだの持ち主だった、
初めは美味しい食事を目当てに行ってたが、いつしか行く度にウェイターは
自分の好きな音楽をかけ、目配せして誘うようになった。
気安くテーブルに手を置き、触っていいんだ、と
誘うように媚びて来るその仕草に胸をときめかせ、来る回数が増えた。
店主が食事の量を増やすのもこの店に長時間いるいい口実だった、
常連は太り過ぎで妻にも逃げられ、もうウェイターしかいないのだ。

余韻を残して終わりだったが、三者三様から廻りだった…。

379 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/15(火) 10:36:59
>>378
常連は男だったのか!
ウェイターに会いたいって言うから、女だと思ってたよ。
うほっ!な人だったんだな。
関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/07/07 21:10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ