【後味の悪い話】高橋留美子『夢の終わり』。

363 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/24(火) 13:07:49
高橋留美子の短編集『人魚の傷』から『夢の終わり』。
(捕捉)
主人公は人魚の肉を口にした事で、不老不死になった男(湧太)と少女(真魚※マナ)。
まったく違う時代に生まれた二人だが、囚われていた真魚を湧太が救い出し、旅を始めた。

※二人は何度死んでもやや時間がたつと生き返る。不老不死の者が死ぬのは首をはねられたときのみ。
※人魚の肉は猛毒で、体に合わなかった人間は目が飛び出すなど体が変形して死ぬか、
 変形したまま『ナリソコナイ』という不死身の化け物になる。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

364 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/24(火) 13:08:45
ある日、二人は山中で血まみれになり、息絶えていた。
かばうように覆い被さった湧太の下で息を吹き返す真魚を、物陰から顔を包帯で覆った男が見ている。
やがて湧太の死体は山の猟師の家に運ばれ生き返るが、そこに真魚の姿はなかった。
猟師は、彼が昔から追う、山に潜む化け物“大眼”に食い殺されたのだろうと言う。

一方、真魚は顔を隠した男の家である洞窟で目を覚ます。
真魚のため猪を狩って帰ってきた男は包帯が解け、ナリソコナイの顔がむき出しになっていた。
逃げようとする真魚だったが、ナリソコナイが理性を持ち、人間の言葉を話すのに驚く。

汚れた服と体を洗いに湖で水浴びをする真魚を見て、
ナリソコナイは「こんな綺麗な女は見たことがない…」と思う。
ナリソコナイは昔、海辺の村に住んでおり人魚の死骸を拾った。
それを口にすると身体中に痛みを発し意識が飛び、
気が付けば父母どころか村人達も死に絶えており、恐ろしくなって逃げ出した。
それからずっと一人だったナリソコナイは、生き返る真魚を見つけ、うれしかった。

しかし、山の中に突如、猟犬の鳴き声と銃声が響きナリソコナイは両肩を貫かれる。
湧太と猟師が真魚を探しに来たのだ。

366 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/24(火) 13:10:06
ナリソコナイは真魚を背負って逃げるが、真魚は湧太のところへ戻ると言い、
「俺が醜いからか。こんな姿でも心は…!心は…!!」と叫ぶ。
すると、ナリソコナイは頭の中に痛みを発し、急に帰れと言い出す。
真魚はナリソコナイに一緒に来るよう誘った。真魚や湧太も同じ不老不死の人間だから、と。
しかし追いついた猟師は「連れ出してはならない、そいつは化け物だ」と言う。
反論する真魚だが、ナリソコナイは岩場に伏せり、「頭がぼっとして、なにもわからなくなる事がある…」と呟いた。
そして銃声を合図に覚醒し暴れだす。
引き留めようとした真魚でさえわからず木に打ちつけ、猟師に腕を撃ち落とされても
猟師と真魚を襲うナリソコナイに、やむを得ず、湧太が切りかかる。
首から血を流し真魚の名を呼ぶナリソコナイを真魚が抱き、最後に首のなくなったナリソコナイに、湧太は
「最後に人間に戻れたんだな」
「ゆっくり眠れ。悪い夢はもう終わった」
と呟いた。
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/07/02 23:26 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ