【後味の悪い話】まほろまてぃっく もっと美しいもの

256 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/22(日) 21:31:10
アニメ まほろまてぃっく もっと美しいもの
萌えアニメとして知られる本作だが
終盤は異星人との戦争を主軸にした陰惨なストーリーになる。
敵との死闘の仲、主人公の優は唯一の肉親だった祖父を失い、
ヒロインのまほろさんは静かに残り一年の余生を過ごすはずが、余命が極度に減ってしまう。
さらに二人を抹殺するためのアンドロイドが出現、意を決したまほろさんは優を守る為に自爆を決行する。

そして、最終話冒頭の優のモノローグは、
「結局、まほろさんが来たせいで僕はもっと不幸になった」
まほろさんの努力を全否定した挙句にやさぐれモードに突入、最後には仲間割れを起こして重傷を負う。
そこで唐突にまほろさんが復活
(二十年後に復活した理由については原作漫画版では説明があるが、アニメ版では特になし)。
瀕死の状態で町を彷徨う優と出会うと、何故か優は二十年前の姿に若返り、再開を祝う・・・




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

こう書くとハッピーエンドに見えるが、スタッフとしては”死ぬ間際の走馬灯”として演出したと思われる。
友人達のその後は描かれる事なく、戦争を食い止めるために尽力してた人たちは報われず、
聖人の象徴として出現した異星人は、暴力的な地球人に呆れ果てて帰るなど、誰も幸せにならない最終話だった。

257 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/22(日) 21:40:32
追記:
原作者によるとまほろさんは”精神的に成長しないヒロイン”として描写されていたらしい。
当初、死を恐れていない等のどこか非人間的な要素を残していた彼女が、徐々に豊かな人間性を得ていったように見えたのは、
原作者的には別に成長していないとのこと。なんだそりゃ・・・
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/06/30 21:17 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ