【後味の悪い話】おろち

143 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/20(金) 21:29:03
おろちってのを読んだ。しょっぱなから後味悪いな、これ。
姉妹は18才になると醜くなる奇病を持つ家系に生まれた。
美しく成長した二人は18才の誕生日を恐れて常に鬱モード。
しかし実は妹は養子であり一族の血を引いていないと判明する。
翌日から二人の仲は激変した。
一人だけ美しいままでいるのは許せないと妹をいじめ抜く姉。哀れな姉を憎めずに耐える妹。
姉の誕生日が近づいた日、顔が崩れることを恐れた姉は自らの顔を焼いてしまった。
ひどい火傷が残った姉は来る日も来る日も妹を虐め続ける。
やがて訪れた妹の18才の誕生日。妹は変化し始めた顔を見せながら、笑顔で姉に事実を告げる。
一族の血を引いていないのは、実は姉の方だと。
でも姉が一人美しいままでいるのは許せなかった。だから嘘をついた。
事実を知った姉は狂乱する。だったら顔を焼く必要はなかった。二度と戻らないこの顔をどうすればいいのか。
醜く変わっていく妹は、絶望した姉が狂い死ぬ様を見ていた。
関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/06/29 19:17 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ