誕生日、旦那は何故かイグアナのぬいぐるみをプレゼントとして送ってきた。


後味の悪い話 その3

816 名前:いおう 投稿日:02/04/30 06:13

子供のいない主婦Aは退屈な生活を送っていた。
旦那は公務員で経済的にも不安のない生活を送っていた。
しかし旦那は冷酷で独占欲が強く毎日、何度も決まった時間に電話をかけて
妻がちゃんと家にいるか確認してくるので、Aは、決まった時間に買い物や散歩に行き
旦那から電話がかかってくる時間にはちゃんと家にいて電話に出るのであった。

そんな旦那にもいい所はあった、誕生日には必ずプレゼントを買ってきてくれた。
昨年は赤いセーターを貰ったAは本心ではあまり嬉しくなかったが
旦那の前なのでそれを嬉しがり、その場で着て見せた。
旦那は満足そうにうなずき、来年も楽しみにと言った。
そして今年の誕生日、旦那は何故かイグアナのぬいぐるみをプレゼントとして送ってきた。
妻はやはり不満だったが旦那の手前ありがとうと言った。

その不気味なぬいぐるみを妻は物置の中にしまった。

そして数日が経ったAはまったく刺激のない生活に絶望していた、
離婚したいが旦那に言ったら何をされるかと思うとそれだけで離婚を諦めていた。
そしてAはいつものように近所の公園を散歩していたがそこには一匹の捨て犬がいた、
その犬を両手で抱きかかえると、Aはその犬を自分で飼う事にした。
その犬にシロとなずけた。

旦那にばれないように<旦那は冷酷な性格で動物が嫌い>夜は物置に入れ
朝、旦那が出かけたら犬を部屋入れて遊んだり、散歩に行ったりした。

Aはこの捨て犬を拾ってきたことを大いに喜び、退屈で窮屈な日々から救ってくれることを
犬に感謝した。そして三ヶ月が経ち旦那にもばれず生活していた。

ある日シロの散歩をしていたら時が経つのも忘れてしまい、
つい一時間ほど家に帰るのが遅くなってしまった、
もうこの時間だと旦那が家に帰ってきているかもしれない

Aは急いで家に帰ったが家には電気がついていた。
このまま家に帰ったら旦那にばれてしまうでも、Aは決断したシロのことをすべて言おう、
シロがいれば何だってできる・・

Aは堂々と家のリビングに入っていった。

旦那「おまえ、こんな時間まで何してた」 
A「この子の散歩をしてたの」 
旦那「この子の散歩?」

A「そう、シロって言うの・・・飼う事にしたから」 
旦那「ふざけるな!」 

そう言うと旦那はシロを奪い取りシロの首をへし折ってしまい床に叩きつけ殺してしまった。

A「ヤメテ―!殺さないで」
そう言うとAは台所にある包丁を取り出し旦那を何度も刺し殺してしまった。

刑事A「ひどい事件ですよ何度も何度も刺していましたし、
    それに犬の死骸なんてどこにもなかったんですから」

刑事B「そうだな・・・・それより女の取調べの方はどうなってる」

刑事A「あの女、頭、完全にイカレていますよ シロ・・ シロ・・ シロってこればっかりです。
    首のへし折れたイグアナのぬいぐるみを抱きしめながらね・・・・」






関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2013/06/08 18:00 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ