【後味の悪い話】山岸涼子「金壷・銀壷」

561 名前:1/2 投稿日:2007/04/12(木) 09:34:13
山岸涼子の「金壷・銀壷」
不倫する親とその三人の子供たちの話。
Aの父と母は父A母A、Bの母は母Bという感じに表記します。
(ちょっとややこしくてすまん)
Aは画家の父Aと美女の母Aを親に持つ父似の女の子。
母Aはお嬢様の家の出で、いつも散財しまくり。
子供ながら財政を心配して(そこそこ金持ちだが)その事を注意すると
「だってお父様は贅沢をさせてやるといって私にプロポーズしたんですもの」と
行動を改めない。父Aはそんな高飛車な母Aをほほえましく見ているだけ。
Aは父Aと苗字が違う。「父Aの名前は画家としてのペンネームだから」と言われて納得していたが、
実は父Aがよその家に母A以外の妻を持っていた事を知った。
それに母Aも実は違う家に夫がいたのだった。互いに戸籍の上では他人だった。
不倫者同士の夫婦だという事実に驚きながらも、Aはまあ平凡に成長していった。

父Aは元の家庭に息子Bを置いて家を出た。
決着のつかない別れ話を何度も聞きながらBは成長して行った。
父Aは養育費を送るだけの存在となり、母Bは頑ななに離婚届に判を押さない。
母Bはストレスで人の倍も老けていき、Bが中学生になる頃には白髪まみれの老婆のようだった。
ある日、母Bが泣きながらこっそりと雑誌を切り刻んでいるのを見かける。
気になってBが本屋でその雑誌を読んでみると、そこには人気の画家として紹介される、
父Aとその現在の事実上の家族たちの姿が。Bには見せない笑顔の父Aと、見知らぬその妻と子。
それはBの存在も、母Bの存在も完全に抹消された世界だった。
やがてBは高校を卒業し、もう子が一人前になったからいいと、
母Bは離婚届にやっと判を押し、やがて急逝した。

母Aは元の家庭に娘Cを置いて家を出た。
いつものように家を出て、それきりCは母と会う事がなかった。
Cは母Aにあまりにも似た美しい少女で、父Cはその姿を見る度に母Aを思い出してしまうので、
出きるかぎりCを避け、Cは母に捨てられた上に父にも避けられるさみしい日々を送る。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

562 名前:2/2 投稿日:2007/04/12(木) 09:36:22
おまけに祖母は、母Aと似すぎているCを露骨に嫌う。
首をかしげればしなをつくったと言われ、化粧をせずとも真っ赤な唇なので男を誘っていると叩かれた。
「夫を捨てて他の男に走った母を持つ娘」という意識を植え付けられ、
Cは自分の美しさを憎み、他者が全て自分の容姿しか見てないように思われ、
一人きりの不毛な青春期をすごす事になった。
大学時代に一度だけ恋をしたが、そんな育ちからくる恐怖心で土壇場で逃げてしまった。
父Aが死んだ一年後の同じ日に母Aも死んだ。死に方にすら縁を感じるようだった。
葬式に集まった既に30代に入り大人になっているABC
Aは父A似でふくよかで美人ではないがいかにも幸せそうなおばちゃん。
Bは母Bと似たどこか幸薄そうな渋いイケメン。
Cはまだ20代前半にしか見えないような母A似のものすごい美女となっている。
過去の事などなかったかのように世間話をするAとBを見ながらCは悩んでいた。
Cは大学時代のあの彼氏と再会し、もう既に家庭のある彼と愛し合ってしまった。
彼が自分を連れて逃げてくれないだろうか、でもそれは母と同じ立場になる事だと苦悩していた。

Aは父Aと母Aの行動を非難しつつも、二人の間の愛だけはうらやましかったと話す。
母Aは散財がすごいしツンツンしてたが、なんだかんだいって父Aを一心に愛していたと。
「母Aは愚かな人だけど、でも同じように全てを捨てて愚かでいてくれる父Aがいたからこそ、愚かでいられた」
Aのその言葉に、捨てられた側であるBは複雑な面持ちながらも同意する。

二人と別れた後のCはAの言葉を思い出す。そして自分が何故母と同じように踏みきれないのかを悟った。
「私には母Aと同じように、愚かでも自分だけを受け入れてくれる腕がなかった」
所詮自分の不倫相手は、父Aのように家庭を捨てきれるほどの人物ではなかったのだ。
「もしその腕があれば私は母Aよりも愚かな者になってみせたのに
 ああ、私は母Aを娘として憎悪し、女として嫉妬する!」
そして不倫相手と決別する事を決意したのだった。

そもそも両親の不倫さえなければCも不倫とかしなかっただろうし、
Bも幸せな幼少期を送れたのかなーと思うと後味が悪かった。
Aの幸せっぷりを見る限りは、父Aと母Aも完全な悪人ではないのだが……

565 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/12(木) 12:04:39
>561-562
最後はハッピーエンドじゃん
566 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/12(木) 12:29:37
いやー、Cの不幸ぶりが嫌だねー。
すごい美女と不幸の隣り合わせ。普通に育っていればどんな男でも
OKなのに。意外と美女と不幸ってよくあることだけど。
567 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/12(木) 12:31:06
いや実際にはそうそうネーダロ
568 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/12(木) 12:51:15
>>561-562
昔読んだ覚えがある。私もこれはなんかちょっと後味悪かったなあ。
Aは母の容姿に憧れながらも可愛がられて育って、平凡ながら幸せになったし、
Bは母の苦悩を間近に見てつらい少年期を過ごしたけど、大人になってからは妻子持ちで幸せだし、
Cだけが最初から最後まで不幸で救いがないのが納得いかない…ていうか可哀相だった。
569 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/12(木) 13:19:54
山岸凉子好きで、ほとんど持ってる。後味の悪い話も多いよね。
金壷・銀壷も読後感が微妙だったし、上に出てる喘息の男の子の話も・・・。
厳しすぎる父親に育てられて、最後は女の子が発狂してる「天人唐草」も悲惨だった。
会社の飲み会で「送ってやろうか?」っていうおっさんを断ったら
照れ隠しに豹変されて「ケッ!誰がお前なんかに手を出すんだよ!自惚れてんじゃねーよ!」
って怒鳴られるシーンとか、下種な人物を描くのも上手いんだよねw
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/06/22 21:22 ] 小説 | TB(0) | CM(1)
美女が幸福なものとは限らない、は岩井志摩子もそういう話をいくつか書いてるな
Cは不倫相手とはとりあえず別れるみたいだし、別れ話がもつれたりしなければそのまま別の幸福を見つけられるかもしれない
[ 2016/06/23 01:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ