【後味の悪い話】アメリカアニメ「ビーストウォーズ」

385 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 01:11:59
アメリカアニメ「ビーストウォーズ」
二つの敵対する勢力のロボットみたいな生命体が、とある惑星に流れ着いて戦っている。
彼らは生き延びるためにその星の動物と合体しており、そのためロボットの姿と動物の姿とに変身できる。
フルCGで妙なノリ満載のおもしろいアニメで、初回放映当時はフィギュアやゲームも販売されていた。
ある回で唐突にハヤブサキャラと別のキャラ(どっちも♂)が仲良く手をつないで、
あきらかに仲むつまじくデートしていた(しかもその後どっちも死ぬ)
それを見たときはうろたえつも
「さすがアメリカ、子供向けアニメにもマイノリティを登場させるんだ」と思いむりやり自分を納得させた。
ところが後から知ったんだけど、アメリカではもともとハヤブサは女キャラ。
なのに日本では女キャラのフィギュアは子供に受けないから、男ってことにしちゃえ」とばかりに
吹き替えに男性声優を起用して、男キャラにしてしまった。
しかしその後ハヤブサキャラと他キャラの恋愛シーンが…。
日本の子供たちがどう思ったかは知らないけど、なんかもやもやした。
関連記事




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

アメリカじゃなくてカナダですね
子供のころみてたのは覚えてるけど、ハヤブサの事はあんまり記憶にない…逆に子供だから、気にならなかったのかな
[ 2016/06/09 02:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ