まんが日本昔ばなし/吉作落とし

後味の悪い話 その3


803 名前:昔話の話題が出たので俺も… 投稿日:02/04/29 15:44
ある日,男が山へ薬草やら花やらを採りに入った。
男は,崖の途中に珍しい薬草を見つけた。
その薬草がある場所には人一人座れるくらいの出っ張りがあり,
持ってきた綱を使えば何とか降りられる位置だった。
男は綱を使ってそこに降り,薬草を手に入れた。
さあ戻ろうかと上を見上げたとき,男は愕然とする。

…綱に手が届かない。

その綱は布で編んだ物だった為,降りるときは男の重みでぎりぎり届いたものの,
男が手を放した時に縮んでしまったのだ。
男は何度も飛びつこうとしたが届かない。
大声で助けを呼んでも山奥なので里に声は届かない。
途方に暮れ,男はその場に座り込んでしまった。
男がその場に座り込んでニ~三日したある日,
ふとしたはずみで男の持っていた手ぬぐいが谷底に落ちていった。
ひらひらと、ゆっくりと落ちていく男の手ぬぐい。
疲れ果てた男はそれを見つめながら、ふと思う。

俺も、今飛び降りれば、あの手ぬぐいと同じようにゆっくりと下に降りられるのでは…。

男は立ち上がり静かに谷底へと飛び降りた…。

村の者が男を探してるとき、崖に残された綱を見つけたのは次の日のことだった…。

…これ見たとき、かなり鬱になったことを覚えています。







804 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/04/29 15:55
>>803
日本昔話で見た。私もかなり鬱になったよ。たしかきのこ採りをしてた。
助けを求めて叫ぶ声が化け物と思われて怖がられてたんだよね。
で、山に近づくなって。
男は叫び続けていつしか声も出なくなってしまい…






関連記事




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ