【後味の悪い話】娼婦ハルミン

383 名前:さっき立ち読みした漫画 投稿日:2007/02/01(木) 01:58:50
主人公は19歳の売春婦。複雑な家庭のせいでか早くからセックスとウリにはまる。
愛を感じる事もなく、堕胎や病気を繰り返しても抜け出せずにいる。
仕事帰り、どしゃ降りの雨にあい、主人公はコインランドリーに飛び込む。
そこには若い男がいたが、何かあったら金を取ればいいと迷わず服を脱いで洗濯機に投げ入れる。
しかし洗濯機にはコイン投入口しかついておらず、財布には万札が数枚のみ。
主人公は男に一万円を差し出し、
「これと500円玉交換してくれない?」
と頼む。そう言う間にも体は冷え震えが走った。
若い男は主人公を眺め、立ち上がるとびしょ濡れの下着をそっと脱がせた。
ほらね、と覚悟を決めるが、男は主人公の服と下着を乾燥機に放り、自分の服を手渡す。
主人公と男は服が乾くまでの間、ぽつりぽつりと会話を交わす。
男は主人公を、近くのコンビニで見掛けたことがあったという。
やがて服が乾き、男は「料金くらい出すから」と言って主人公を着替えさせようと背を向ける。
その姿を見て、主人公は本能的に抱きつき、男もまた主人公を引き寄せキスをした。




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した

384 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/01(木) 02:01:48
今までにない感情の昂りに戸惑う主人公はコインランドリーから逃げ出し、
再び売春を繰り返しながらも男との話に出てきたコンビニを覗く日々を過ごしていた。
そんな中、常連客の一人がエイズにかかったとカミングアウトする。数回、生で相手をした客だった。
客は最高級のホテルで彼女にプレゼントをし、美味い食事をご馳走し、
体に触れるも最後まで事を済ませようとしなかった。
そして、自分のように金だけの人生を送ってはならないと諭して去っていく。
脱力気味の主人公は帰宅途中でまたフラフラとコインランドリーへ寄る。
するとまたあの男に会い、「こないだは襲うような事をして済まない」と謝られる。
そして、「今度はちゃんと君を抱きしめたい」と。
男はコンビニの前の工場で車の整備士をしていて、
主人公がよくコンビニの前で客と待ち合わせをしているのを見ていた。
そして、偽りとはいえ美しい笑顔に惹かれていた。
主人公はその事を知らぬまま、初めて抱かれたいと思った男に
抱かれることのできない苦しみに焦りながら検査を受けに病院へ行く。
そして帰り際、コンビニを通り過ぎようとしたところで交通事故にあう。
暗くなった視界にぽつんと浮かぶ、娼婦〇〇〇(主人公)死亡、の文字。
時が変わり、病院のシーン。看護師がエイズ検査の結果をカルテに写している。
そこに書かれていたのは陰性の二文字だった。
385 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/01(木) 02:04:39
補足
料金くらい出すからっていうのは乾燥機の使用料金ってこと。

387 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/01(木) 02:14:39
切ないねえ・・・でも面白かったGJ!
393 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/01(木) 06:43:38
>>388娼婦ハルミン
デザートって少女漫画の雑誌に載ってたやつだと思う
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2016/05/01 20:57 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ