【後味の悪い話】ボーイズドントクライ



61 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/23(水) 09:41:03
ボーイズドントクライ

性同一性障害に苦しむ主人公ブランドンは、
「女」でありながら「男」として生活しようと、とある町に引っ越してくる。
そこでブランドンはジョンとトムという2人の男性、そしてラナという女性と知り合う。

ジョンとトムは刑務所上がりでキレると危ない奴だが、ブランドンとつるむようになっていく。
ブランドンはラナに恋をし、ラナもブランドンに魅かれはじめる。
新天地での生活が上手く行きはじめた矢先、
ひょんな事から主人公が「女」であることが周りにバレてしまう。
町の人たちはブラントンを「変態野郎!」と罵るが、ラナは「女」である主人公を受け入れてくれる。

しかし、ジョンとトムは「男」であると自分たちを騙していたブラントンを許せない。
お国がら敬謙なクリスチャンだったりするので、性同一性障害者を「化け物」と罵る。
そしてブラントンを拉致し、レイプしたうえで、それが当然であるかのごとく殺す。

実話だってところがなんともね・・・

63 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/23(水) 10:11:12
>>61
げー後味悪すぎ・・・
周囲の理解を得てハッピーエンド☆とかに改変しそうなテーマだが、そのまんまなんだ・・・

関連記事




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ