【後味の悪い話】フレンチジョーク


649 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/16(水) 15:29:23
フレンチジョーク

砂漠で道に迷った黒人の青年、息も絶え絶えのところに魔法のランプを見つけた。
ランプをこすると魔人が現れ、三つだけ願いを叶えてやると言った。

黒人の青年:「まず水をたくさん飲ましてくれ。喉が渇いて死にそうだ。
       それから体の色が白くなりてえな、あとは女のあそこを毎日眺めて暮らしたい」

魔人:「よかろう」

ボンッ。
青年はパリのジョルジュサンク・ホテルのトイレのビデになっていた…

関連記事




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ