【後味の悪い話】 「アトム二世」



612 名前:593 投稿日:2006/08/16(水) 00:37:32
今手元にあるから特に後味悪いものを以下に。

「アトム二世」
あぼんしたはずのアトムから連絡が入る。
今は小さな原始星にいて早く帰りたいが、その星がどこか分からない。
政府はアトム二世を作るよう命じる。
しかも「人間そっくり」ではなく「人間そのもの」に。
当然二世は毎日テレビばかり見ている。
博士に金をせびり、好きあらば女をホテルに連れこむ。(二世には生殖器がついている)
抗争を目の前にしても「巻き込まれちゃ馬鹿馬鹿しい」
そんな二世に核兵器輸送の護衛という仕事がくるが、月給20万、年一億のボーナス、週休三日制等を要求。
なんとか行かせるものの、今度は行方不明。
二世は核兵器を壊してアトムの大量生産事業を起こし、世界各国に正義の味方を安く売って儲けていた。
裸の女を百人もかこって王様暮らしをしていたところを捕まり、
記者会見で「俺は正義の味方だからジタバタしないんだ」と無精髭面で言う。
(「イヨー性戯の味方ーっ」とうまいんだかうまくないんだかの記者の掛け声が入る)
博士が空を見上げアトムが戻ってくることを願うシーンで終わる。

 
関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2015/12/25 19:19 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ