【後味の悪い話】 アトム今昔物語



609 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/16(水) 00:10:39
アトム今昔物語というもの欝。

地球に行きたい人間になりたい?昆虫型宇宙人に巻き込まれなぜか昔(60年代?>606の話かな)
にタイムスリップ。昆虫宇宙人(姿かたちは女、服脱ぐと昆虫)はそこらの野原で小型化して
虫として幸せに暮らすことになったけど(そのついでに男が一人巻き込まれて小型したような)
アトムは昔だからエネルギーが無くて、最後はエネルギー切れで野原で野ざらし

時間が流れて博士がアトム作成。設計は完璧なはずなのに何故か動かない。
野ざらしアトムがいるからタイムパラドックスで動かないのだ。
それを知った昆虫宇宙人(長生き)は、アトムを爆破。
アトムは無事起動・・・

というオチだった。
昆虫宇宙人が気持ち悪かったのと、アトムの閉鎖ルートが怖かったのとで
しばらくTV見るのも嫌だった小学校時代・・・図書館で借りた本だったよ・・・。

関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2015/12/21 22:18 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(1)
私も小学校低学年で読んで、トラウマになった。
同時に、タイムパラドックスをテーマにした作品は「ドラえもんだらけ」に限る!と実感した
[ 2015/12/21 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ