【後味の悪い話】リリイ・シュシュのすべて


511 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/15(火) 01:31:45
自分的には映画『リリィ・シュシュのすべて』が最強に後味悪かったんだが…

いや、後味悪い通り越して鬱なった…

悔しいことに国語2な自分にはあの深すぎる話を文にできないorz

だれかエロい人文にしてはくれまいか…

512 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/15(火) 01:34:19
>>511
本当に国語力がないのが書き込みから丸分かりだな






【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した



619 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/16(水) 04:26:58
>>511
俺も文ヘタだけど書いてみる。
リリィ・シュシュのすべて

主人公は市原隼人。
リリィ・シュシュってのはちょっと電波な教祖的な歌手で、
普通の人は敬遠するけどハマる人はハマっちゃうみたいな教祖的歌手。
(エーテルがどうのこうのとか平気で言う奴)
市原はリリィ・シュシュのファン。
市原は親が再婚したり、虐められたりで何だかんだで世の中つまらなく感じていた。
中学に入ってからクラブに入って同学年の英太に似た奴(以後、偽英太)に出会う。
偽英太は何かを理由に虐められていく。
でもキレていじめっ子を倒す。
そこから偽英太は「自分は強い」みたいに考えるようになって、
逆に今まで自分を虐めてた奴等を従えるようになっていき、調子に乗って市原までも虐めるようになっていく。
でも市原は抵抗せず、日々が続いていく。

ある日、市原はリリィ・シュシュのライブのチケットを手に入れ見に行く事になる。
ライブ会場に着くとそこには偽英太がいて、「おい、お前の方がいい席じゃん、替えろよ」だの言われる。
しかも、パシらされて、パシってる間に市原のチケットは捨てられる。
市原が帰って来た時には、偽英太は列の中にまみれていて近付けなくなっていた。
だけどライブは延期か中止かになって一時中断になる。
ザワザワしてる中、市原は後ろから偽英太をナイフで指す。
しかも、「ぉぃ、殺されてるぞ!!!!!」と、いかにも自分殺してませんといった風に言い、去って行く。
最後に、パソコンの画面に「自分の中がエーテルで満たされて行く」みたいな、色んな書き込みが成されていきEND

・・・さぁ修正の始まりだ。
知ってる方お願いします!!!!
あと、拙くてゴメン。

621 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/16(水) 04:38:42
>>619
市原は確か偽英太を刺す前に
「リリィ・シュシュがいるぞー!」とその場にさも
リリィ本人がいるかのように叫び
その混乱に乗じて 刺す→逃げる って感じじゃなかったっけ?

627 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/16(水) 10:47:28
>>619
最初と最後しか書いてないからもう少し付け足すね。
偽瑛太は忍成ナントカっていう俳優で、金持ちの優等生の役。
小学生のときはいじめられっ子で、中学に入学して好きだった女の子(転校して離れてた)と再会。
ちなみにリリィ・シュシュにはまったのもその子がきっかけで、
剣道部で友達になった主人公・市原にリリィ・シュシュの存在を教えたのも忍成。
市原と忍成逹は不良高校生逹から奪った金で沖縄旅行に行く。
そして死にかけたり旅人の死に立ち会ったりと、魂に触れる。
旅行から帰り、忍成は変わった。クラスの不良をぶっ飛ばして支配。
援交してる同級生を握って金をゆすり、市原に回収に行かせる。
(この同級生は市原に淡い恋心的なものを抱いた後、↓の事件に苦しみを感じて自殺。)

628 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/16(水) 10:49:24
もともとクラスのギャル達から反感を得ていた“好きだった女の子”が
合唱コンクールでの活躍でさらに憎まれているのを悟り、忍成は不良達を使ってレイプさせる。
レイプさせた廃屋は忍成の父(離婚、事業に失敗)の持ち物だった倉庫。
計画の概要をよく知らず女の子を呼び出してきたのは市原で、
市原もまた女の子に恋をしていたため泣き叫ぶ。
もともと寡黙だった女の子は無気力になり、髪をそりおとしたニットキャップ頭で登校。
それから>>619の事件勃発。

643 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/16(水) 13:37:19
>619補足
主人公はリリィシュシュのファンサイトをやっていてそこでリリィシュシュファンのハンドルネーム青猫と知り合う
ネット上で青猫と色々話し仲良くなっていきリリィシュシュのコンサートで初めて会うことに
青猫は自分の目印に青林檎を持っていくと言う
コンサート当日忍成にチケットを捨てられた主人公は「お前これ持ってろ」と忍成に青猫のメアドが書かれた青林檎を渡される
青猫は忍成だった(でも忍成は主人公がリリィシュシュファンサイトの管理人だという事を知らない)

リリィシュシュのすべては原作はananで連載してたんだが
原作では青猫はファンサイトのアイドル的存在「ふゆ」に惚れてネットストーカーになる
コンサート当日青林檎を持たされて佇む主人公に声をかけてきた「ふゆ」は中年のネカマのおっさんだった
原作は他にもいじめられっこが居たり主人公の家庭の事情があったりもっと後味悪い

644 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/16(水) 13:43:13
・・・結局何を伝えたい映画/本なんだ、リリィ・シュシュのすべてってのは。

 
関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2015/12/20 20:22 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ