【後味の悪い話】忌野清志郎の話。


428 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/28(金) 22:48:01
忌野清志郎の話。

RCサクセションのマネージャーとして一緒にいた日隈君はキヨシローの友人で、
中学、高校と一緒に自転車通学してた仲。
キヨシローは「日隈くんの自転車の後ろに乗りなよ」って歌も作ってる。

でも有名になっていく友人に取り残されたような日隈君は段々色々悩み始める。
ある日、キヨシローは家に遊びにきた日隈くんに
彼を歌った歌「君はそのうち死ぬだろう」を聞かせる。

君はそのうち死ぬだろう このままいけば死ぬだろう
だから何とかしておくれ 君が死んだら迷惑だから

君はもうすぐ死ぬだろう 手首を切って死ぬだろう
無理に生きてもしょうがない 迷惑だけど我慢してあげる

君はそのうち死ぬだろう ビルから飛び降りて死ぬだろう
君にはその方がいいだろう 誰も死んだ人の事を悪くは言わないよ

君はもうすぐ死ぬだろう 薬か線路に飛び込むか
生きていたって同じ事 早く片付けた方がいい

君はもうすぐ死ぬだろう 誰かが発見するだろう
しばらく誰もが泣くだろう 僕らも泣き真似してあげる

日隈君は「馬鹿なこと言うなよ」と笑って帰っていったがその後ほんとに自殺してしまう。

「日隈くんの自転車に乗りなよ」がすごく好きだったから、
この話を知った時はかなりショックだった。
その後ちゃんと彼を悼む歌「ヒッピーに捧ぐ」を作ってるけど、
それでもなんかビミョーな後味の悪さを感じる。

429 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/07/28(金) 23:18:25
「死ね」みたいなこといってるけど
きっと励ましたかったんだと思うし…
なんだかなぁ

関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2015/12/01 22:14 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ