【後味の悪い話】大島弓子「八月に生まれる子供」



290 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/03(水) 13:00:12
大島弓子といえば「八月に生まれる子供」

大学生の主人公は夏休みに入った事を忘れてうっかり大学に行ってしまう。
ボケすぎだわと自分に呆れながら帰宅。数日後、友達との約束すら忘れてすっぽかしてしまった。
なにやら白髪が増えてきて、耳も遠くなってきた。
そこに女性から電話がかかってくる。やたら親しげなその女性が誰なのかわからない。
「なにいってるのよあんたのお姉さんでしょう」嫁に出た姉の事すら主人公は忘れていた。
病院に行ってみると、医師は原因不明の急速な老化現象が起こっていると告げた。
母は主人公にどっさりと健康食品を食べさせたりするが効果はなく、
主人公の歯は抜け落ちていき、骨が縮んで背も低くなった。
段々ボケが進行してきて、その事で両親が口論になる事もあった。
主人公は眠るばかりの日々を過ごす。寝ていれば体も心も楽だから。
母と電車に乗っていると「おばあちゃん座ってください」と高校生に言われた。
足腰の衰えも深刻なのでありがたかったが、主人公はショックを受ける。
これから人前では娘ではなく婆として扱ってくれと母に言う。
ラスト、回復の兆しを見せる主人公。
それは回復というよりも、幼児が成長するかのような現象らしい。
空白状態の主人公が「私は18歳で○○という女のこらしい」というモノローグ

後味が良いともとれるが俺的には悪い

291 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/03(水) 13:13:34
大島弓子かわからないけど、
水のなかのティッシュ?ってなタイトルで、
予知ができる少女の漫画を読んだ事あるな・・・・。
妹がお手伝い中に大事な皿を割ったり、
親戚がケーキを土産に尋ねてきたり、と予知することは些細なことだけど、
言うタイミングが悪くて家族からキティ扱いされる。
ある日家族で行楽にでかけた際、例の予知能力で、不吉なものを感じて家に戻ると、
案の定家が大火事。消火してたら、後から戻ってきた家族に放火魔あつかいされる。
というような話。

292 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/05/03(水) 13:18:45
>>291
それも大島弓子だ
タイトル通りの夢を見て主人公は不思議に思うが、
それは主人公の涙で水浸しになったティッシュだった。

 
関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2015/09/28 20:42 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ