【後味の悪い話】世にも奇妙な物語/「ネカマな男」



273 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/10/05(水) 01:08:56
さっき見た「世にも奇妙な物語」の「ネカマな男」が結構後味悪くて良かった。

なんか見た人大勢いそうだけどあらすじ

失業中の主人公は妻の名を騙ってネカマをして、女子大生とメル友になった。
妻はバリバリのキャリアウーマンで資産も色々持っている。でも、夫婦仲は冷め切っている。
主人公はしばらく女子大生とのメールを楽しんでいたが、ある日、相手もネカマだと知る。
しかも、こっちの素性(性格には妻の素性なんだけど)もバレていて、
妻がそいつにストーカーされることになる。脅迫メールなんかも来るようになる。
妻もストーカーの存在を察したらしく、夫を頼るようになる。こうして夫婦仲はちょっと良くなる。

そんな時。夫は借金してネット株をやってたんだけど、
大損してしまい、借りていた先の闇金融に拉致される。闇金融は借金の返済のため、
夫に「保険金かけて自殺するか、妻を殺してその財産で借金を返すか」の選択を迫る。

274 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/10/05(水) 01:10:04
こうして計画は実行され、思惑通り妻の死は変質者の仕業ということになった。

葬式を終えてなにげなくパソコンを見てみると、何やらメールが来ている。
来たのは2日前、差出人はストーカーからだが、「最後のメール」というタイトルに、
つい開いてしまうと、そこには驚くべきことが書かれていた。

実はストーカーの正体は妻で、ずっとメル友してたのも妻。
「女子大生のふりをしたネカマのストーカー」、を妻が演じていたのだった。
メールで妻はこう言う形でしか素直になれなかったことを詫び、ストーカーのふりをすれば
自分にもっと関心を持ってもらえるだろうと思ってやった。実際、心配してくれて嬉しかった、
そして最後に今日の面接(再就職の)頑張ってください、今日の食事は私が作ります、とくくられていた。
妻が死ぬ直前、仕事に出かける前に今までとはうってかわった爽やかな笑顔で
「いってきまーす!」と玄関の向こうに消えていく光景を思い出し、夫はただ涙するのだった・・・

関連記事




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

これ違うよ

夫は、ストーカーに罪をなすりつけようとして、
ストーカーの仕業に見せかけて妻を始末したんだけど、
妻の最後のメールを見てストーカーが実在しなかったことがわかって、
自分が捕まってしまうことに気づいて怯えるラストだったはずだよ
[ 2015/03/25 10:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ