【後味の悪い話】悪魔の花嫁/残酷な処方箋(あしべゆうほ)



716 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2005/09/11(日) 22:59:49
デイモスの花嫁の中で、まぁある意味後味スッキリなんだけど
やっぱり後味悪いや…って話をひとつ。

ある日、ヒロイン美奈子達の学校で健康診断が行われる。
そこに、健康診断員姿のデイモスと、同じく健康診断員姿の死神デスが現れる。
デスはデイモスに言う。
「面白そうな材料があるんだ。邪魔するなよ」
まぁ勝手にせよ…と、今回は引き下がるデイモス。2人は美奈子を巡って静かに争う仲だが、
それはまた別の話。

美奈子の同級生に実子(みこ)という娘がいる。実子がレントゲンを受ける番が回ってきた。
彼女のレントゲン写真を見て、ほくそえむデス。変態のようにも見えるがそうではない。

実子には、双子の姉、真子(まこ)がいるのだが、生まれたばかりの頃、2人の家庭は貧しく、
真子はアメリカに里子に出されていた。美奈子に身の上を打ち明ける実子。
「明日、その双子の姉と初めて会うの。一時、日本に来る事になったの」

717 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2005/09/11(日) 23:00:34
次の日、波止場で真子と、真子の恋人であるアメリカ青年とを迎える実子と美奈子。
真子は髪を金色に染め、口元にホクロがある以外は実子と瓜二つだった。
富豪の家に貰われ、何不自由なく暮らしていた真子。自信に溢れ、実子には彼女が眩しく映った。
しかし真子には偉ぶったところなど少しも無く、妹と初めて会えたことに、ただただ感激していた。

連れ立ってショッピングに出かける4人。
服やアクセサリーなど沢山のものを、真子は実子に買い与えた。
「あなたは沢山苦労してきたんだもの。私にできることは何でもするわ」
どこまでも妹に優しい真子。それは純粋に姉の好意なのだが、実子の胸中は複雑であった。
(双子で、瓜二つの私達…アメリカに里子に出されたのが真子でなく私だったら…)
恋人のアメリカ青年と近々婚約するという真子。とても優しい美青年で、実子は嫉妬を覚える。
(彼の恋人は、真子ではなく私だったかもしれないのに…)

日本に滞在中、真子は忙しく動き回っていた。
アメリカに帰る前に、日本で青年との婚約パーティーをする予定なのだ。
(真子はアメリカに帰り、彼と結婚して幸せになる。引き換え私は、今までと同じ…)
実子の中に殺意が芽生えていた。






【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した



719 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2005/09/11(日) 23:02:31
婚約パーティー前日。会場であるクルーザーに、実子は泊りがけで招かれていた。
真夜中、実子は真子をスカーフで絞殺。真子の髪の金色を落として黒髪に戻し、
自分の服を着せてクルーザーから海に突き落とした。
(髪を金色に染め…口元にホクロを描く…私は真子…)

次の日。婚約パーティーの会場には沢山の人々。チャイナドレス姿の美奈子もいた。
陰にはデイモスとデスの姿も見える。
「おいデイモス、今回は邪魔をするなと言っただろう」
「邪魔はしない。お前の材料に、恐怖を味付けしてやるだけさ」

真子になりすました実子が青年に甘える。
「あなたが私のものになるなんて、夢みたいだわ」
「おかしなことを言うね。僕はずっと前から君のものさ」
ところで実子はどうしたのだろう…と、いぶかしむ青年。
そこへ知らせが。海中から死体が浮き上がったのだ。騒然とする会場。
「実子!どうして!どうしてこんなことに!」
実は真子である死体に取りすがり、泣き伏す実子。
美奈子だけが、実子であるはずの口元にホクロがあることを不審に思う。
「何故こんなことに…実子をアメリカに呼ぶために、真子があんなに奔走していたのに…」
青年のつぶやきに実子は息を呑んだ。
真子が忙しく走り回っていたのは、実子をアメリカに呼んで一緒に暮らす手筈を整えるためだったのだ。

721 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2005/09/11(日) 23:04:32
彼女は自殺したのだと思う。自分の余命が幾ばくもないことを知って」
例の健康診断員姿で現れたデイモス。実子は愕然とする。
「この前の診断で、彼女が病魔に侵されていることが判った。何もしなければあと1ヵ月の命だった」
薬の小瓶をかざすデイモス。
「しかし、この薬があれば病気を治すことができた。この1ビンしかないのだが…無駄になってしまったな。」
薬を捨て去ろうとするデイモスにすがりつく実子。しかし彼は取り合わない。
「待って!その薬をちょうだい!私にちょうだい!」
「やめておけ。この薬は普通の人間には劇薬だ」
薬は実子の目の前で垂れ流される。
「ああ、私の命が…」
薬の一滴が実子の頬にかかり、口元のホクロを消していく。

「君は…実子…」

死神の大鎌を掲げるデスが哂った。

関連記事


【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2014/10/24 22:40 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ