【後味の悪い話】路地裏(伊藤潤二)



786 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/07/20(水) 23:13:38
路地裏
家の横にある閉鎖された空間の地下室に、
気に入らない人間を閉じ込めては殺していた女の子の話。
殺された人間が内側の壁に人型の影になって浮き出ている。
夜になると人型が動き出すが、女の子はむしろそれを楽しんでいる。
自分を恨みながら、路地裏から出られない連中を見て。

しかし、秘密に気づいた居候の大学生を殺そうとしたところ、
路地裏と部屋をつないでいたロープが切れてしまい、
路地裏に取り残される。
どうしよう、どうしよう…と悩んでいる間に夜が来て、
人型が立体的に浮き上がる。
人型の表情がうっすらとニヤ~~~って微笑んだ形に…
という話。伊藤潤二の漫画なので理屈とかは抜きに怖い。

関連記事




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ