【後味の悪い話】ゴボウ



220 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/06/26(日) 09:14:33
以下コピペ。

一般的に欧米人はゴボウを食べません。そのため、信じられない様な悲劇が起こりました。
先の第二次世界大戦中、連合国軍捕虜にゴボウを食べさせたところ、
変な木の根を食べさせたとして捕虜虐待に問われたのです。
場所は東京捕虜収容所直江津分所(新潟県)です。
収容所側では、野菜不足を少しでも解消するために苦労してゴボウを調達し、
これを捕虜に食べさせたのですが、ゴボウを食べたことのないアメリカ人捕虜は
これを野菜とは思わず、木の根だと思ったのです。
そのため、終戦後の昭和21年、横浜の戦犯裁判で、捕虜虐待、残虐行為の罪名の元に、
捕虜収容所の関係者が、二人が死刑、三人が終身刑、二人が十後年以上の有期刑の判決を受けました。

関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2014/07/03 03:49 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(2)
欧米ではバードッグルートというハーブとして
普通に生活のいろんな場面で重宝されているんですが
それは
[ 2014/08/23 19:33 ] [ 編集 ]
誰が見てもわかるようなホラ話をドヤ顏で語ってるコイツが後味悪いってことなんだろうか
[ 2014/11/02 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ