【後味の悪い話】孕石主水事件



630 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/06/16(木) 13:25:30
「孕石主水事件」
家康は人質時代にたこ遊びをしていて
たびたび他人の屋敷にたこが落ちたので
とってこいとその家の住人に命令して
「いい加減にせーよ、めんどくせ」と嫌な顔したことをずっと覚えていて
はるか後年駿河を得たときにその家の住人を切腹させた。

家康の伝記(小学生とかが読むやつ)ではなぜか「意地悪をするとこうなるのです」と
素晴らしき美談として載っていたが
子供心に疑問だらけだった。

関連記事




オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定
オススメ記事いずれ更新予定

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ