【後味の悪い話】唐獅子株式会社(小林信彦)



228 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/21(土) 14:52:38
小林信彦の「唐獅子株式会社」っていう連作小説があって、
レギュラーでユーモラスなヤクザの親分が出てくるんだけど、
こいつのペットのブルドックの扱いが後味悪かった。
話が重なるにつれ、物語と関係ないとこで親分の怒りを買うブルドッグは、
おしおきされて、どんどんヒドイ姿になっていく。
最初は前足の小指を切られ、他の指も切られ、手足キズ連れられ、死亡。
死んだ後はハクセイにされて、ダーツの的に。
ダーツの数はだんだん増えていき、耳が取れ鼻がとれて、
最後はもう何だか原型をとどめないカタマリになってしまう。
これユーモア小説なんだぜ。主人公たち人間のストーリーは全く関係なく進む。
しかも解説者が、ブルドッグの行く末を、ユカイな見せ場見たいに書いてんの。
吐き気するほど、後味悪かった。

関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2014/06/01 23:04 ] 小説 | TB(0) | CM(1)
これブルドッグが擬人化されてる(キティちゃんみたいな感じ)だったら胸糞悪いにしてもまだマシなんだけど…
[ 2014/11/01 04:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ