【後味の悪い話】霧が晴れた時(小松左京)



60 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/30 18:19:08
ガイシュツかもしれんけど、高校の頃国語の教科書に載ってた「霧が晴れたら」て話後味ワルー。
父、母、兄、妹の一家4人が、ハイキングだか登山だかで山に登る。
途中で休憩所があり、中には人がいないがおでんが火にかけられたままだった。
母は「おでんが食べたいから店の人が来るまで待っている」と言って、妹と2人で店の中で待っていた。
その間父と兄は外で待っているが、店の人が来る様子は一向にない。
しかたないので「もう行こう」と、店の中で待っている2人に父親が声をかけるが2人の姿はない。
店の外をくまなく探すがやはりいない。
心配になった父と兄は、山を降りて警察に連絡しようとするが、どこにも人がいない。
民家にはつきっぱなしのテレビや、開けたままの店があるが誰もいない。
「世界中の人が僕たちを残して消えてしまったのだろうか。」みたいな文で終りだったと思う。
中途半端でいやーな気分になりました・・・。

61 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/30 18:30:02
>>60
うわぁ気になる終わり方だ。
それはそこで完結なんだろうか?
教科書にありがちな、完結をはしょったんじゃなくて?
気になるな。

関連記事




【後味の悪い話】ドラクエ4って悲惨すぎだろ
【後味の悪い話】コンビニで見た親子
【後味の悪い話】【欝&胸糞】ジジババがアトピーの子どもに生卵食わして○した
[ 2014/03/28 17:33 ] 小説 | TB(0) | CM(1)
これ、教科書だったっけ?教科書じゃないけど、短編集で読んだこと有る
ラジオも雑音しか入らず、放送らしきものは何一つ聞こえない、日本中世界中の人間が消えた?と思いつつ。
霧が晴れたらすべてが見える筈。
って終わり方だったはず。
[ 2015/03/03 12:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ