月別アーカイブ  [ 2017年04月 ] 

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

【後味の悪い話】ロマサガ1の魔の島の話

151 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/16(土) 03:39:23
ロマサガ1の魔の島の話
若き漁師達が海で遭難して流れ着いた魔の島で
魔術師ウェイクヴィンに捕まり不老不死の実験材料にされる
その内の一人が仲間を置いて逃げ出す
それから50年後港で一人海を眺める老人にアルベルトが話しかけると
老人は「頼む、ワシを魔の島に連れて行ってくれ」と頼み込む
アルベルト達は魔の島に向かい最上階までたどり着くとそこには魔術師ウェイクヴィンが待ちかまえていた、
彼は「そこにいる連中は不老不死実験により永遠に眠り続けるのだ、
目を覚まさせる方法は簡単なことだ、殺す瞬間に目を覚ますよヒッヒッヒ」と言い逃げてしまう
それからも老人は海を眺め続けるのであった

【後味の悪い話】ロマサガ1の魔の島の話 の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】手塚治虫作「泥だらけの行進」

128 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/15(金) 20:43:34
既出かも知れんが。
手塚治虫作「泥だらけの行進」

・ある小学校でパンを食べた生徒たちが、謎の奇病に侵される。

・3年後、この事件を解決するために警視庁の刑事を名乗る
 東という男が捜査に乗り出す。

・東はこの病気に感染した子供の家に居候していたが、
 実はこの家の人間こそ、事件の黒幕である「ふくろう党」の一員だった。

・「ふくろう党」は人口淘汰をもくろむ組織であり、
 奇病の原因は彼らが開発した毒薬だった。

・東は「ふくろう党」に捕まるも、辛くも危機を脱し、「ふくろう党」を壊滅させるのだった。

・新聞記者に囲まれた東は、
 「僕は…天国から派遣された刑事なんですよ」
 と語ったところで医者が現れ、嫌がる東を連れ去っていく。
 東の正体は、精神病院から逃げ出した患者だったのだ。

劇中、差別用語のオンパレード、加えて精神病患者が主人公ということもあってか、
単行本に1度も収録されていない、読み切り短編作品。

【後味の悪い話】手塚治虫作「泥だらけの行進」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】短編小説「少年達のおだやかな日々」

125 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/15(金) 20:19:36
短編小説「少年達のおだやかな日々」から
中学生の少年”清”には、歳の離れた姉がいる。
姉は外資系の企業に勤めるキャリアウーマンで、毎月のように海外出張がある。
美人で性格もよく、近所の評判も上々。
自慢の姉なのだった。

そんな姉が上場企業に勤めるエリートサラリーマン”遠藤”と婚約した。
ハンサムで性格も良さそうに見えるが、清は彼がろくでもない性癖を持っていることを知っている。
なぜなら、遠藤が電車の中で女子高生のスカートを切り裂いているところを目撃してしまったのだ。
スカートを切られた女子高生は大騒ぎ。
その時すでに遠藤はさっさと立ち去った後だったが、清は確かに見ていた。

姉との結婚式はすでに1ヵ月後に迫っている。
何とかして結婚してしまう前にこの男の性癖を回りに暴露してやりたいと色々探るが、
奴は全く尻尾を出さない。
一度、正面切って問い糾してやったが軽くかわされてしまった。

【後味の悪い話】短編小説「少年達のおだやかな日々」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】●東原亜希伝説

92 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/15(金) 00:42:06
●東原亜希伝説
☆競馬連敗記録で38連敗という恐ろしい内容
☆本命にあげた馬が三回も骨折
☆超大本命でも東原が選ぶと惨敗
☆武豊をはじめ数々の騎手に自分が騎乗する馬は本命にしないでくれといわれる
☆二十連敗したときは新聞にまで報じられる
☆世界中でほぼ敵なし状態であった井上康生とつきうも直後アテネオリンピック四回戦敗退
☆東原が初観戦に訪れた05年1月の嘉納杯で右大胸筋断裂の大けが
☆今年入籍するもオリンピック代表からも外れ引退となる
☆K-1グランプリ 応援してた選手が全員敗退
☆かつて自身がCMキャラクターになっていた消費者金融のディックが全店舗閉鎖
☆『スーパー競馬』のレギュラーになってわずか3ヶ月後に番組終了。『スーパー競馬』20年の歴史を閉じる
☆「ウオッカ以外の全馬の名前をデスノートに書いときます」
 →馬インフルエンザ蔓延。中央競馬中止。ついでにウオッカも故障
☆2007年7月1日放送の『ジャンクSPORTS』に出演した際、武幸四郎騎手から
 「もうカンベンしてください」と懇願された東原は「名前いっぱい書いてやりますから!」と逆切れ。
 2ヶ月後の9月9日、武幸四郎は札幌の利尻特別で落馬。検査の結果、全身打撲、左肺挫傷、左肋骨骨折の重傷と判明
☆友人と日本-キューバ戦を観戦。星野JAPAN大事な初戦を落とす。

【後味の悪い話】●東原亜希伝説の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ヘッセの「少年の日の思い出」

12 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/12(火) 21:11:12
既出だろうが、ヘッセの「少年の日の思い出」を。
蝶を採集することを趣味としていた主人公の少年エーミールは
貧しい家庭に育った為に貧相な道具と展示箱しか持っていなかった。
ある日エーミールが自作の標本を近所に住む少年(裕福だがやや陰険な性質)
に得意げに見せると、
その少年は「羽の一部が痛んでいる」「触覚が折れている」などと
細かく欠点をあげつらい、エーミールは意気消沈してしまう。
それからしばらくして件の少年がとても珍しい蝶を捕らえて標本にした、という話が広まり、
エーミールはその蝶の標本を一目見せてもらおうと少年の家を訪れる。
折り悪く少年は留守にしていたが、どうしても蝶が見たかったエーミールは少年の部屋へ忍び込み、
机の上で処理を施されている蝶を発見するが、ここで心に魔が差す。
その蝶をポケットに入れて持ち去ろうとするエーミール。
しかし少年の家を出る寸前で思いとどまり、蝶を元通りに返そうとポケットから取り出すと
見事だった蝶の標本は見る影もなくボロボロになってしまっていた。
無残な標本を机の上に置いて逃げ去るエーミール。
家に戻ってから不自然な挙動を母親に見咎められたエーミールは、結局は母に
自身のした事を告白する羽目になる。話を聞き終えた母親は彼にきちんと詫びるように申し付け、
エーミールは彼の家を訪れて一部始終を話し、謝罪する。
彼はエーミールの話を黙って聞き終えたのち、声に侮蔑を滲ませて
「そうか、つまり君はそういう奴なんだな」と断じる。
エーミールは再度謝り「僕の蝶を全部あげる」と訴えるが、少年は冷ややかに
「君の蝶なんか僕は全部持っている」
「おまけに今日は君がどういう風に蝶を扱っているのか、良く知ることができた」
言葉も無く少年の家を後にするエーミール。その夜、エーミールは自分の大切な
コレクションである蝶の標本を、ひとつ残らず潰して捨ててしまった。……という話。

勿論これはエーミール側に言い訳のしようもない非があるのだが、
主導権を握っている人間に特有の冷徹極まりない言葉の鞭がどーにも厳しい。
主人公は大切な趣味とそれにかけた情熱まで全否定され、しかもそのことへの反論すら許されない状況。
「謝って済んだらry」という言葉をこれほど判り易く伝えてくれるお話は貴重だと思うw

【後味の悪い話】ヘッセの「少年の日の思い出」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】NIGHT HEADの3話FAKE

983 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/12(火) 20:50:30
ひょんなことから深夜バスに乗ることになった超能力を持つ主人公の兄弟。
その乗客の中には「インチキだ」とメディアに叩かれ姿を消した、
ニセ超能力者のミラクルミックも乗っていた。
バスの乗客たちが変装しているミックに気付き、
「インチキ野郎!スプーンを曲げてみせろ!」などと罵倒しはじめるのだが、
それに見かねた主人公は他の乗客に気付かれないように超能力を使い
ミックの持つスプーンを曲げてやる。他の乗客が唖然とする中、戸惑いながらも得意顔のミック。
そこへ「ミックさんって本当の超能力者なんですね・・・僕の体の障害もパワーで治してくれませんか?」
と一人の少年が懇願してくる。
「私は先天的な病気は治せないんだよ」とミックはウソをついて切り抜けようとするが、
「じゃあ俺の後天的な目の病気は治せるのかよ!」と片目を失明したガラの悪い男が絡んでくる。
思わず「ごめん、超能力はウソなんだ。私にはパワーなんてないんだ」と漏らすミックに対し
男とその仲間たちは容赦なくリンチを始める。
やりきれない思いを抱えながらその場を去る兄弟バスから一人の女性が出てきて
「あなたたちが余計なことさえしなければ、あの人は恥をかくだけで済んだのに。
 私だって力を隠して生きているのは辛いのよ」
と告げて立ち去る。無力感に打ちのめされた兄弟をカメラが映してその回は終わり

【後味の悪い話】NIGHT HEADの3話FAKEの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】韓国映画「301 302」

954 名前:1/2 :2008/08/12(火) 16:34:11
韓国映画「301 302」
高級マンションのある一室「301」号室に刑事が訪れる。
応対する301号のスリム美女に刑事は、向かいの「302」号の女が行方不明なんだと言う。
とりあえず部屋にあげ、ちょうど料理してた唐揚げを刑事にご馳走し、
美味そうに食う刑事を薄笑いで見る女。

*****ここから数ヶ月前、301号の女が引越してきた当時にさかのぼる。**********

301号に過食症のデブ女が引越してきた。
彼女はもとは美女だったが結婚して毎日料理を追求しすぎたため夫に鬱陶しがられ浮気され
その愛人からはバイブを送られストレスで過食デブになり
最後は夫の愛犬を鍋にしてしまい離婚してきたのであった。

一方その向かいの「302」号には拒食症のガリ女が住んでいた。
高校時代に母親の再婚相手に何度もレイプされ続け、
しまいには家業の肉屋の冷凍室に入り込みうっかり凍死してしまった少女の解体を手伝わされ、
すっかり食物を受け付けなくなり現在は(なぜか)セックスライターで
稼ぎながら無気力な人生を送っているのであった。

301号は離婚引越して心機一転、スリム美女に戻って人生をやり直そう、
それにはまず健康な食事が大切と考えていた。
また引越時に302のガリを見かけて「不健康ね ついでに食わせて太らせてやろう」と思いつく。

【後味の悪い話】韓国映画「301 302」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】「新・聊斎志異 女郎蜘蛛」

895 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/11(月) 15:35:50
手塚治虫の「新・聊斎志異 女郎蜘蛛」
ヘビが嫌いな間島と、クモが嫌いな本橋とは、
ともに画家を目指す高校の同級生で友達同士だった。
寺娘のユキちゃんを取り合う三角関係でもあったが
仲良く絵に精進して数年たち、そして戦争が始まった。

要領のいい本橋は軍部の命令をきいて戦争画を描いていたが、
間島は「そんなものは描きたくない」と抵抗を続ける。
そんな間島を愛しささえるユキ。
間島はユキにいま描いている「平和のよろこび」という絵を見せる。

これに嫉妬した本橋は間島のことを軍部にチクり、間島が連行され拷問を受けている間に寺でユキに迫る。
が「あなたは卑怯者よ」となじられカッとしユキの首を絞めてしまう。
一方間島は拷問されても言うことを聞かず、本橋の願い通りに軍部に両目に硫酸を垂らされ目を潰されてしまう。

自宅に戻り泣く間島のもとにユキが来た。慰め、「私があなたの目になってあげる」と絵の続きに協力するユキ。
間島は立ち直りユキとともに「平和のよろこび」を再度描き始める。

そんな中、本橋は「間島がまた絵を描いている」と風の噂で聞き不思議に思って間島の家を訪れた。
声をかけ引き戸を開けると中は一面クモの巣だらけ。逃げようとするが大量のクモの巣に襲われ本橋は気がふれる。

とうとう「平和のよろこび」が描き終わりユキに結婚を申し込もうとする間島に
ユキは「寺に来て」とだけ言って去ってしまう。
寺に行き父である住職に話をするとユキは半年前から行方不明だという。
不審に思った間島がふとクモの巣につられて住職と縁の下を見れば
そこにはクモの糸に巻かれたユキの白骨死体があった。終

【後味の悪い話】「新・聊斎志異 女郎蜘蛛」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】高額当選者たちのその後を追いかける

883 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/11(月) 01:48:52
そういえば、去年くらいの7月頃にやってた、宝くじ販促番組で、
一千万円以上の高額当選者たちのその後を追いかけるっていうドキュメントやってたんだけど、
その中の、一千万だか三千万だか、とにかく億には届いてない「高額当選者」の「その後」が
どうにもモヤモヤしてしょうがなかった。
50歳くらいで身寄りのない一人暮らしのその人は
もともと新聞の販売店の社員で、住まいもその販売店の寮だった。
宝くじを買う数日前に猫を拾ってつい会社の寮に連れ込んでしまうが、
寮は当然ペット禁止。このままここでネコを飼っていたら、
寮を追い出されて会社もクビになってしまう…とビクビクしながらも
ネコを捨てる決心も、里親を見つけることも出来ずに数日が経ち、
とうとうネコの存在を管理人に知られて、今月中の立ち退きを勧告されてしまう。
このままじゃホームレス一直線だ…と絶望しかけたその人は、藁をも掴む思いで
たまたま通りかかった宝くじ売り場で、くじを購入。その日は宝くじ販売最終日だった。
間もなく行われた当選発表を祈るように確認したところ、なんとそのクジが本当に当選した!!

…で、その人は心置きなく会社の寮を出て、ついでに新聞販売所も辞職して、
心置きなくネコと暮らせるマンションを購入、ついでに200万円掛けて特注の巨大水槽を作り
高級な熱帯魚を何匹も眺めて過ごす、優雅な暮らしを手に入れたのでした
めでたしめでたし♪

続く

【後味の悪い話】高額当選者たちのその後を追いかけるの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ロト6で3億2千万当てた男

875 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/11(月) 00:09:02
ドラマの「ロト6で3億2千万当てた男」が毎回後味の悪いストーリーだ。
お人好しな駄目リーマンがロト6で1等を当てて大金を手に入れる。
が、他人には言えないし、使い慣れない大金の使い道に困る。
贅沢をしても周囲に諌められるし、投資をすれば失敗する。
さらに、離婚した元妻と子供、元妻の兄、子供の幼稚園の先生など数人に当選を知られてしまう。
「宝くじを当てたら親戚や知人がたかりに来て結局一家離散に」という話を聞いて
警戒していた主人公だが、「幼稚園の催しで赤字が出た」という幼稚園の先生に
数千円を、「仕事上穴埋めしないと首になる」という元妻の兄に800万を貸してしまう。

【後味の悪い話】ロト6で3億2千万当てた男の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】C・イーストウッド主演 白い肌の異常な夜

861 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/10(日) 03:19:05
C・イーストウッド主演 白い肌の異常な夜
南北戦争末期、戦火を避け、女たちだけで隠れ住む女子学院
ある日、この女子学院に1人の傷ついた北軍兵士イーストウッドがたどり着いた。
女だけの学院に男が1人。女たちを虜にしてしまう。

やがて、イーストウッドが1人の女と寝てしまったことから
女たちの嫉妬を買い、怪我をした足を理由をつけて切断されてしまう。

怒り狂うイーストウッドに、女たちは恐れをなし不信感を募らせていく。
そして男に一番なついていた女の子もイーストウッドを嫌いになり
女たち全員がグルになり最後の晩餐に毒茸を調理してイーストウッドに食べさせるのだった。

【後味の悪い話】C・イーストウッド主演 白い肌の異常な夜の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】母のお弁当 

801 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 23:22:12
心優しいナイーブな方の閲覧は控えたほうがよろしいかと思われます。
867 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/11/01(水) 09:15:03 ID:hhdToBUw0
母のお弁当 

高校時代の話
私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそり中身を確認した。
すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし
彩りも悪いし、とても食べられなかった。
家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
中を見ると弁当のことばかり書いていた。
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。

802 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 23:31:42
有名すぎるコピペだけどいつ見ても鬱になるな


関連記事

【後味の悪い話】PSの『恐怖新聞・平成版』

796 名前:1/2 :2008/08/09(土) 17:09:59
PSの『恐怖新聞・平成版』。
登場人物・・主人公:高校生。何の前振りもなく悪霊にとりつかれる
     友人A:同級生(女)グラビアアイドルで主人公に気がある
     友人B:同級生(男)妹がいる
     友人C:同級生(女)Bと友人以上恋人未満
     B妹:オカルトオタで主人公に霊媒師を紹介してくれる
     父:主人公の父で妻とは死別。工場長をやっている
     看護婦:霊のせいで入院した主人公を励ましてくれる

内容・・以下不幸な出来事は全部恐怖新聞の予言→実現(一章以外)という流れ
   序章:主人公、自室にいただけで悪霊にとりつかれる
   一章:友人Aの飛び降り自殺を止める
   二章:同級生4人での旅行先で友人B・Cが橋から飛び降り心中
   三章:友人Aが撮影中首チョンパに
   四章:父の会社が倒産、更に鉄骨が落下し主人公をかばって父死亡
   五章:↑で入院。良くしてくれた看護婦が悪霊の罠(別の霊を操っていた)
      であることが判明
   終章:父の残した日記から、彼も同じ悪霊につかれていた事が判明
      霊媒師に相談するも悪霊に殺されていて八方塞がりの主人公は
      父も行った霊山に行く

【後味の悪い話】PSの『恐怖新聞・平成版』の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】異形コレクションの獣人「蛇」。

794 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 16:29:14
異形コレクションの獣人に収録されてた、「蛇」。
うろ覚えで紹介。
ある病院に、蛇に噛まれたといってきれいな女の子が担ぎ込まれてくる。
その子は痛い痛いというけど、蛇に噛まれた後も見つからず、原因も分らないうちに
女の子の手足、首がはれ上がっていく。けど原因が分らない。

【後味の悪い話】異形コレクションの獣人「蛇」。の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ウルトラセブン17話

775 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 05:50:47
ウルトラセブン17話
原因不明の地震が何度も発生しているエリアの炭鉱で落盤事故
地下1000メートルの作業現場に1人の青年と相棒ネズミの
チュウ吉が閉じ込められた

【後味の悪い話】ウルトラセブン17話 の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】「人体の神秘展」

766 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 00:08:09
数年前に東京国際フォーラムで開催されていた「人体の神秘展」が、
今さらだけれど、後味が悪い。
「人体の神秘展」とは何か…
特殊なプラスチックによって固定された、生前の筋肉や内臓などが保存されている、
本物の解剖人体を、見て触って直観的に勉強できるという趣旨の、
エンターテインメント志向だが、医学的でまじめな展示会であった。
さまざまなメディアで広告され、大きな反響を呼んだ、大成功のイベントだった。
私の周囲の人で見に行った人もいたし、入場券をプレゼントされる機会もあった。

しかし、私は、検体者が全員中国人であるという情報を知ってしまった。
中国人は遺体に執着する民族のはずなのに、なぜ遺体が集まったのか、
疑問に思ってしまった。万が一、死刑囚からの強制的な検体だったら…
その可能性を考えると、、見に行くことができなかった。
東京国際フォーラムの敷地内を毎日通勤で歩いていたから、開催中はずっと気になっていたけれど。
(会場の外からも、リアルなご遺体の写真が見えていた)

最近偶然、自分と同じ疑問を抱いていたひとのサイトを見つけた。
ttp://d.hatena.ne.jp/hagex/20060601/p1
「実物を使った人体標本、法輪功学習者の可能性も」という文面に度肝を抜かれてしまった。
念のために書くと、これは、法輪功の支持母体による憶測であり、
サイト主さんは、全面的に支持しているわけではないそうだ。不確かな情報ということだ。
しかし、検体者の身元が匿名であることと、報道されている中国の人権侵害は、
何か関連性があることを想像させてしまう。
 
まさか、外国の無実の被虐殺者が、この平和な日本で晒しものになるなんて。
そんな可能性は考えたこともなかったので、ショックを受けている。

【後味の悪い話】「人体の神秘展」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】インド初の「代理出産孤児」

756 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/08(金) 15:46:17
日本人がインドの代理母に妊娠させて
生まれる前に両親離婚ってのも酷い話だなぁ
759 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/08(金) 17:27:22
>>756
これか。
ttp://sankei.jp.msn.com/world/asia/080807/asi0808072010004-n1.htm
インドで、日本人夫婦が依頼主の代理母が妊娠⇒出産。
(精子は元夫のもの。卵子提供者は匿名のドナーのもの)

インドでは、代理出産の場合、依頼主夫婦が養子縁組をすることで、
赤ん坊が国外に出ることが認められている。
しかし、出産1ヶ月前に、依頼者夫婦が離婚。母親は引き取りを拒否。

父親が引き取りたいと申し出ているらしいが、インドでは独身男性の養子縁組は
認められておらず、養子縁組が出来ないため国外に出ることも不可能。

…この子、どうなるんだろうなぁ。
インド初の「代理出産孤児」になるかもしれないなんて、確かに後味悪い。

【後味の悪い話】インド初の「代理出産孤児」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】アニメ「夏目友人帳」

753 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/07(木) 23:53:14
このまえのアニメ「夏目友人帳」
れいこは霊能力?が強くて、若かった頃いろいろな妖怪の
名前を集めて「友人帳」に書き留めていた。
名前を書かれた妖怪はれいこの言うことをきかなくてはならない。
れいこが死んだ今、孫の少年・夏目の所に妖怪達が名前を返して欲しいと言ってくる。
ほのぼのとした癒されるストーリーなんだけど。

【後味の悪い話】アニメ「夏目友人帳」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】百鬼夜行抄「人形供養」

746 名前:1/3 :2008/08/07(木) 20:22:12
有名だろうけど後味悪&トラウマな、百鬼夜行抄「人形供養」
主人公は祖父から受け継いだ霊能力と護法の「青嵐」のおかげで
いつも異界の住人達の起こす騒動に巻き込まれる青年・律。

律の従姉の晶もまた、多少の霊力があり、大学では霊能力者として有名だ。
そんな晶に「うちに来て欲しい」と、奈々江という女子学生が強引なまでに食い下がってくる。
晶は拝み屋じゃないから、と断るのだが、もみ合っているうちに奈々江に軽い怪我をさせてしまい、
仕方なく晶は奈々江の車を運転して奈々江の家まで送っていく。

奈々江の家はごく普通の家だった。
祖父、両親、姉・依子、兄・聖人、奈々江の6人家族だという。
だが、奈々江は家族に違和感を感じていた。見た目は奈々江の家族だが、中身は別人。
まるで人形が家族ごっこをしているように感じるのだという。
そこへ律の家の車が来た。晶がこっそり迎えを頼んでいたのだ。
ところが、車を降りた律に向かって奈々江の家の車が急に動き出した。
何とかよけたものの、律は捻挫してしまう。
病院へ行こうと晶が電話をとると、奈々江は電話線を切って「帰らないでくれ」と懇願する。
こうして晶と律はその家から出られなくなってしまった。

同じころ、「聖人に会わせろ」と青年が訪ねてくる。
青年は奈々江の従兄の宏だというが、奈々江は覚えていない。最後にあったのは15年前だという。
そこに奈々江の祖父と両親が帰ってくるが、3人とも宏の挨拶をにこやかに無視する。

晶に支えられてトイレに立った律は、家の中に蔵を発見する。
蔵の中には不気味な和風の人形が1体、首つり状態でぶら下げられ、
他に6体の似たような人形が箱に入れて置いてあった。

【後味の悪い話】百鬼夜行抄「人形供養」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】秘密


704 名前:秘密2008 1/3 :2008/08/06(水) 23:38:31
秘密の最新刊(5巻)が相変わらず後味悪かった。
本編は2つの別々の事件が絡んでいるのだけれど、
両方のあらすじを書こうとすると複雑すぎて混乱するので、自分的に後味悪い方だけに絞って。

前提設定:近未来、死者の脳を取り出し、電気刺激を与えることで活性化し、
その脳の視覚記憶を再生・記録する技術(MRIスキャナー)ができ、
犯罪捜査に応用する試みが始まっている。
主人公達は、警視庁科学警察研究所法医第九研究室でMRI捜査に携わっている。

末期がんで死の床にある男が、病床に牧師を呼んで
「60年前に子供を誘拐して殺し、埋めた」と懺悔をした。もちろん、すでに時効である。
男は警察による取調べにも正直に応じ、男の告白した場所から死蝋化した死体が出てきた。
脳の腐敗が進行すると使えないMRIではあるが、腐敗とは異なる死蝋化した脳からの視覚記憶の再生に成功する。

60年前に行方不明になった子供の母親(すでに95歳の老女)は、
死蝋化した子供の脳の視覚記憶を自分の目で見ることを希望する。
「守秘義務を守ること」「いかなる映像を見ても、それについて訴訟・抗議行動を起こさないこと」等の
条項のある同意書にサインをして、看護婦が常時血圧を監視する状態で、子供の脳の視覚記憶の再生が始まる。

【後味の悪い話】秘密の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ロッド・サーリング「真夜中の太陽」

697 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/06(水) 21:35:46
ちょっとお尋ねしたいんだが8年程前に読んだ本が思い出せない
唯一覚えてる内容は異常気象で気温がめっちゃ上昇する
それをキャスターが「道路で目玉焼きができるでしょう!」みたいな感じで
基地外っぽく報道する って感じのやつなんだが
シリーズ物の短編集で後味が悪い話が満載だったと思う
中学校にあったやつだから児童書なのかな 今物凄く読みたくて仕方ない
知ってる人いたら教えてください

【後味の悪い話】ロッド・サーリング「真夜中の太陽」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】松本清張「寝敷き」

658 名前:松本清張「寝敷き」1 :2008/08/06(水) 16:51:08
男は若いペンキ屋。身体が不自由になった父の跡を継ぎ、仕事は割と繁盛している。
男には密かな楽しみがあった。
高いところで作業をするため、他人の情事を覗き見ることがあるのだ。
昂ぶりを風俗で発散させたり自分でおさめたり、睡眠薬で紛らわせたりする日々、
覗き話を職人仲間でしているうちに、その種類の話に食いついてくる女がいることを知る。
やがて猥談をコマのひとつに仕事先で女を食うようになる男。
映画館主の女房もそのひとりだった。
情事は二度だけだったが、その家に下宿していた姪に目撃されてしまう。
仕事を終え、女房とも切れたあと、姪と関係を持つ男。
姪もまた叔母と彼の情交の痕跡に興奮を覚えていたのだった。

【後味の悪い話】松本清張「寝敷き」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】水木しげるの「暑い日」

630 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/06(水) 00:40:05
水木しげるの「暑い日」
蒸し暑い夜だったので主人公水木しげるが散歩に出かけるとどこからか奇妙な音が・・・
音の出所は石屋で石屋では主人が墓石を作っていて
墓石にはなんと自分の名前と死ぬ日が書かれている。
水木は石屋に入り墓石を注文した覚えは無いと主人に言う。
すると名前はなんの気なしにやったものでこの墓石は展覧会のために作った物であると言った。

【後味の悪い話】水木しげるの「暑い日」 の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】精神障害者相手であっても正当防衛は成立する

623 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/05(火) 23:53:56
702:おさかなくわえた名無しさん 2008/08/04(月) 05:19:37 ID:kjay6r+P
迷惑池沼に何かされた時(特に暴力・痴漢行為)
とっさに引っ叩くなり殴るなりして、毎度の事ながら飼い主が

「うちの子は障害があるのよフジコー!」とかってファビョった際、

「一目見て障害かどうかなんか分かる訳ないでしょ!
 薬物中毒者か発狂したかと思ったし、何より無我夢中だったんだよ!!」
という風に返したらどうなるのかな?

【後味の悪い話】精神障害者相手であっても正当防衛は成立するの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話星新一の短編「別れの夢」】

772 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 02:55:16
星新一の短編「別れの夢」
主人公の夢の中に、親友が現れる。
夢の中で彼は、寂しげに主人公に別れを告げて去っていく。
ハッと目が覚めた主人公は、これは親友が死んでしまったのかと気になり、彼の家を訪ねる。
あいにく親友は出張のため留守で、奥さんが対応してくれたがさっきも電話で話したとのこと。

それじゃああれは何だったのか、
やけに真に迫った夢だったが…と帰り道に考えていると唐突にその理由が分かる。
やはりあれは別れを告げる夢だったのだ。

その瞬間、主人公は急に飛び出してきた車に撥ねられて地面に転がった…

【後味の悪い話星新一の短編「別れの夢」】の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】相手より社会的に成功していた方が 彼女と結婚できるという勝負

608 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/05(火) 17:28:49
星新一の短編から
2人の男AとBが1人の女を巡って争っている。
2人とも若く、なかなかのハンサムで、資産も同じ程度。
条件がほとんど互角なので、2人は三年後に相手より社会的に成功していた方が
彼女と結婚できるという勝負をすることになる。
彼女もどうせならそっちのほうが良いと同意する。

三年後、Aはひたすら働いて金を貯め、それを投資に回してかなりの財産を作っていた。
一方でBは、Aよりも稼いでいたのに途中で事故に遭い、入院したためにAに遅れをとった。
B「負けたよ。約束どおり彼女と結婚できるのはお前だ」
A「いや、俺が勝てたのは運だ。実力で彼女を勝ち取ったわけじゃない。もう一度勝負だ!」
彼女も同意し、勝負はまた三年後に持ち越しになった。

そして三年後、BはAを追い越し、A以上の財産を築いていた。
A「負けたよ。やはりお前のほうが金儲けの才能がある。約束どおり彼女と結婚するといい」
B「いや、前回俺は負けていたはずなのにもう一度チャンスを貰った。このままじゃ不公平だ」
こうして勝負はさらに三年後に持ち越しとなった。
しかしAもBも、そして彼女も三年後となるともう若くはない。

A「ところでどうだろう?次回の勝負はルールを変えて、負けたほうが彼女と結婚するというのは…」

【後味の悪い話】相手より社会的に成功していた方が  彼女と結婚できるという勝負の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】百物語から「地獄に呑まれた話」

600 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/05(火) 15:23:23
江戸時代を舞台にした杉浦日向子の漫画、百物語から「地獄に呑まれた話」
熱湯が湧き、池のように溜まっている地獄谷という場所に通りかかった旅の父子。
たわむれにそこの熱湯に指を入れた父が、池につけていると平気なのに引き抜くと
火傷のように熱いという状態になる。
段々つかる部分が多くなり、抜けだせなくなっていく父。
どうすることもできない子供はただ泣き、異常に気付いた旅の僧が手を貸す頃には
父は熱湯池に首までつかり、にこにこ笑うだけになっていた。
「その有り様余りに惨き事とて」
気がふれた父を置いて、子供は僧に連れられその場を去る。

【後味の悪い話】百物語から「地獄に呑まれた話」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】「やってない」と聴取中に窓から外へ→首に鉄柵刺さり死亡…愛知

563 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/04(月) 21:13:13
痴漢見つけた」と海水浴場で痴漢の疑いかけられた男性、
「やってない」と聴取中に窓から外へ→首に鉄柵刺さり死亡…愛知
ttp://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080804052.html

後味悪すぎ。
女は、自分の発言がどれ程の破壊力を持つか知るべき。
今年こそ海に行く予定だったけど行くの辞める。

【後味の悪い話】「やってない」と聴取中に窓から外へ→首に鉄柵刺さり死亡…愛知の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】私の兄弟が等質なの苦にして、母が自殺

545 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/04(月) 13:14:14
208 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2008/07/21(月) 12:54:23 0
私の兄弟が等質なの苦にして、母が自殺。父は元からいない。
その後、兄弟と2人暮らしになった。
お葬式とその後のことが済んだ後さ、等質が私に食事出せって言ったんだ。
なんで私がお前に食事を与えたり、そもそもお前の食費負担すると思うの。
誰のせいでお母さんは死んだのって言ったら、騒ぐ騒ぐ。

そんなの相手してるほど暇じゃないし、食べるものは自分の年金で買えばいい。
それでも家においてやって光熱費まで出してるんだから、
あんたは何も偉いことはないし、私の世話になってるんだから
私に毎日頭下げて暮らすのが当たり前なんだよと毎日、毎日、毎日言い聞かせること三ヶ月。

幻聴や幻覚、近所が監視云々の話を始めたら
「あんたの妄想以外の何者でもない!基地外はお前一人じゃ!その話は聞かない!」
と必ず言い聞かせた。

そしたらある日、私が帰ってくるまで待って「首を吊る!」って騒ぐ。

ほんとに吊る気あるなら、私に構ってもらおうとか甘えられても
相手する筋合いに無いから、いますぐ吊れ。といったら
外へ賭けだしたから放置。
近所で迷惑を掛けたので、引きずっていって土下座させて謝らせた。
家でまた暴れた。

ある日、首を吊ると騒いだから、私に甘えて構ってちゃんなんだね、
うんよく分かった。じゃあ吊りなさいと言ったら首を吊った。

動かなくなって一時間ほど待ってから警察呼んだ。

私は人の心は失ったが、生活は取り戻しました。

【後味の悪い話】私の兄弟が等質なの苦にして、母が自殺の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】S・キングの「痩せ行く男」

531 名前:1/3 :2008/08/04(月) 01:55:28
S・キングの「痩せ行く男」
やり手弁護士のハリックには優しい妻と中学生の娘がいて幸せな日々を送っている。
ある日、妻と2人で車で買い物に出かけた帰り、突然妻が車中でオーラルセックスをしようと
ハリックのチャックを下ろし始め、びっくりした彼は
運転を誤って前方を歩いていたジプシーの老婆を轢いてしまう。

ハリックは司法の手にゆだねられる事になったが、警察署長も裁判官も彼の友達で、
おまけに彼は町の名士でもあったため、老婆が物陰からハリックの車目掛けて
飛び込んで来たかのように証拠を捏造され、ハリックは無罪を勝ち取る。
しょせん、旅回りのよそ者であるジプシーと、
町の名士で金持ち弁護士とではこれほどまでも扱いが違うのだった。めでたしめでたし。

と思いきや、裁判所を出てくるハリックの目の前に死亡した老婆の夫かと思われる老人が現れ、
肩にポンと手を置いて耳元で囁いた。「痩せていく・・・」と。

老人はそのまま行ってしまい、ハリックは何のことだか分からなかったが、
やがて理由も無くどんどん体重が減って行くことに気がつく。
彼は太りすぎで医者からさんざん注意を受けていたにも関わらず、すぐに理想的な体重になり、
やがて痩せすぎと言われるほどスリムになった。

【後味の悪い話】S・キングの「痩せ行く男」の続きを読む
関連記事


アクセスランキング ブログパーツ