月別アーカイブ  [ 2017年02月 ] 

≪ 前月 |  2017年02月  | 翌月 ≫

【後味の悪い話】「馬喰八十八」

449 名前:後味の悪い昔話 「馬喰八十八」 投稿日:2008/05/24(土) 18:39:23
昔々、あるところに八十八(やそはち)という名の貧しい馬喰(馬商人)がおりました。
貧乏なので馬商人のくせに、たった一頭のやせ馬しか飼っておりませんでした。
ところが隣に住む長者どんの家には、48匹もの立派な馬が飼われておりました。
八十八は、ぜひとも隣の長者どんのような立派な馬を曳いて道を歩いてみたいものだと思い、
隣の長者どんに頼みました。
「ダンナ様や。明日の馬市に立派な馬を挽いて行きたいすけ、馬ぁ明日一日貸してくれねぇヴえか?」
長者どんは
「お前がこの馬を『隣の長者様の馬だ』と言って町中ふれ回るならば、貸してやっても良いぞ。」
そこで八十八は48匹すべて馬を借り受けて、翌日馬市に行きました。
八十八が体格も毛並みも見事な馬を連ね、
最後に自身のやせ馬を繋いで道を歩いていると、知り合いのものが驚いて誉めそやします。
「八十八ぁ、こげな立派な馬どこで買ってきた?」
八十八は口から出任せに
「なぁに。 となりの長者がバカだすけ、みんな俺に売ったのさ。しんがりのやせ馬ばかりが長者の馬だ。」

馬市の様子をこっそり見に行った隣の長者どんは八十八がデマを流したことに怒り、
すぐさま村へ帰えり、やがて馬を連ねて戻ってきた八十八に
「この野郎よくも町でボガ(うそ)流しやがって、俺に恥かかせて。この返報はこうだ!」
と叫ぶが早いか、巨大な斧を振りかざし、八十八のやせ馬をぶった切りにして殺してしまいました。

馬を殺された八十八はひとりきり泣いた後、せめて皮でも剥いで、町に行って売ろうと
皮を剥ぎ取りました。
そして翌日、馬の皮を背負って町へ向かいました。

続く

【後味の悪い話】「馬喰八十八」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/20 22:37 ] 小説 | TB(0) | CM(2)

【後味の悪い話】田村亮子に続け

440 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/24(土) 09:47:26
もう10年くらい前だが、テレビで「田村亮子に続け」みたいな感じで天才柔道少女を
決めようというのがあって、10歳未満の小さい子たちの大会を開いていた。
その親どもの中のひとりに「自分の柔道への夢を娘に託した(別に自分は大成してない)」
というのがいたんだが、小さな娘は明らかに嫌々柔道やってた。
で、そういう親父だから試合に負けると「なにやってんだ馬鹿野郎!」とか怒鳴りまくる。

気持ち悪かったのは、馬鹿親なりに力を発揮させようというのか、次の試合の直前になると
ニヤニヤして「さあ、次の試合だ。泣くな。がんばろうな」とかって肩に手を置くの。
いくら子供だからってそんなん騙されるか。切り替えられるか。阿呆かと。
あの娘がいまどうなっているのか気になってしまう。

関連記事
[ 2017/02/20 21:37 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】チンパンジー

434 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/24(土) 00:29:57
チンパンジーは素で後味悪い。
よくTVなどで見かける芸をするチンパンジーは、子供。
寿命が約60年近くあるチンパンジーの2歳児位を親から引き離して芸を仕込む。これが使えるのは大体7歳くらいまで。
それ以上成長すると、大きくなりすぎて力も強いので、調教が不可能になる。
その後保護施設に引き取られるのはましな方で、動物実験に払い下げられたり、
動物園とは名ばかりの、見世物小屋みたいな所に売り払われる。

【後味の悪い話】チンパンジーの続きを読む
関連記事
[ 2017/02/20 20:37 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】アンパンマン「ドド」

428 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/23(金) 22:32:04
なんか、古いアンパンマンのビデオを見てたらあった話。
アンパンマンはジャムおじさんから「ドド」という絶滅しかけている珍しい鳥の話を聞く。
それを聞いたアンパンマンはそのドドに会ってみたいと思うようになった。
ある日、パトロール中にばいきんまんに襲われ、ある島まで吹っ飛ばされてしまう。
その島でアンパンマンは岩に脚が挟まってしまい、動けなくなっていたドドと出会う。
アンパンマンはドドを助け、そのお礼にドドのひみつの場所へと連れて行ってもらう。
そこでお昼寝をしたりと楽しく時を過ごす。
日が暮れ、ドドはアンパンマンを自分の家へと連れて行く。そこにはドドの両親もいた。
すっかり仲良くなったアンパンマンとドド一家だったが、そこに再びばいきんまんが現れる。
ばいきんまんのマシンに捕まってしまうアンパンマン。
ドド一家はアンパンマンを助けるために、空に向かって大声で鳴き始める。
すると島の火山が噴火し、溶岩や岩石が降り注ぎ、島は燃えながら沈んでいく。
驚いたばいきんまんは逃げ出してしまう。
アンパンマンはドド一家を連れて一緒に逃げようとするがどこにも見つからず、島は海の底へと沈んでしまった・・・。

【後味の悪い話】アンパンマン「ドド」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/20 19:37 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】清原なつの「銀色のクリメーヌ」

421 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/23(金) 21:35:19
すごく前に友だちの家で読んだ少女マンガ。なんか急に思い出したので書いてみる。
といっても、作者もタイトルも覚えてないんだけど…
ふつーに可愛らしい、いかにも少女マンガらしいふわふわした可愛い感じの絵柄だったのに
ラストシーンのシビアさとのギャップが衝撃的だった。
オンディーヌとか、キャンディーヌとか、そんな感じの名前を付けられたメスのチンパンジーの話。
生まれた頃から人間(若いイケメン博士)に育てられたので、自分を人間の少女と思ってる。
実際、マンガの中でもチンパンジーはずっとヒラヒラのドレス来た人間の女の子の姿で描写される。
イケメン博士はオンディーヌ(仮)に手話を教えて、
チンパンジーの人間とのコミュニケーション能力についての研究をしている。

【後味の悪い話】清原なつの「銀色のクリメーヌ」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/20 18:37 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】はなくそを食べる田端さん

408 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/23(金) 16:27:25
はなくそをほじっても当時はティッシュを持ち歩いておらず学級机の裏側につけておく癖があった
ある学期末の大掃除に机を裏返して拭くときに、先生が絶叫。
机の裏は茶色くパリパリになったものでいっぱいになっていた。
机はごちゃまぜになっていて誰のものかわからなかった。
当時はなくそを食べる田端さんがいたので、
その人が溜め込んで食べていると噂が広がって私は難を逃れた。

【後味の悪い話】はなくそを食べる田端さんの続きを読む
関連記事
[ 2017/02/19 22:17 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】三原順「Self Murder Series」

399 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/23(金) 10:33:57
三原順の後味悪いでは「Self Murder Series」がけっこう来る。
離婚した中年男性。会社での立場は微妙。
最近企画が当たったおかげで今のところは順調だが、これが長続きしないことは自覚している。
一人息子が夏休みに帰っきており、一緒に釣りに行こうなどと計画していたが、
今まで何度も仕事の都合で家族行事を潰してきたので、息子の方は友達と過ごす予定だとはなから相手にしない。
友達とキャンプに行く準備をする息子に
「なあ、もし私がお前と……愛することの素晴らしさや……
 信頼することの尊さ……誠実であるべき道義上の問題……
 そういうことをお前と話したいと言ったら……」
と語りかけ、そこで言葉に詰まった男に息子は
「気でも狂れたの?」

主人公は医者から癌の宣告をされ、自分の寿命が長くないことを知っており、
せめて今まで貯めたお金を使い果たす前に息子に残してやろうと、自殺の計画を立てていた。
かつて野心家でいつかこの会社のトップに上り詰めるつもりで居た
当時の自分へのオマージュとして、
重役達のオフィスが在る23階から飛び降りようと、非常階段を上っていた。
やっと21階だ。後2階昇ったらと言うところで、胸の痛みでうずくまる。
「藪医者め、心臓が悪いなんて一言もいってなかったじゃないか待ってくれ、まだ今は21階の……」
中途半端は場所で主人公は息を引き取った。

【後味の悪い話】三原順「Self Murder Series」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/19 21:17 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ある結婚詐欺師の男

392 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/23(金) 07:47:02
ある結婚詐欺師の男がいた。
若くてハンサムで口も上手く、気品もあるので、多くの女性を騙して一財産築くことができた。
今度のターゲットA子は、不細工だが相当な資産を持っており、この女から巻き上げたら
しばらく遊んで暮らそうと思っていたが、ガードが固くてなかなか思うようにいかない。

【後味の悪い話】ある結婚詐欺師の男の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/19 20:17 ] ('A`) | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】庭りか『銭鬼』

382 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/23(金) 04:56:33
庭りかの漫画『銭鬼』
善子はブスでデブで愛想も愛嬌もない女。
両親が高校時代に亡くなり高校を中退してから
安い賃金のパートやアルバイトを重ね金を貯めた。

そして清掃婦として勤めている会社の上司やOLたちに金を貸し金利で儲けていた。
だが返済が遅れると、貸した相手が一番借金をしている事を知られたくない相手に取り立てに行く為、
善子に家庭や縁談を壊され恨んでいる者もいた。

ある日、上司として配属された美代子。
美代子は何かと善子を気遣い、なんとか皆と馴染ませようと努力をしたり
金貸しなんかしていると危険な目に合う心配もある、
お金よりも大切な物がアナタにもきっとある、と善子を説得する。

【後味の悪い話】庭りか『銭鬼』の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/19 19:17 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】平山夢明「東京伝説」

380 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/23(金) 03:41:06
平山夢明の「東京伝説」でも似たのがあったね
語り手の友人Aの、大学時代の友人(♀)の話。
異性の前では媚を売るので男に不自由せず、財布や足代わりに巧く使い分けているが
同性からは嫌われている友人。彼女がある日からぱったり講義に出てこなくなった。
Aが心配してアパートを訪ねると具合が悪いという。胸元には爛れたような小さな傷があった。
「金属アレルギーになったみたい」
彼女がずっとつけていたのは、緑色の美しい光を放つ小さな石のついたネックレス。
半年ほど前に外人がやっていた原宿の屋台で見つけ、財布代わりの男に買わせたものだという。

【後味の悪い話】平山夢明「東京伝説」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/19 18:17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】三原順「X Day」

374 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/23(金) 01:17:51
昔読んだ漫画。
三原順かも?かなりうろおぼえ。
白人の国(国名不明)にいる、幼い兄妹(←脇役)
いつもぬいぐるみを抱える妹が、ある日キレイなかけらを拾う。
兄は妹のヌイグルミの首のリボンかどこかに、かけらを付けてあげる。
しばらく後、妹は体を壊し寝たきりに。
そのかけらは放射能タップリの、人工衛星の破片だったらしい?
一家全滅に近いことになっていたような。
ストーリーの中の一エピソードで、もしかしてコミックスだと削られたかも。
探しても見つからない。

【後味の悪い話】三原順「X Day」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/18 22:17 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】なかのゆみの漫画

352 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/22(木) 18:53:31
5年ほど前に読んだなかのゆみの漫画
主人公の少女が中学生の時に母親が再婚する。義父は中学の教師で先妻との間に娘が一人居た。
母は横暴な性格の義父が好きではなかったが生活の為に再婚した。
義父と連れ子は母の真意を見抜いており、母子は無給の使用人としてこき使われた。
義父の連れ子は私立高校に、少女は公立女子高校に進学する。
進学した高校の同級生には、義父の元教え子であった遊び人グループが含まれていた。
義父は教えべたの上に、優等生は贔屓しそれ以外は屑扱いという駄目教師であった。
当然成績も素行も良くない遊び人グループは義父に虐められていた。
因にこのグループかなりの悪で彼氏は暴走族、痴漢の示談金詐欺を行っていた。
「あいつの娘で小遣い稼ぎしてやろうよ」
「良いね、私の彼氏の暴走族仲間の売ろうよ。処女っぽいし10万くらいで売れるんじゃない?』
少女は騙されて呼び出されたところを、3人の暴走族に強姦されてしまう。
後に彼女達の犯行だとわかるが遊び人グループは平気な顔をしており、家でも義姉と義父からのメイド扱いは続く。
やけになった少女は大学進学後、男遊びを始める。2年目の冬に乱れた性生活がたたって子宮がんを煩ってしまう。
実家に帰り自分の病気、そして自分が義父のせいでレイプされたことを告白し、家を出て行く主人公。
真実を知った母は離婚届を出して娘の後を追う。
自分が娘の人生を狂わせたことを知った義父も心を入れ替えこれからは親子を支えると約束する。
いや、badendでは無いけどさ・・・遊び人グループ咎めなしかい?

【後味の悪い話】なかのゆみの漫画の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/18 21:17 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】長年の経験から

335 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/22(木) 15:23:07
(多分)星新一の短編から
海上で小さなボートの上から釣りをしている男が、古い壷を釣り上げる。
中を覗き込んでみると悪魔が出てきた。

「久しぶりに出てこられた。ありがとうございます。お礼にタダで願いを一つ叶えましょう」

何か言おうとする男を悪魔は制し、

【後味の悪い話】長年の経験からの続きを読む
関連記事
[ 2017/02/18 20:17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】少年グリエ

325 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/22(木) 10:29:27
じゃあ、エロアニメの話だけど。
病弱で身よりもいない友人(♂)の学費を免除してもらうため、
通っている高校の学長のDQN息子に慰み者にされる毎日を送っている女子高生。
DQN息子のいたぶりはだんだんエスカレートし、逆らえない女子高生の心はだんだん壊れていく。
ある日、DQN息子は女子高生が思いを寄せているその病弱な友人を、
いつもの逢い引き場所に呼び出して(女子高生には内緒)二人の行為を見せつけてやろうと画策する。
その同じ日、これまでの仕打ちに耐えかねた女子高生は、いつもの場所に
DQN息子が入っていくのを見届けると、外から扉に鍵を掛け、ガソリンを撒いて火をつける。

でも彼女は知らなかった、そこにはDQN息子だけでなく、彼に呼び出されていた友人もいたことを。
いつもの待ち合わせ場所で一人、彼女は待ち続ける。
「これからはずっと一緒にいられるよ、(友人)君・・・・」

・・・・・書いてみたらたいしたことねぇなw

【後味の悪い話】少年グリエの続きを読む
関連記事
[ 2017/02/18 19:17 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ああ、あの男は恋をしているのだ――

276 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/21(水) 13:23:52
キングの短編ならこの話が好き。
所々(愛しい人の名前とか)うろ覚えだけど
浮かれた足取りで花束をもった男が町をあるいている。
男を見て町の人々は思う。
ああ、あの男は恋をしているのだ――
町の人々に冷やかされたり、励まされたりして照れ笑いを浮かべながら、男は愛しい人のもとへと向かう。
町外れで、男は愛しい人の姿を見つけ、花束を差し出しながら言う。
「やあ、愛しいキャサリン」

【後味の悪い話】ああ、あの男は恋をしているのだ―― の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/17 22:03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ミルクマン

258 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/20(火) 16:40:52
スケルトン・クルーといえば「ミルクマン」も意味がわからなくて後味悪い。
文字通り牛乳配達の男が主人公。
早朝、牛乳配達人が各家庭に牛乳や乳製品などを配達する。
何か欲しい場合は家の前にメモを出しているんだけど、そのメモの書き方が丁寧なモノには
ちゃんとしたミルクやクリームなどを配達し、
簡潔に書いてあったりぞんざいな書き方をしているものにはビンに毒ガスや毒グモを詰めたものを配達する。

最後は朝、起き出して朝日と青空を見上げてにっこりする子供を見つめて引き上げていく・・・

【後味の悪い話】ミルクマンの続きを読む
関連記事
[ 2017/02/17 21:03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】阿刀田高「来訪者」

241 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/19(月) 17:50:31
作者もタイトルも忘れた短編。タイトル確か「侵入者」とかそんな感じ。
主人公A子は裕福な家で育ち、夫も一流企業、何不自由なく暮らす今で言うセレブ妻。
出産で入院し、多少不安になっている時、その病院で働く掃除婦B子と出会う。
B子の娘は同じ病院に入院し、出産予定日も同じだというので話があい、
部屋に掃除をしに来た時、よく話すようになった。
B子の家は母子家庭で、生まれつき傲慢なA子は心の中で
「こんな家に生れ、こんな母がゴミにまみれて仕事をする家で育った娘と、
裕福で立派な両親に育てられた私とは違う」と思っていた。
退院し、赤ちゃん用に改築した豪華な部屋、素晴らしい家具に囲まれ、
優雅に育児を始めるA子だったが、B子が頻繁に訪ねてくるようになった。

【後味の悪い話】阿刀田高「来訪者」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/17 20:03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】のユニバーサル・スタジオで見た『ウィケッド』

197 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/18(日) 22:20:10
テーマパークのユニバーサル・スタジオで見た『ウィケッド』」ってショーが、
思いがけず掘り出し物だったんだけど(後味悪いという意味で)、
書いていい?
かなりな長文になるから、一応断っとく。

【後味の悪い話】のユニバーサル・スタジオで見た『ウィケッド』の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/17 19:08 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(2)

【後味の悪い話】母親を連れて行け、俺を連れて行くな!

277 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/21(水) 14:09:39
じゃ俺もキングを。
ある学生の元に、母親が脳溢血で倒れたとの知らせが入る。
危険な状態は脱したらしいが、母の事を心配する学生は
住んでいる寮から母親の元まで、一人でヒッチハイクする事にする。

【後味の悪い話】母親を連れて行け、俺を連れて行くな!の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/17 18:18 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】映画「ミスト」

189 名前:1/3 投稿日:2008/05/18(日) 20:00:04
この間見た映画の「ミスト」が後味悪かった。
アメリカのある地方が舞台。幼い息子を連れてスーパーマーケットへ買い物に来た主人公。
前夜嵐に見舞われた為、店内は食料の買い込みに訪れた多くの住民でごった返している。
そこへ唐突に顔から血を流す男が飛び込んでくる。「霧の中の何かに襲われた…」そう男は言う。
店の外にはいつの間にか濃い霧が立ち込め、見通しが利かない。前日の嵐の為か、
電話や無線も一切使えない状況の中、人々は見えない恐怖に徐々に苛まれていく。

一人目の犠牲者は店員の若者だった。
主人公の制止を聞かず、倉庫の発電機を直そうと外に出ようとした所を霧の中から伸びた
「何か」に食われたのだ。主人公他、それを目撃した何人かは店内の人々に警告を発するが、
聞く耳を持たない者、狂信的な妄想を口にする者などにより内部分裂が起こり、人々の溝は徐々に深まっていく。

【後味の悪い話】映画「ミスト」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/15 22:20 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】おじゃる丸

181 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/18(日) 13:56:32
この間見たおじゃる丸が後味悪かった
自由に歩けて言葉もしゃべれる植物の妖精(見た目まんま植物)が
道路の真ん中で小さい芽を見つける
アスファルトを盛り上げて成長しようとする芽に「お前すごいな根性あるな」と妖精は大感激。
毎日「頑張れしっかり生えろ」と応援する
やがて芽はアスファルトを完全に押し上げる。喜ぶ妖精
しかし芽が盛り上げたアスファルトにご町内の親切な老人がつまづき転んでしまう
「これはいけません。子供達が転んでケガをするかもしれません」と呟く老人
場面変わって妖精は日課になった芽の成長を見ようと、今日もウキウキと芽の元へ向かう
今日もたくましく成長しているアスファルトから生えた芽を見て顔を輝かせる妖精
その時後ろから大きな音が。驚いて振り向くとロードローラーがこちらに向かってくる
ロードローラーは盛り上がった道路の上にアスファルトをぶちまけその上を通る
「盛り上がりもなくなってこれで子供達も安心です」運転席にいたのはあの老人だった
完全に平面になった道路を見て、涙目の妖精のアップで終了

【後味の悪い話】おじゃる丸の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/15 21:20 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】汐の声

173 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/17(土) 23:31:27
汐の声
「高校生霊能者」の女の子が、テレビ番組の収録で「幽霊屋敷」ドキュメント番組みたいのに出演する。
共演にババア・ジジイの霊能者がいる。

女の子は、本当は自分の霊能力をたいして信じていない。
「ママが…」で所謂ステージママの力でやってる。気が弱い子。
テレビスタッフ・ジジババ霊能者からは「エセ霊能者」と思われている。

その幽霊屋敷で、女の子は本当に霊を感じてしまう。
しかしジジババ霊能者はなにも感じないから
局スタッフも「またあんなこと言って気を引こうとして」くらいにしか思わない。

誰にも信じてくれないまま追いつめられる女の子。
最期に風呂場で顔はオバサン体系は幼女のコビト女に襲われる「おまえは、わたしだ」。

その家には、数十年前に子役タレントで活躍したが、
ステージママが劇薬を盛ったせいでそのまま成長しなくなった子が住んでいた。
そしてその子はコビト女になりある日ステージママを絞殺した。その呪いがその家にはあった。

風呂場で不審死していた、エセ霊能者と呼ばれた女の子。
その女の子の霊は永遠に子役タレントの霊に追いかけられる続ける。

【後味の悪い話】汐の声の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/15 20:20 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「時じくの香の木の実」

167 名前:1/3 投稿日:2008/05/17(土) 22:02:07
山岸涼子の短編も後味悪い話満載だわな。
「時じくの香の木の実」(文春文庫「夜叉御前」収録)も後味が悪い。

ある一族に生まれた女の子が主人公。
女の子には兄と、腹違いで2ヶ月早く生まれた異母姉がいる。
同い歳の姉妹は、一族のしきたりに従って妹が8歳になった日に、
ある実を食べさせられる。この実を食べると、二人のうちどちらかが
永遠に歳をとらない者になるのだというその実を食べた結果、激痛に襲われた姉妹。
妹が気がつくと痛みは去っていたが聴覚を失っており、姉は布団で紫色の顔で臥せっていた。
自分は姉に勝利し、一族の巫女になったのだと知る妹。

以来、父・兄をはじめとした一族の者は、妹に様々な捧げ物と一緒に、
様々な相談ごとを手紙に書いて持ってくるようになる。
不老となった妹は不思議な力で未来を見通し一族を導いていくが、
その能力は年とともに成長していく姉の状態によって左右されてしまう。
妹が大好きな兄の結婚についての宣託も、姉が生理で床についていたために伝えることができず、
兄は不幸をもたらす女と結婚してしまう。

【後味の悪い話】「時じくの香の木の実」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/15 19:20 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

犬を飼うなら基本の手入れくらいしてください

119 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/16(金) 16:07:41
犬猫板からのコピペ
421 名前:ワンニャン[] 投稿日:2008/05/14(水) 00:09:34 ID:TIBiQO2a
トリミングをやってる店に勤める者ですが。。。
最近犬を預けて取りに来ず捨てる人が後を絶ちません。
今、パグ3匹、ダックス2匹、ポメ一匹、MIX1匹、
プードル2匹、チワワ2匹、パピヨン1匹、ミニピン1匹。

犬の十戒を読んで欲しいです。
飼う前にちゃんと考えて買って欲しいです。
捨てられた犬達はストレスで下痢したり、失明したり、体中ハゲたり可哀想です。
保健所に連れて行くのは罪悪感あるから店に預けてにげるのですか?
ほんとうにいいかげんにしてほしい。
この前は店に来店したお客さんに
「長期では飼えないから2年契約とかで2年たったら犬を返すとかできないの?」って聞かれました。
意味がわかりません。どういう心境で言ってるんですか?犬は物ではないです。
感情もあります。飼い主の事もわかってます。捨てられたって事も分かります。
ご飯も水も飲まなくなって病院に入院した子も居ます。
そういう現実もあるのです。ちゃんと環境も病気も全て完璧だという状態で飼って欲しいです。

ちなみに犬を飼うなら基本の手入れくらいしてください。
人間も一日一回は髪をとかすでしょう?
プードル、シーズー、マルチーズなど毛が伸びる犬を飼ったら毛玉だらけで放置しないでください。
3日に一回でもいいです、ブラッシングしてください。
この前来たアメリカンコッカーは5年間放置して毛玉で前足の血がとまってて前足二本失いました。
おしりもウンチが毛玉で固まって取った時にはかぶれてウジがわいてました。
速攻病院でしたけどね。

犬を飼うなら基本の手入れくらいしてくださいの続きを読む
関連記事
[ 2017/02/15 18:20 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】今、そこにいる僕

967 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/11(日) 00:39:02
昔夕方にやってた「今、そこにいる僕」ってアニメ
かなりうろ覚えだがいろいろ衝撃的だった
少女・サラは人違いで異世界の国へ連れてこられてしまう。
同じくひょんなことからこの世界に飛ばされてきた少年・シュウに
「絶対大丈夫だよ」と励まされ、少しは落ち着くが不安は消えない。

異世界の国は、たび続く戦争による人員不足に悩んでおり、
人違いだとわかった後もサラは帰されず、新たな兵士をつくるためにと
子作りを強要され、兵士たちの間をたらいまわしにされるようになってしまう。
サラはやがて追い詰められ、その時の相手の兵士を殺して脱走してしまった。
砂漠の中で行き倒れてしまったものの、親切なおばさんに拾われ一命を取り留め、わりと前向きに生きるようになる。

しばらく平和な日々を送っていたところ、サラと同じく脱走してきたシュウと再会する。
シュウは少女を連れていた。サラが間違えられた少女で、サラの不遇の元凶だった。
あんたに間違われたせいでこんな目にあったと少女に殴りかかろうとして、サラは倒れてしまう。
サラは妊娠していたのだった。冷たい川に浸かって堕胎しようとするが、シュウに止められる。
川から上げられ、今度は石で腹を打ち付けるがそれも制止させら

【後味の悪い話】今、そこにいる僕の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/14 22:03 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「見返り無しで他人を助ける奴はいない、スパイだろう」

88 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/15(木) 20:59:58
ゴルゴであった話
第二次大戦中にユダヤ人を多数救った(シンドラーみたいな)人がいた。
そして終戦直前に活動していたハンガリーで、侵略してきたソ連軍に
「見返り無しで他人を助ける奴はいない、スパイだろう」と連れ去られそれ以来50年行方不明。
実際はロシアの刑務所に50年間幽閉され続けていた。

当時彼に助けられ、戦後財閥を築くまでになったユダヤ人富豪が最近その居場所を探し出し
CIAのユダヤ人経由でゴルゴに奪還援助を頼む。奪還自体はやはりユダヤの子孫たちがやるから援助をと。

【後味の悪い話】「見返り無しで他人を助ける奴はいない、スパイだろう」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/14 22:03 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】女の子と化け物の交流

943 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/09(金) 22:27:38
ショートアニメで思い出した。
女の子と化け物の交流をほんわか描いたショートアニメ。
化け物に連れられて女の子は世界中を旅していく。
最後の最後に化け物は女の子を巣に連れて行き、子供達に差し出した…

ほのぼのアニメと思ってたのに、
化け物は餌として女の子をさらっただけだった。

【後味の悪い話】女の子と化け物の交流の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/14 21:03 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】機動刑事ジバン

44 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/14(水) 19:33:32
特撮・機動刑事ジバンの「壮絶!ジバン死す」(うろ覚え)
ある科学者が隕石の中から生命体を発見した。
それを知った悪の組織バイオロンの首領、ドクター・キバは
マッドガルボ(対ジバン戦闘兵器)とサイの怪人に博士と彼の娘の拉致、生命体の強奪を命じた。
これは首尾よく成功し、サイの怪人とマッドガルボは生命体を注入してパワーアップし、
ジバンに「博士と娘の命を助けたければ来い!」と挑戦状をたたきつけた。
上司である博士に「罠だ!」と止められたが、「親子を助けなければならない」とジバンはそう言って出撃した。

【後味の悪い話】機動刑事ジバンの続きを読む
関連記事
[ 2017/02/14 19:03 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】狩猟が趣味

33 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/14(水) 12:37:22
おいらの親父は狩猟が趣味。
猟犬を数匹飼ってるんだが、交通事故で死んだ犬以外、家で最後を看取った犬はいない。
犬がいなくなって親父に聞くと、
「良い犬だから、繁殖に使いたいと言う人がいたから貸した」と言われて納得していた。
(猟犬として)血統的に優秀な犬、猟犬の競技会で優秀な成績を収めた犬なんかもいたし、
親父もよく狩猟仲間から成犬を借りていたので、
その言葉を素直に信じていた。
最近、親父が使っていた猟犬の殆どが、数年の使用の後で保健所に行っていたことを知った。
子犬の頃から育てた、可愛かったあの犬も、あの犬も、みんな殺されてたんだと知って、本気でショックだった。

【後味の悪い話】狩猟が趣味の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/14 18:03 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】藤子不二雄A「爪のある杖」

923 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/07(水) 23:14:55
藤子不二雄Aの「爪のある杖」
田舎で、子供同士がシャモ(ニワトリの強いやつ)を戦わせて遊んでいる。
信吉の飼っている「佐膳」が達夫の「金目」の目を鋭い爪で潰し惨殺に近い状態でやっつける。
勝ち誇る信吉を恨めしそうに見る達夫。

その夜、達夫が父親と信吉の家にやってきて「佐膳のくちばしを切れ」と要求する。
達夫の父親は村の有力者で信吉の父親はしかたなしに言われた通りにする。
泣く信吉、佐膳はくちばしを切られてから一切エサを食べなくなりそして死んでしまう。

信吉が死んだ佐膳の墓を作ろうとしていたら達夫の父がやってきて
「もったいない、高く買うよ」と笑いながら佐膳の亡骸を持ってってしまう。
そして達夫の家の夕食はシャモ鍋だった。
「佐膳を食っちまったと知ったら信吉はどんな顔するかな」と達夫親子は美味そうに佐膳を食う。
さらに達夫家の老使用人が佐膳の足を切り達夫父のステッキの握りに改造したのを達夫は見て、
明日それを学校に持っていって信吉に見せてやるんだと笑う。

その夜、達夫は佐膳の夢を見て夜中に目が覚める。すると佐膳のステッキが達夫を襲い、
父親が物音に驚いて達夫の様子を見に来たときには佐膳の足の鋭い爪が達夫の喉元に深々と突き刺さっていた。

おわり

924 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/07(水) 23:18:33
スッキリじゃねぇかよw

【後味の悪い話】藤子不二雄A「爪のある杖」の続きを読む
関連記事
[ 2017/02/13 22:54 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(1)


アクセスランキング ブログパーツ