月別アーカイブ  [ 2016年11月 ] 

≪ 前月 |  2016年11月  | 翌月 ≫

【後味の悪い話】愛しのジェニファー

340 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/26(月) 23:04:24
なんか頭から離れないので、おすそ分け。
愛しのジェニファー。敬愛するダリオ・アルジェント監督作品のもちろんホラー。
マスターズオブホラーに収められていた短めの作品。
主人公の男性は、パトロール中、女を殺そうとしている男を射殺。
男はどうしても女を殺さなければ、とか言っていた。
女を見ると、すごい御面相。知的な障害もあるようだ。そのまま病院へ収容。
後日病院へ会いに行ったが、着替え中。めっちゃいい体だ。
助けてくれたことを覚えていたのか、異常に懐かれる主人公。
離れないので、そのまま家に連れて帰る。嫌がる妻と子供。

【後味の悪い話】愛しのジェニファーの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/24 22:19 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】FFX-2の、あるエピソード

329 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/26(月) 19:18:44
ゲームのFFX-2の、あるエピソード
アルベド族という機械の扱いに長けた一族が、
砂漠で機械や機械の部品を発掘していた。
その発掘作業は砂漠でキャンプをしながら行うもので、主人公もそれを手伝ったりしてた
ある日、その発掘キャンプに行ってみると
砂漠に眠っていた魔物が起きてしまって、発掘キャンプが襲われていた
いくら機械の扱いに長けていると言っても、魔物が強すぎて
その場にいたアルベド族も機械も全滅寸前。
発掘キャンプのリーダーに頼まれ、主人公たちはその魔物を倒すことに。

で、何とかその魔物を倒したけれど、キャンプの被害は大きくて
主人公たちも「ああ……」って意気消沈。
そこにキャンプのリーダー登場
「被害は大きかったけど、何とかなるよ。気にしないで」
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
たくさんの仲間が死んだのに「気にするな」って笑顔で言われたよ。
しかも主人公たちも「そうですか」って元気取り戻す
そして「飯ができたぞー」の声が聞こえ、
「わーい、食べる食べるー!」とはしゃぐ主人公たち。
そのまま「エピソード コンプリート」の文字が出て、そのエピソードは終わり。
前作と比べて明るくしようと思ったんだろうけど、
これはどうかと思った

【後味の悪い話】FFX-2の、あるエピソードの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/24 21:19 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】松本清張「鬼畜」

325 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/26(月) 12:14:38
松本清張で後味悪いと言えば鬼畜じゃね?
貧乏夫婦二人は汗水垂らして真面目に働いて、ちょっと小金ができた。
金を手にした夫は遊び心が起こり浮気する。夫の浮気に妻も気づくが正面切って責めはしない。
ぎりぎり歯ぎしりしながら金を厳重に管理して夫の小遣いを減らす。
妻に頭が上がらない夫は少ない小遣いを浮気相手に貢いでいたが、
羽振りの悪さに愛想を尽かした浮気相手は子供を置いて消えてしまった。

途方に暮れた夫は家に子供を連れて帰る。無言で怒り狂う妻に怯え、夫は子供に構おうとしない。
やがて妻が夫をせっつく。うちは三人も子供を養えない、どこかに捨ててこいと。
妻に逆らえない夫は幼子の手を引いて家を出て、一人で帰ってきた。
そうして二人の子供がいなくなった。
しかし三人目の子供は少し大きかったので、同じ手には引っかからない。
業を煮やした妻は夫に命令する。子供を殺せと。
夫は怯えながらも妻に従う。子供は崖から突き落とされ、夫はやっと安心して家に帰った。
突き落とされた子供は必死で崖にしがみつき、通りがかった漁師に救われた。

【後味の悪い話】松本清張「鬼畜」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/24 20:19 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「野のきよら山のきよらに光さす」

317 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/25(日) 20:09:35
子供の頃見たTVドラマ。(古い映画の再放送かも)
登場人物は、四国巡礼のお遍路をしている母親と車椅子の姉娘、
まだ中学卒業したばかりの妹娘。

母親には夫殺しで服役していた過去があり、理由は父親の姉娘への
異常な愛情(下半身まひの娘を偏愛して誰にも触らせない上に近親相姦もあった)に
母親がノイローゼとなり発作的に父親を刺し殺したというもの。

姉は他に軽い知的障害もあるらしく、父親にされたことも母親が父親を殺した理由も理解してない模様。
母親が子供を連れてのお遍路となったのは、殺した父親への懺悔と
何故か、四国八十八か所の巡礼を全てやり終えたら姉の足が治ると信じ込んでの事らしい。

妹の方は、この巡礼で姉の車椅子の世話やら、両親の愛情が姉に向いていて、
自分は苦労ばかりさせられていると、不満が鬱積していて
とうとう、巡礼途中で知り合ったトラック野郎の元に走る。

妹にしたら、そのトラック野郎が初めての男性で、
このままこの男性と一緒に暮らせると信じていたのに、
ある朝、目を覚ますとトラック野郎は姿を消し、代わりに弟分の若い男がいた。

つまり、妹に飽きたトラック野郎は弟分に下げ渡して逃げてしまい、
襲いかかる弟分から必死で逃げた妹は結局、母親と姉の元に戻り巡礼を続ける事になる。

【後味の悪い話】「野のきよら山のきよらに光さす」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/24 19:19 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】寄生虫ダイエット

289 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/24(土) 22:30:07
なんかのレディコミに載ってた話。既出だったらすまん。
A子は痩せようとして寄生虫ダイエットに手を出す。その寄生虫は必ず痩せられるが、
「食べ物を食べ過ぎたらお腹の中の寄生虫が活発になって宿主は死ぬ」というもの。
A子はその言いつけを守り、やがて少食な女の子がタイプのB男と結婚することになる。

いよいよやってきた結婚式。
A子はご馳走を食べすぎまいとするが、いままでの欲求が爆発し、
ご馳走を「今まで我慢してきたんだからこれくらいいいじゃない」と手掴みで食べはじめる。

B男はいままでの少食なA子が好きだったため、
「こんなやつと結婚はしない!」
と叫ぶ。

すると食べ過ぎたせいかA子の腹や口から寄生虫が湧き出てくる。その状態でA子は
「何で……? 私はこんなにあなたのことを愛しているのに…」
と。

話はそこで終わった気がする。

【後味の悪い話】寄生虫ダイエットの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/24 18:19 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】漫画「HELLO BABY」

571 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/03(月) 14:42:27
漫画「HELLO BABY」
主人公のヤクザ青年は、敵対する組の組長の殺しを命じられる。成功すれば幹部の座も夢ではない。
張り切る主人公は恋人にそれを報告しに行くが、数ヶ月ぶりに会う彼女は主人公の子供を妊娠していた。
すでに堕胎できる時期はとっくに過ぎ、あと一月もあれば生まれるという状況だ。
殺しをやって懲役に行けば、長い間刑務所から出てこれない。
恋人は「自分たちのことなど気にするな」と言うが、
自分がいない間恋人や子供にかける苦労を思い、主人公は揺れる。

迷いを抱えたまま主人公は殺しに赴くが、結局失敗してしまう。
仲良くしていた舎弟の協力もあってその場から撤収することはできたが、主人公は敵対組織から終われる身となる。
いまさら自分の組に帰ることもできず、主人公は舎弟と恋人を伴ってしばらく逃亡生活を続けることになる。

逃亡生活中も、舎弟は執拗に殺しのやり直しをすすめるが、
「生まれてくる子の父親を人殺しにするわけにはいかない」と主人公は渋り続ける。
煮え切らない主人公の態度や逃亡生活のストレスからか、
恋人の態度も少しずつ冷淡になっていき、主人公もだんだん焦燥していく。

その後いろいろあって、ついに敵組織の追っ手に追い詰められてしまう3人。
だが自分が殺人者になることにためらいのある主人公は、追っ手に手を出すことができない。
さらに間の悪いことに恋人が産気づいてしまう。
舎弟はとにかく病院に逃げようと主人公を説得するが、
病院に敵対組織の手が回っていることを懸念して主人公は拒む。
異様に焦り、ぶち切れて拳銃で主人公を脅迫し、無理にでも病院に行かせようとする舎弟。
主人公はその焦りっぷりを怪訝に思うが、舎弟の態度も当然で、実は恋人が妊娠していたのは、
主人公ではなく舎弟との間にできた子供だったのだ。

逃亡生活中の恋人の邪険な態度や、なぜあれほど舎弟がしきりに
暗殺(その後の懲役)をすすめたのかということが全て一本に繋がり、愕然とする主人公。
背後には敵対組織の追っ手が迫る。
やけになった主人公は自分で自分の頭を撃ち抜いて自殺する。
薄れ行く意識の中、恋人が無事に産み落とした赤ん坊の顔を見て
「なんだ、自分にそっくりじゃないか」と呟いてそのまま死亡。

(終)

【後味の悪い話】漫画「HELLO BABY」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/23 22:19 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】『私たちは幸せになってはいけないのでしょうか?』

403 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/28(水) 14:48:17
某実話系恐怖コミック誌の最新号を読んだのだが、
実在霊能者への誌上相談コーナーがモヤモヤしたので投下させて頂きます。
相談者は妻子ある男性。
既婚女性と、いわゆるW不倫をしていた。
その関係が本妻に知れるものの、相談者いわく『話し合いの末半公認のような形になった』。
が、ほどなく本妻は焼身自殺。
妻は最期に、相談者への不満をつづったメールを残していた。

―その後、相談者は
『妻の自殺がショックで罪悪感を覚え、自分も精神科通い』
『子供と自分の将来を悲観して自殺したくなった』
『残された子供も毎日泣いている』。
そして現在は『不倫相手とお付き合いを続けています。一緒に償っていきたいと考えています。
妻は成仏していますか?』とあった。

―個人的な感想で申し訳ないが、相談者の身勝手さに呆れてしまった。
“悔い改めて悲しみにくれるカワイソウな俺!こんなに反省してるから、許されるよね?”みたいな匂いを感じた。
成仏うんぬんに関しても、妻の魂が心配というより自分達が祟られないか心配しており、
相談というより『妻はあなた達に祟りません、あなたも自分を責めないでね♪』とでも言ってくれるのを期待しているんじゃないか…と。

霊能者の霊視結果は、まあ信憑性をめぐっての賛否などあるかと思うので割愛。
(しかし相談者にとっては厳しい回答かなと。)

この相談文を締め括る、
『私たちは幸せになってはいけないのでしょうか?』の一言が卑屈で傲慢で気持ち悪かった。

404 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/28(水) 15:00:36
>>403
心情的にどう答えたかも載せてほしかったかも
後味というより胸糞だけど


【後味の悪い話】『私たちは幸せになってはいけないのでしょうか?』の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/23 21:19 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】うちの息子は冷凍庫で凍ってる

402 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/28(水) 14:46:43
育児のイライラどう発散してる?パート2
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/baby/1171945114/109
109 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2007/02/22(木) 23:03:51 ID:sQPISBRo
うちの息子は冷凍庫で凍ってる。
見つかったらマヂヤばい。臭いはまだ無い。



【後味の悪い話】うちの息子は冷凍庫で凍ってるの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/23 20:19 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】『四八(仮)』

388 名前:1/3 投稿日:2007/11/28(水) 04:01:57
パクり云々だと、最近出たホラーゲーの『四八(仮)』の1エピソードが
楳図かずお氏の『谷間のユリ』そのまんまだったのが後味悪かった。
ネタバレで書くと

『四八(仮)』
主人公はモサくてもてない男。花屋経営。
月に一度喫茶店に花を交換に行くが、そこの美人ウェイトレスに恋心を抱く。
ある日彼女からデートに誘われ、承諾。嗚呼薔薇色の人生スタート。
しかし彼女が奇病に侵され、顔面崩壊。
連絡がつかなくなってしばし後、彼女が自宅に来訪。
その醜く変貌した顔を見ながらも、「外見がどう変わっていようと愛し続ける」と言い貫く男。
彼女は彼を抱きしめ、「あなたは私が信じた通りの優しい人だった」と呟き、そのまま泣きながら
「ごめんなさい、さようなら」と告げて去る。
慌てて後を追う男の携帯に電話が。
それは彼女が自殺したという彼女の親からの電話だった。
「え・・・!? 今彼女はここに・・・」

ちょっとハートウォーミングな方向性だけど、これにサブシナリオがある。

【後味の悪い話】『四八(仮)』 の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/23 19:19 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】手塚治虫「イエローダスト」

368 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/27(火) 19:26:54
手塚治虫の漫画でイエローダストっていう後味の悪い漫画があった。
日本人に拉致されたアメリカの児童。
先生が子供だけは助けてといったら男はレイプを要求。

【後味の悪い話】手塚治虫「イエローダスト」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/23 18:19 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】乃南アサ 最後の花束

268 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/24(土) 12:33:17
以前読んだ小説の話
主人公の「僕」は祖母に育てられて中学を卒業後、家出同然のように家を飛び出し
都会で飲食店で寮に住み込みで働いている。
お客やその他の人に可愛いと容姿を誉められることが多く、
だけど満たされることもなくただなんとなく生きてる毎日だった。

あるとき僕が勤める近くの喫茶店で働く一つ年上の美少女絵理佳と知り合い交際が始まる。
絵理佳はしっかり者で優しく姉のような存在で
僕は絵理佳の一人暮らししてるアパートで絵理佳と一緒に食事をしたり
二人で姉弟のように一緒に眠るという純粋な交際をしていた。
それなりに幸せなように思える一時を過ごす日が続いた。

【後味の悪い話】乃南アサ  最後の花束の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/22 22:47 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】津村節子 「骨壷」

263 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/24(土) 07:44:30
津村節子 「骨壷」 文庫『玩具』所収
洋子は幼い内に母を亡くし、仕事をしながら家事全般を担って父と二人三脚で生きてきた。
その父に再婚の話が持ち上がり、掌を返したように結婚を勧めてくるようになる。
父の世話のために婚期を逃した部分もあったために、
洋子は耐えきれない理不尽さに、憤りと寂しさを覚えていた。

ある日、近所の世話焼きオバサンに
「あなたを気に入った人がいるのよ」
と見ず知らずの男を紹介される。昭和中期ということもあり、
未婚であることに引け目を感じていた洋子はさしたる意思表示もせぬまま、
あれよあれよと結婚することになった。

男は貧乏性で、披露宴でも貪欲に食らい、新婚旅行の電車も普通席を取るような人間だった。
無口で面白みがなく、洋子はたった二、三度、顔を合わせただけの男と
旅行に出ている自分が不可解だった。

【後味の悪い話】津村節子 「骨壷」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/22 21:47 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】曽野綾子の短編「ただよう小舟」

248 名前:1/2 投稿日:2007/11/23(金) 13:56:40
曽野綾子の短編「ただよう小舟」
早くに両親と姉を無くし、ぼけた祖母と二人暮しのOLであるA子は同僚B男と結婚した。
B男は戦災孤児で施設や寺で育った苦労人だが、
性格の明るい人気者でA子はB男と結婚できたことを心から幸せに思っていた。
式場で一時期自分につきまとっていた別会社の社員C男の姿を見かけるが、
A子は「B男が守ってくれるはず」と不安を振り払う。

新婚旅行に出かけ、二人は初夜をむかえるはずだったが、
何故かB男は「独身最後のわがままを許してくれ」と1人で飲みに出てしまう。
残されたA子が会社のみんなからもらった寄せ書きのノートを読んでいると、最後のページにC男のサインを見つける。
状況から判断するに、B男はこのノートを読んでから急に出かける気になったようだった。

新婚旅行中も、B男は中・高時代に世話になった寺は訪問せずに、自分のことを覚えている人もいない
最初に入っていた孤児院を急に訪問するなど、A子に不可解な行動をするようになった。
新婚旅行から帰ってきたある日。B男はあることを打ち明ける。
B男とC男の間にはある因縁があり「A子を守るために」それを解決しなければならないということだった。
B男とC男は何回か話し合いをするが、A子には内容を教えてくれない。

そしてある日の夜、B男とC男は池で水死体として発見された。

【後味の悪い話】曽野綾子の短編「ただよう小舟」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/22 20:47 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】牧村さとるの漫画

200 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/21(水) 16:05:15
そういえば大昔の牧村さとるの漫画が救われなかった。
子供の頃に読んだきりなので、細かい設定とか完全なラストなどは忘れたけど、
出だしは若くて美しい女性Aの結婚式。
新郎Bは高校生の頃から付き合っていたハンサムで誠実な青年
Aの不幸な事件を二人で乗り切っての結婚だった。

Aには2歳年下の美少年の弟Cがいて、幼い頃纏わりついてうるさかったCを
Bがうっかり突き飛ばした拍子に、足に大怪我をさせて車イスの身にさせてから
Bは、Cに関して後ろめたい気持ちから献身的にCに尽していて、
CはそういうBに対して盲目的に愛している模様。

それでも、高校生の同級生のAと恋したBは、家に連れてきて
CにAを紹介する(当時二人はまだ清い関係だった)
愛想良くAに挨拶するC・・・・

ところがそれから暫くして、Aは見知らぬ男性に通りすがりに
レイプで処女を失う事件が起きる。
苦しむAとB・・それでも二人の愛は変わらず、交際は続き今日の
佳き日を迎える事になった。

【後味の悪い話】牧村さとるの漫画の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/22 19:47 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ある日ピノコとブラックジャックが汚い野良犬を拾う

192 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/21(水) 02:29:17
手塚治虫、ブラックジャックの中の一話。
ある日ピノコとブラックジャックが汚い野良犬を拾う。
ラルゴと名付け、飼う事に。ラルゴはみすぼらしくて、駄犬だった。
そんなラルゴに、ブラックジャックは辟易していた。
ある日、ラルゴがブラックジャック家のネックレスを奪って外に逃走。
追って外に出るピノコとブラックジャック。
ラルゴを捕まえて、家に戻してくるよう言い付ける。
渋々家に入っていくラルゴ。
直後、地震が来て家は崩れ落ちた。…ラルゴは下敷きに。
そう、ラルゴは動物の直感で地震を予感し、二人を助けたのだった。
勿論次の回の話でブラックジャック家は元通りになっていた。

【後味の悪い話】ある日ピノコとブラックジャックが汚い野良犬を拾うの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/22 18:47 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】エラリー・クイーン「日本扇の謎」

187 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/20(火) 23:16:48
エラリー・クイーン「日本扇の謎」
ニューヨークで起きた不可解な密室殺人をクイーン警視の息子、エラリーが解決する。
被害者は実は明らかな自殺だったが諸々の事情で偶然、殺人事件の様相を呈していた。
事件解決の後エラリーは自殺者の婚約者ジョンを家へ招き、さらに自らの推理を語る。
「僕が言いたいのは彼女を殺したのはあなただということなんです」

近い将来に訪れるはずの数々の幸福を前に彼女が自殺したのは何故か。
自らに死が切迫しているのを確信したからだ。
癌研究の権威であるジョンがあることないこと吹き込んだ挙句に船旅に出て、
彼女は最後の希望も断ち切られた。
「しかし誰が信じるかな。証拠が全然ないからな」
「どうやら手の内を全てさらさねばならないようですね」
エラリーは被害者が使っていた封筒をさしだす。宛名にはジョンへと書いてあった。
「そうか。これで分かったのかとても推理だけでそこまで及ぶまいと思っていたが」
「あなたには三つの選択肢があります。一つは、黙ってここを出て行く。
 その場合、道徳的な問題は僕に一任されます。
もう一つは、警察に自首する。
 その場合はあなたの養女に決定的な打撃を与えます。もう一つは…」
「私は自分のすることは心得ているよ」

ジョンが去った後、エラリーは封筒を暖炉に投げ込み思索にふける。
精神的な殺人を立証するにはどうしたらいいのか。
手を使わず、頭脳を使って殺人を犯した者を自発的に死刑にさせる正義を行うにはどうしたらいいか。
エラリーは思い出す。
いかに苦心して被害者の筆跡をまね、「ジョンへ」と書いたか。それに白紙の用箋を入れ、
実際に発見された場所に封筒があった場合に残るはずの痕跡を苦心して偽造したこと。
彼は神のなすべきことをしすぎたような気がして、心から楽しめなかった。

事件の全貌についてはかなり端折ってるけど自殺した女は悪女でジョンには恨んで当然の理由もあった。
ミステリ用語でいうところのプロバビリティーの犯罪だけど、目には目をってとこかな。
古いミステリには犯人の自殺を黙認する探偵がよくいるが、なかなか後味が悪い。

【後味の悪い話】エラリー・クイーン「日本扇の謎」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/21 22:47 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】羅川まりもの読み切り少女漫画

178 名前:1/2 投稿日:2007/11/20(火) 21:38:44
羅川まりもの読み切り少女漫画。タイトル失念。
ヒロインは自転車屋の配達員に一目惚れする。
ちょっと風変わりな配達員と少しずつ親しくなっていくが、
告白めいたことをした途端に冷たく拒絶される。
落ち込むヒロインは仕事先で彼の噂を聞く。
彼は人殺しだと。
親しくならない方がいい、もう関わるなと言われてしまう。

噂を信じられないヒロインは、配達員が働く自転車屋に真偽を確かめに行く。
自転車屋の店長は彼の叔父だった。
真実が知りたいというヒロインに叔父は全てを話す。
彼はいじめられっこだった。毎日ひどい暴力を受けて金を奪われ、それでも耐えていた。
ある日いじめっこが彼に言う。「お前妹いるんだよな?俺らでまわしてやるよ」
妹が壊される妹が壊される妹が壊される…我に返ったとき、彼はいじめっこを刺し殺していた。

【後味の悪い話】羅川まりもの読み切り少女漫画の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/21 21:47 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】僻地医療に夢抱くもんじゃねえ

170 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/20(火) 09:41:35
どっかの医師がHPで真剣に「僻地医療に夢抱くもんじゃねえ、やめとけ」と
力説してたなそういや。うろ覚えだけど
・善意と正義心に燃えてても、向こうはそれ理解してくれないから
・医者も人間で休みが必要だと理解してくれず、医者たるもの
 24時間休みなく医療に従事して当然だと考える人ばっかり。夜中にいきなりやってくるとかザラ
・僻地医療では診療だけして、重篤な患者は街の設備の整った大病院での手術が最善なのに
 『あの医者は街の医者に丸投げするばっかりでヤブ』との評判がたつ。
 いつでもどこでも手術できるBJと一緒にすんなと。
・僻地ってことは周囲全員顔見知りで、医師はその中でよそ者
・そして僻地内で派閥争いとかおこってると最悪。新入りを引き込もうと両勢力で綱引きになる。
・そういった人間関係に耐えきれる強靭な精神力と世渡り能力がない限り、僻地に行くのはやめとけ

というようなことを言っていた。
どこのHPかは忘れたが、リンク貼られていたのが、やっぱりどこかの地方の医師が
「もうかんべんしてください」と言い残して村を去った…村は無医村に、というニュースに関するスレでした。
地方の人間関係に疲れたんだろうな、ということでリンクが貼られてた。

【後味の悪い話】僻地医療に夢抱くもんじゃねえの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/21 20:47 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ヒロイン「きっと生きてるわよ」

140 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/19(月) 12:01:25
昔やったSFCのゲーム、タイトル失念。
主人公はちょっとダーク世界観の住人、王宮騎士になろうと審査を受ける。
魔力測定でこれは今までで最高クラス!こいつは伸びるぜひゃっほぃ!てな感じで
エリートとしてどんどん仕事(主に村の制圧など)をこなしていく主人公、
途中で仲間やヒロインと交流もありながら徐々にこの世界を脅かす魔王的存在が出てくる、
主人公と仲間、自らを鍛え、技を習得しついに主人公のみが仕える最高の魔法で、魔王的存在を撃破!!
光に包まれる魔王的存在と主人公、その後のこったヒロインと親友……。

数ヵ月後

【後味の悪い話】ヒロイン「きっと生きてるわよ」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/21 19:47 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】リボンの騎士

75 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/17(土) 07:39:42
手塚アニメだったら前に埼玉TVでやってたリボンの騎士が最悪だった。
主人公はとある国のお姫様なんだけど跡継ぎがいないということで王子として育てられる。
そこを王位を狙う叔父に何度も命を狙われるって筋書きなんだが、
最終回(埼玉TV版)で主人公は悪い魔女にフルボッコにされ
目を潰され乞食のような格好で国を追い出されて終わり。

当然これは本当の最終回ではなく埼玉TVの放送スケジュール上の問題で
キリのいい所で無理矢理打ち切られたものなんだが、
当時はそんなことを知らずリアルタイムで見ていたのでこの悲惨な末路に唖然とした。
自分と同じ思いをした子供は多かったと思う。



【後味の悪い話】リボンの騎士の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/21 18:47 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】RPG「ヘラクレスの栄光」

67 名前:1/2 投稿日:2007/11/17(土) 01:00:00
ゲームだけど、RPG「ヘラクレスの栄光」もトリトンとちょっと似たような話で
すごくインパクトある内容だった。
舞台はゼウスやアテネがなどギリシャ神話の神様のいる世界で、
魔物が出たり異常気象が起こっているのに神々は助けてくれず人々は困ってる。
特に海には「まくろきもの」というでっかいクジラみたいな怪物がいて、
沢山の人が犠牲になっており、娘達が人身御供にされたりしてる。
主人公は記憶を失った不死身の若者。
主人公は自分と同じように記憶喪失の不死身な仲間やヘラクレスと出会い、
失った記憶となぜ不死身なのかを探して旅をする。
・まくろきものは親2匹子1匹の3匹いたが最近親子2匹しかいなくなった
・昔バオールと言う素晴らしい王様がいて、民のために色んな工夫をしてくれた英雄だった
・いや、まくろきものは神でバオールは極悪人だった
…等、色んな噂を耳にする。

主人公達が神々に会いに天空に行ったところ、
ゼウスは人間に失望して大洪水を起こして絶滅させようと考えているが、
人間の代表として主人公達の行いが正しいかを見て判断する事にしたと聞かされる。
地上に戻って、魔物の出現を止めようと「石になった生き物を元に戻せる復活の血で、
石になってる巨人アトラスを復活させ魔物の穴を塞がせる」という方法をとろうとする。
だが、直前にゼウスに止められ、大洪水が起こり、地上の人々は全滅。
冥界に下りてようやく記憶が戻る。

主人公は元バオール。功名心から妻子を置いて都会に出た。
バオールは貿易のために海で隔てられた国と国を陸続きにしたかった。
神であるまくろきものの子供の方を浚ってきて槍でブスブス刺して悲鳴をあげさせ、
心配してやってきた親の方をメドゥーサの首で石にして陸続きにした。
そのため大地ガイアは酷く傷ついてしまった。
まくろきものを元に戻そうとしてた人達を片っ端から石にしてる最中にゼウスの雷で殺された。
死んだ後、冥界の神ハデスに「不死の若者に生き返らせてあげるから、
魔物を指揮して人間を皆殺しにしてきて」と頼まれOKしたところで記憶をなくした。

【後味の悪い話】RPG「ヘラクレスの栄光」の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/20 22:02 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「海のトリトン」

54 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 20:28:14
アニメで個人的に後味が悪い作品を…
「海のトリトン」
漠然としたストーリーしか知らなかったけれど、最近中古でDVDボックスを買い最終回まで見て驚愕した

個人的に知っていたストーリーは、
「人間として育てられていたが、ある日、白いイルカと出会い
 自分がトリトン族の末裔で、両親や一族を殺したポセイドン一族と戦って敵をとれと告げられ
 トリトンは親の敵をとるため、また海の平和を守るためポセイドン一族と戦っていく…」
という程度だった

だいたいのあらすじは間違ってなかった
ところが最終回が突然鬱展開

トリトンは、トリトン族のほかの生き残りと共に、ポセイドン一族に総攻撃をかけて勝利する
・・・が、そこでトリトンは思わぬ事実に直面する
何と、もともとポセイドン族はトリトン族によって支配され生け贄にされていた人々の生き残りだったのだ。
トリトン族のが勝利の歓声をあげるなか、トリトンは侵略者だったのは自分のほうだったことに気付く。
呆然と見上げると、戦争に巻き込まれて死んだポセイドン族の子供や女性の死体が海を漂っていた…
トリトンは無言でその場を立ち去った
最期に「そしてまた、少年は旅立つ」というテロップが流れてEND

あり得んくらい後味が悪い…

【後味の悪い話】「海のトリトン」 の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/20 21:02 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(2)

【後味の悪い話】アクエリオン

49 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 19:27:38
アニメの話なんで嫌いな人は飛ばしてくれ
2年くらい前にやってたロボアニメ。
設定としては、少年少女たちが合体するロボットに乗って巨大な敵と戦う、という感じ。
その中に出てくる少年の末路が後味悪い。

その少年は主人公たちの集団の中ではエリートで、同じくエリートの少女のことが好きである。
第一話で二人は一緒に出撃するのだが、戦闘中に少女が情緒不安定(?)のようになってしまう。
それに気を取られた少年は、敵にやられて半植物人間状態になり、少女は自分を責めた。
(実際その少女は不幸体質で、子供の頃から「疫病神」とか「近寄るな」とか酷く言われていた。けど健気でいい子)
その後も少年の身体は治らず、戦えないということで別の研究所のようなところへ移される。

しかし、ある日少年は戻ってくる。お偉いさんの言う事には「実験に自ら志願した」らしい。
研究所で少年は敵の体の一部を植え付けられており、身体能力は格段に上がったが、自我はほとんど無くなっていた。
悲しむ少女。けれど少年は少女のことも分からなくなっていた。

そして最終話近く。
少年は戦闘に出撃する。敵は手ごわく、なかなか倒せない。さらには少年もやられそうになる。
その時少女が助けに入り、少年はやっと自らを取り戻す。少女を先に行かせ、少年は敵との一騎討ちに挑む。
が、やはり敵わず、敵は少女を追おうとする。それはさせまいと、少年は敵と共に自爆し、死亡した。

まあ、これだけだとあまり後味は悪くないんだが、実際俺が後味の悪さを感じたのは
この後、「この少女が他の少年とくっついた」って事なんだよな…

【後味の悪い話】アクエリオンの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/20 20:02 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】妻のみそ汁とそっくりだ

32 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 11:13:44
ちょっと違うがショートショートを思い出した。
同居の旦那父に毎日虐められている嫁。
気に入られようと必死で旦那父好みの食事を作ろうとするが、
旦那父はまずいまずいと言って亡き妻(旦那母)の食事がどんなに素晴らしかったか語る。

【後味の悪い話】妻のみそ汁とそっくりだの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/20 19:02 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】喰いタン一話目

22 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/16(金) 03:53:17
喰いタンで思い出した。一話目だったかな?のエピ。
金持ち爺の嫁が殺される。
嫁は若く美人で夜中にも関わらず化粧をしていたため、
浮気相手に殺害された線で捜査が始まる。
しかし金持ち爺は否定した。
嫁は若くて美人だが一生懸命尽くしてくれた。
毎日うまいものを作って大事にしてくれた、浮気なんてとんでもないと。

しかし探偵はミラクル推理で事実を突き止めた。
実は嫁は毎日高カロリーでうまいものを食わせて、
でぶっちょ爺を糖尿病で殺す計画を立てていたのだ。
その後はがっぽり入った遺産で再婚して人生を謳歌するつもりだった。

【後味の悪い話】喰いタン一話目の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/20 18:02 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】悪魔ちゃん命名騒動

937 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/14(水) 20:22:45
今から14年ほど前に「悪魔ちゃん命名騒動」と言うものがった。
親が生まれたわが子に「悪魔」と命名して役所に届けたところ
名前として不適切だと判断され受理されなかったと言う事件。
この両親、事件当時テレビに出て「子どものためを考えて名前をつけた」とか
「名前でいじめられてもそれを跳ね返して生きていける強い子になって欲しい」
等と言うことを行っていたのだが、この悪魔ちゃんがその後どうなったのか
最近たまたま知った。

両親はそれから3年後に離婚、悪魔ちゃんは父親のもとで育てられるが
その父親が覚せい剤を所持しており逮捕され、今は施設で暮らしているらしい。

【後味の悪い話】悪魔ちゃん命名騒動の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/19 22:52 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(2)

【後味の悪い話】ぶさいくで太った外見

896 名前:1/2 投稿日:2007/11/12(月) 01:19:48
ぶさいくで太った外見の主人公
会社の同僚からは見下されているが、その仲間からは離れられる自信もない
自分が見下されていることに気づいているが
皆が話している楽しい話題に肯くだけしかできない
ある日見知らぬ路地に迷い込んだ
そこで木になった真っ黒な眼と四角く空いた口をもつ男に出会う
その路地の電柱に十一という顔形に一本ずつ三本線を引く。
その次に訪問し、電柱に抱きつけば望む物質に変われる事を知る
二度目の来訪で全身銀色の金属(アルミ?)に変身した中年女性を見る
それを祝福する老人(何もかもを飲み込んでしまう泥になるのを希望している)と可憐な少女に出会う
分かり合える人がいることを嬉しく思う主人公

【後味の悪い話】ぶさいくで太った外見の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/19 21:52 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】探偵左文字進

880 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/11(日) 15:38:44
今関西で再放送されてた探偵左文字進、なかなか後味が悪かった
日雇いで働く貧しい青年が殺される。
捜査を進めるうちに左文字が行き着いたのは女流写真家。
そしてその写真家の助手が殺され、写真家に付きまとっていたルポライターも殺される。

写真家は両親を失い、意地悪な従姉妹の家でおじ家族に苛められながら育った。
高校を卒業して家を出て、働きながら写真を勉強していた写真家の前に
従姉妹が「私も写真を始めた」と現れ、金にあかせて取った写真を写真家に見せびらかす。

岬に写真を撮りに行ったとき、従姉妹は足を滑らせ転落。助けようとした写真家だが、
従姉妹に「早く助けろ、アンタが代わりに死ねばいいのに」と罵られ手を離してしまう。
殺された青年は、そのとき彼女らと一緒にいたのだった。(当時は子供)

写真家は有名な写真家に弟子入りし、その師匠夫婦に娘のように可愛がられる。
写真家は従姉妹の写真をコンテストに出し、賞を取った。

【後味の悪い話】探偵左文字進の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/19 20:52 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】スパイダーマン3

827 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/09(金) 22:27:42
スパイダーマン3が後味悪かった
3に突然出てきたキャラが
「叔父さん殺したの実は俺でしたサーセンw
 お前が以前殺した奴は人違いm9(^Д^)プギャー」
執事が
「俺実は親父さんの死因知ってましたサーセンw
 なんてったって死体を清めたのは俺っスからwww
 勝手に親友憎んで顔に傷負って馬鹿みたいm9(^Д^)プギャー」
あと主人公と彼女が
主「俺ヒーローだから彼女以外とキスしてもおkwwwwww」
彼「劇の主役降ろされたwww
 主人公にこのこと教えないけど私の気持ちを理解しろ鈍感wwwwww
 プロポーズもシカトwwwwスイーツwwwww」
他にも後味悪いのが多数
なんか後付けの嵐で(´・ω・`)な出来だった
面白かったけど

【後味の悪い話】スパイダーマン3の続きを読む
関連記事
[ 2016/11/19 19:52 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「善意のボランティア」をペテンにかけた

742 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/11/07(水) 03:23:31
>「善意のボランティア」をペテンにかけた江原啓之とフジテレビ
>
>今年フジテレビの27時間テレビ内で行われた「ハッピー筋斗雲」。孫悟空に扮した香取慎吾と
>ゲストが「ハッピーサプライズ」を仕掛けて一般人を喜ばせるというもので、そのうちのひとつが
>江原啓之の“素人スピリチュアル・カウンセリング企画”だった。
>
>そこで霊視を受けることになった美容院経営のAさん(50歳女性)。
>選ばれた理由は善意のボランティア活動であった。Aさんは父の死後、美容院と同時に
>10年以上リンゴ園を経営。’04年には新潟県中越地震の被災地の子供たちに、’06年には
>イジメで悩んでいる学校などに向けて、リンゴと手紙を送っている。
>
>しかし番組は、そんなAさんに悩みがあるのだとナレーションで提起する。
><リンゴ園の経費がかさみ、肝心の美容院の経営が苦しくなってきたのです。
>こんなとき、お父さんが生きていれば何て言ってくれるだろうか>
>そんなAさんを心配した美容院スタッフの手紙により、香取慎吾が立ち上がるという“体裁”
>で番組は進行する。そしてAさんに、次のような“ドッキリ作戦”を決行するのだ。

【後味の悪い話】「善意のボランティア」をペテンにかけたの続きを読む
関連記事
[ 2016/11/19 18:52 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ