月別アーカイブ  [ 2016年05月 ] 

≪ 前月 |  2016年05月  | 翌月 ≫

【後味の悪い話】シン・シティ

816 名前:シン・シティ1/2 投稿日:2007/02/25(日) 16:26:02
映画の「シン・シティ」。原作は未見なのでわからん。
ベイシン・シティという街を舞台にした話で
3つの独立したエピソードが実は絡み合ってる、という構成。
そのうちの2つくらいが微妙に後味悪い。

1つめはブルース・ウィリス演じる刑事ハーティガンの話。
狭心症を患うハーティガンは退職を余儀なくされ最後の事件解決に向かう。
連続幼女誘拐殺人犯を追い続け、街の権力者ロアーク議員の息子ロアーク・ジュニアが
犯人であることを突き止めたが、警察との癒着で逮捕されないまま犯行を続けているのだ。
殺されるぞ、やめておけと止める相棒ボブを殴って気絶させアジトに単身突入。
あわや毒牙にかかりそうになっていた少女ナンシーを助け出し
ジュニアの腕と男性器を銃で吹っ飛ばした後とどめを刺そうとするが
気絶から覚めたボブに背後から撃たれ倒れてしまう。
ボブも裏切り者で、ジュニアを殺させるわけにはいかなかったのだ。
ナンシーは泣くがハーティガンは応援のサイレンが近づく音を聞きながら
「老いぼれは死に、少女は生き続ける。それなら悪くない」と思いながら意識を失う。

で、死んだと思わせて実は一命を取り留め、病院のベッドで気がつくハーティガン。
そこにロアーク議員がやってくる。ロアーク議員は息子を意識不明の重体にさせられたことに憤っている。
ロアーク議員は君をこの場で殺すこともできる、だが今はしない、と切り出す。
なぜなら息子の罪をハーティガンに着せ、残りの人生を牢獄で過ごさせるためだ。
証言すればナンシーもハーティガンの妻も殺すと脅す。条件を呑むしかないハーティガン。
こっそり見舞いに来たナンシーにもうここに来るなと告げるが、ナンシーは偽名で手紙を出すと約束する。

【後味の悪い話】シン・シティの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】クレヨンしんちゃん 踊れ!アミーゴ!

791 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/25(日) 10:17:33
クレしんの映画アミーゴ
テレビアニメの合間での宣伝はしんちゃんがサンバの格好して
アミーゴとアピールする、明るくて楽しそうな印象。
しかし、実際にはすごいホラー。
前情報を満足に持たない子供が軽い気持ちで見に行くと悲惨。
子供は期待を裏切られて、しかもすごい怖くて泣き出す子供まで現れる。
映画自体は綺麗にまとまって終わるんだけど、
映画館で聞いた子供の泣き声がいまだに、後味悪い。

【後味の悪い話】クレヨンしんちゃん 踊れ!アミーゴ!の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】「ミノタウロスの皿」

782 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/25(日) 06:43:21
「ミノタウロスの皿」(うろ覚え)
未来の話で、一人乗りの宇宙戦闘機かなんかに乗ってた主人公(青年)が機械の故障で、
とある星に不時着する。そこは地球によく似た美しい星だった。
付近を調査していると一人の可愛い少女と出会う。
少女は主人公を自宅に連れて帰り、手当てをしてくれる。
少女の家族たちも良い人で、いつしか主人公と少女は惹かれあっていく。
ある日、主人公と少女が薔薇の花園でデートしていると、誤って少女がバラのトゲで指をケガしてしまう。
もちろん指から少し血が出たくらいで舐めておけば治るようなケガだ。
しかし、ケガをした少女はパニック状態。疑問に思いつつ、少女を両親のところまで連れて帰る主人公。
そして少女の両親もケガを見て大慌て。両親は急いで医者を呼ぶ。ワケの分からない主人公だったが、
駆けつけた医者の姿を見て呆然とする。なんと医者は牛だったのだ。(二足歩行の頭のよさそうな牛)
医者に大丈夫と言われてホッと胸を撫で下ろす両親と少女。
主人公は少女達になぜあの程度のケガで慌てたのか尋ねた。

【後味の悪い話】「ミノタウロスの皿」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】世にも奇妙な物語/「懲役30日」

774 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/25(日) 01:43:07
やっぱり、死刑廃止にして、
世にも(ry であった懲役30日みたいな刑罰にしたほうがいいよね。
798 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/25(日) 11:27:50
>>774 
kwsk

【後味の悪い話】世にも奇妙な物語/「懲役30日」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】こども人形劇「はなさかじいさん」

736 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 14:16:31
テレビのこども人形劇で「はなさかじいさん」見た。
たいていの日本人ならあらすじは知っていると思うけど、スレのお約束なので一応。
人の良いじいさん・ばあさんが、
悪いじいさん・ばあさんにいじめられていた犬を助け、シロと名付けかわいがる。
ある日良いじいさんがシロに示された地面を掘ると、そこから小判が出てきた。
それを知った悪いじいさんが無理矢理シロを借りて鳴いた所を掘ると、カエルやヘビが出てきた。
怒った悪じい、シロをぼこり、シロあぼーん。
良いじい・ばあが悲しんでシロを埋葬して松の苗を植えると、一晩で成長して大木になった。
大木を切って臼を作り餅をつくと、餅の中から小判がざくざく。
悪じい・ばあが無理矢理臼を借りて餅をつくと、カエルやヘビが出てきた。
怒った悪じい・ばあ、臼を割って薪にし、燃やしてしまう。
良いじい・ばあが悲しんでその灰を回収して枯れ木にまくと、なんと桜の花が咲いた。
良いじいが歌いながら花を咲かせていると、通りかかった殿様が喜んで褒美をとらせた。
悪じいがまねをして灰をまくと、殿様に掛かって怒らせ、捕らわれてしまった。
最後、桜を眺めて、きれいだねーと笑う良いじいさんとばあさん。

なんかね、悪じいさん・ばあさんはおいといて、
彼らのなすがままになっている良いじいさん・ばあさんが後味悪い。
かわいがっている犬を貸すなよ(きゃんきゃん鳴いて嫌がるのを、縄を付けて引きずられていった)、
大切な臼貸すなよ。人が良ければいいってもんじゃない。無力すぎ。
高木ブー伝説じゃないんだからさ。
きれいだねーはっはっはじゃないよ。

【後味の悪い話】こども人形劇「はなさかじいさん」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】お父ちゃん なんで なんでお酒飲んで運転したんや!

715 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 10:30:04
お父ちゃん はよ起きや ええ天気やで 青空やで
はよ起きなんだら こそばすで ふとんめくるで 鼻つまむで
はよ はよ はよ起きいな 日曜日やで 休みやで
どっか連れてってえな なあ なあ なあてお父ちゃん
お母ちゃん お化粧まだか お弁当持ったで 服着たで
はよせなんだら おいとくで 何にもせんかて きれいやで
はよ はよ はようしてえな どないしたかて いっしょやで
はよせな 昼になるやんか なあ なあ なあてお母ちゃん

けど もう お父ちゃんいてへん お母ちゃんもいてへん
けど やっぱり 日曜日の朝になったら繰り返す
ひとりぼっちの ひとりぼっちの ぼくのひとりごと

あっという間に いっぺんに 車と一緒に死んでしもた
衝突事故で 崖から落ちて死んでしもた

ひとりぼっち ひとりぼっち そやから そやから
ぼくは ひとりごと

お父ちゃん はよ起きや お母ちゃん お化粧まだか
ええ天気やで 青空やで お弁当持ったで 服着たで・・・

【後味の悪い話】お父ちゃん なんで なんでお酒飲んで運転したんや!の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ハッピーピープル”軽いふざけあいジャン”

778 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/25(日) 03:41:02
ハッピーピープルで別の話。うろおぼえ
いまいち伝わらんな >768-769の話もそうだけど、実物だとDQNの絵がホントにムカツクんだよ~
主人公は学生時代、同級生から陰湿ないじめを受けていた。
先生も他の生徒も見てみぬふりだった。
やがていじめっ子への復讐のため薬科大学へ進学し、毒の調合法を知る。
ひとり部屋で猫を相手に実験を行い、出来上がった毒をビールに混入させ、
同窓会の名目でかつての同級生を集める。
乾杯のビールでみんなを毒殺するために。

同窓会の会場で、相も変らぬ同級生(主人公を小突き回したり)を前に、ひとり成功をほくそ笑む主人公だったが、
乾杯の掛け声も終わりあと一歩のところで警察が駆けつけてしまう。
部屋に放置してあった猫の死骸が悪臭を放ち、通報によって計画が露見してしまったのだった。

主人公は取調べの場で、同級生にいじめられ続けていたことを語る。
だが警察の同級生への取調べでは、
”そんなことあったっけ?” ”軽いふざけあいジャン” ”生徒同士の冗談みたいなものだったと思います”
という声しか聞かれなかった。

それを聞いた主人公は、激昂しながら義眼を差し出す。
度重なるイジメで主人公の右目は失明していた。
「これでもただのふざけ合いだっていうのか!」
「あいつら(実行犯以外の同級生)は俺がやられるのを笑って見てやがったんだ!!」

場面変わって、主人公が捕まって安心ね♪と談笑する同級生たちの姿。
鉄格子の中で「俺は絶対あきらめないぞ・・・」と鬼の形相でつぶやく主人公のコマで終了。

【後味の悪い話】ハッピーピープル”軽いふざけあいジャン”の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ハッピーピープル

701 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 00:41:44
「後味が悪い」で思い出すのはハッピーピープル。
一話完結でブラックな話の漫画なんだけど、一話だけ思い出すだけで鬱になる話が…。
主人公が父母と一緒に出かけた先で、
大声で電話だかカツアゲだか、とにかく悪いことしてる奴がいた。
主人公がそれを注意すると男は父親を殺す。
母親が逃げにだか助けを呼びに行くと母親も殺される。
主人公が絶望して終わり。

みたいな話。変にリアルでほんとにトラウマになってる。

703 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 00:46:19
>>701
後味が悪いの通り越して気持ち悪いな
705 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 01:34:42
>>703
自分が殺されるならまだしも(や、嫌だけど)
家族がっていうのがほんとに後味悪い。

【後味の悪い話】ハッピーピープルの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】悪魔を憐れむ歌

643 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 14:41:11
「悪魔を哀れむ歌」って映画は後味悪かったな・・・
先ずいきなり森林から始まって「大変だった」「やばかった」
など誰かがぶつぶつ独り言を言う所から始まる。
そして過去に戻ってこれまでの経緯って流れ・・・
粗筋は悪魔が感染するって話で人間に乗り移った悪魔を刑事が倒しても
近くに人間がいると悪魔が憑依してしまって悪魔を倒せないって話。
悪魔は刑事を追い詰めていって、刑事は聖書で調べた方法で反撃にでる。
悪魔の取り付いた人間を森林に誘き出しその人間を殺し悪魔が自分に
憑依した瞬間に自殺。見事悪魔を倒した・・・と思ったら近くを通り掛かった猫に憑依。
実は最初の「大変だった」云々は悪魔の言葉だった。
今迄人間だけだったのが動物もOKとういう半ば反則みたいな展開に
今迄のは苦労はなんだったんだ・・・と思う後味の悪いラストだった。

関連記事

【後味の悪い話】立原えりかの童話

630 名前:前半 投稿日:2007/02/23(金) 12:28:23
立原えりかの童話が後味悪かった。
女の子は、最近お母さんが元気になったことが気になっています。
お母さんは毎週土曜日に綺麗に着飾って、
お父さんからのプレゼントの真珠のネックレスを身につけて出掛けます。
帰って来たお母さんからはお酒の匂い。
「お母さん、新しい彼が出来たのかしら。お父さんが死んだ時あんなに悲しんでいたのに!お父さんが可哀相!」
女の子は、このネックレスさえなければお母さんは出掛けない、と考えてネックレスを燃やしてしまいます。

【後味の悪い話】立原えりかの童話の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ユージュアル・サスペクツ

662 名前:626 投稿日:2007/02/23(金) 16:32:59
他の映画では超有名だけど、CUBEとユージュアル・サスペクツかな
この二作は超有名なので語る必要ないと思うけど、
スレ的にNG又はkwskという人がいたら、うろ覚えながらもがんばって書きます
余談だけど何故かこの時期のサイコサスペンス映画に俺個人的なヒッ作トが多い気がする
674 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 17:19:02
>>662さん
ユージュアル・サスペクツkwskしてもよろしいですか?
題名は昔から知りつつもなかなか機会がなくてみた事ないんですよね。

【後味の悪い話】ユージュアル・サスペクツの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】隣人は静かに笑う

646 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 14:50:21
隣人は静かに笑う
テロリズムの歴史を教えている大学教授マイケル・ファラデー(ジェフ・ブリッジズ)は、
ある日、路上で大ケガを負った少年ブラディ(メイソン・ギャンブル)を救助する。
ブラディは隣に越してきたラング家の息子だった。
これが縁で、ファラデー家とラング家の交際が始まる。
設計技師を名乗るオリヴァー・ラング(ティム・ロビンス)と妻のシェリル(ジョーン・キューザック)には
3人の子供がいて、マイケルの息子グラント(スペンサー・クラーク)はブラディと親友になった。
さらにマイケルの恋人である大学院生ブルック(ホープ・デイヴィス)も交えた隣人同士の交流で、
2年前に妻を失ったマイケルの悲しみも癒されていった。

だがラング家を訪ねるうち、マイケルはオリヴァーが何か隠し事をしていると疑うようになる。
彼の過去を調べてみると、オリヴァーはウィリアム・フェニモアという名の爆弾魔だったことが分かった。
マイケルは妻の同僚だったFBIのウィット(ロバート・ゴセッティ)に助けを求めるが、相手にしてもらえない。
やがて事の真相を知ったブルックが交通事故で死ぬ。そしてサマー・キャンプに出掛けていたグラントが
オリヴァーに人質として取られ、マイケルは息子を乗せたワゴンを車で追いかけて、ついにFBIのガレージに突入する。
が、そのマイケルの車に実は爆弾が仕掛けられていて、そのまま爆発。
爆死したマイケルは、死んだ妻の復讐のためFBIテロに及んだのだと、マスコミに報道されるのだった。

649 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 14:53:19
>>646
きっついなあ…

【後味の悪い話】隣人は静かに笑うの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】映画アイデンティティ

609 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 08:21:00
昨日の映画アイデンティティは酷かった。サスペンスでも何でも無い。
しかもピザの眼の動きがキモすぎ・・
610 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 08:34:41
あの人、コンスタンティンでも渾身のマジ白目を披露してるね。たぶん特技が目芸かな
616 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 10:35:37
>>610
海の上のピアニストもたしか眼芸出てた

【後味の悪い話】映画アイデンティティの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】映画「告発」

604 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 04:53:39
映画「告発」が後味悪かった・・
当時の資料を掻き集め、事実を元に製作したという触れ込み。
アルカトラズ刑務所から脱獄しようとして失敗した囚人が独房に入れられるが、
独房と言っても光も差さない穴倉でマッパのまま約3年間を過ごす事になる。
日の光を浴びるのは年に一度、X’masの30分のみ。
また副所長や看守から水をかけられたり、階段から突き落とされ、殴られ、
アキレス腱を切られるなど数々の肉体的・精神的虐待を受ける。
やっと一般房に戻されたが、歩行困難な上、
聴覚にも異常を来たした状態で食堂へ行くが、他人の声や物音に怯えまくる。
その中で、脱獄計画を密告した囚人の名前を誰かに囁かれる。
密告者は、一緒に脱獄する計画を立てた「仲間」だった。
独房での地獄のような日々はこいつのせいだと我を失い、
裏切った密告者の喉をスプーンで刺し、殺害する。
第一級殺人罪で裁判となるが、担当した弁護士が接見するうちに
アルカトラズで行われている囚人に対する虐待の事実を知り、
逆にアルカトラズ刑務所を告発する、という筋。
自分はトラウマになり、その夜夢にまで見た・・

【後味の悪い話】映画「告発」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】メルギブソン主演の映画・サイン

573 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/22(木) 18:12:08
後味悪いコピペ投下
後味悪いっつかなんつーか、
車の事故とかで体が挟まれた人とかが
本来なら大出血でショック死するハズなのに
挟まってるおかげで生きてるっていうのがあるよな。
直前まで「ぜんぜん痛くないよ。今クレーンで助けてくれる。あとで遊ぼう」
みたいに元気に話しているんだけど車どけた瞬間に大出血して即死しちゃうんだよね…。
もしかしたらこれも現代なら対処法みたいなのは出来てるかもしれないけど
なかなか後味悪いなあと思った。

575 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/22(木) 19:14:57
>>573
後味悪いと言うか
そりゃ映画のワンシーン だな(´ζ `)【サイン】

【後味の悪い話】メルギブソン主演の映画・サイン の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】ドクターフー

540 名前:長文四/一 投稿日:2007/02/22(木) 13:29:59
ドクターフーというエイリアンタイムスリップ狼男と何でも来いな海外ドラマの話
その回は主人公であるドクター(宇宙人であらゆるものを見てきている)と
彼と旅するローズは脇役扱いで、主人公はごく普通の青年。
青年は幼い頃に自宅でドクターとローズを目撃、
何をしていたのか気になりドクターを独自に調査していた
やがて同じようにドクターと接触を持ち、ドクターを調べている少女に出会う
段々と挽かれていく青年
少女を通して同じ目的を持つ人々と出会い、その人々と趣味サークルのようなものを作る
お互いに仲良くなっていく仲間たち
しかしある日突然、一人の男によってその日々は壊される
突然やってきた男はドクターについての情報を豊富に持っており、
お前たちの目的は何なのだ!ドクターを調べることだろう!と仲間たちを叱咤。
それに触発されて仲間たちは再びドクターについて調べることに専念する

【後味の悪い話】ドクターフーの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】地獄少女「静かな湖畔」

513 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/22(木) 01:13:50
このスレではお馴染み「地獄少女」第2シリーズから
「静かな湖畔」
バブルがはじけて以来、価格下落で見る影もないかつての新興住宅地にNYから戻ってきた紅林一家。
しかしたった一度ゴミの出す日を間違えただけで、
何者かに生ゴミや動物の死体を庭に撒き散らされるなどの嫌がらせをされるようになる。
頼りになるのはお向かいさんである柿沼だけ。
紅林と柿沼は渡米前テレビのプロデューサーと有名演出家という関係であり、以前からの親友でもあった。
そのうちに紅林の息子・拓真は悪魔であるという中傷ビラまで撒かれるようになり、紅林一家は引越しを決意。
しかし引越し前日の夜、何者かに家のガラスが割られる。
紅林が玄関に様子を見に行った隙に、外からリビングの窓を突き破ってきたボウガンの矢が妻の喉に当たり死亡。
人影を見た拓真が庭に出ると、そこにはボウガンが落ちていた。思わずボウガンを手に取る拓真。
しかし、その姿を近所の人に見られ、葬式では近所の人から
「母親を殺したのはあの子だ」と噂を立てられるようになる。
葬式で拓真は、柿沼が見知らぬ女性と言い争っているのを目撃する。
「奥さん殺したのあなたでしょ。復讐のために、私の赤ちゃんみたいに殺したんだ!」

拓真は父親に相談するが、そんなはずはないと突っぱねられる。
近所の心無い噂に、「僕は何にもしてないのに…」とその夜拓真は『地獄通信』にアクセスする。
『地獄通信』とは都市伝説の一種で、午前0時にアクセスし、憎い相手の名前を書き込むと、
地獄少女が現れて地獄に落としてくれるというもの。
拓真の前に現れた地獄少女は、憎い相手を地獄に落とすと、死後自分も地獄に落ちることになると説明。
それを聞いた拓真は、やはり地獄に落とすことはやめることを決意。
父の教えの通り、人を憎むことはせず、もう一度警察に調べてもらおうと電話する。

【後味の悪い話】地獄少女「静かな湖畔」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】「CSIマイアミ」

510 名前:ロリータポルノ爆弾1/2 投稿日:2007/02/21(水) 23:29:29
「CSIマイアミ」のエピソード
ちょっと記憶があやふやだけど。
過去に子供に対する性犯罪を犯して服役していた男が殺される。
被害者は出所後に弟の家で暮らしていたのだが、近所に性犯罪者が住んでますという
顔写真と住所入りのビラを貼られて以来、家には嫌がらせが絶えなかった。
(アメリカでは性犯罪者の住所はネットで公開されるらしい。)

捜査をすすめていくと犯人は弟だとわかる。
弟夫婦はずっと子供に恵まれなくて、最近やっと子供を授かったのだが流産していた。
弟の妻は、医者は原因ははっきりしないと言うけれど
どうしても義兄さえ家に来なければと思ってしまい精神が不安定になり病院に通っていた。
妻を見て苦しむ弟だが、小さい頃からの親の教育で兄を見捨てることは出来なかった。
そんなある日被害者のところに幼女の画像がどんどんポップアップされるというウィルスメールが送られる。
それを見て刺激された被害者はつい公園に子供が遊ぶのを覗きに行ってしまう。

【後味の悪い話】「CSIマイアミ」の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】自供した事により減刑され無期

450 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/21(水) 00:00:46
出勤前に見たのではっきりと覚えてないが
今朝のスーパーモーニングのニュース。
小中学生をナイフで脅し、「おびえてる顔がたまらなく興奮」する変態40男。
強姦は何百件にもおよび、放火もそれに劣らず合わせて400件以上。
内一回は5人の死者を出す大変な惨事になった。
趣味は放火で、レイプは生活の一部と手記に書いた。
本人ですら死刑だろうと思っていたらしいが、自供した事により減刑され無期。
しかしこの自供は反省からではなく、
拘留中、他の被告からのいじめに耐えられず、自供して移動したいとの思いからだった。
スタジオの弁護士も憤りを隠せないようだったが、
それ以上に生きながら焼かれた5人の人の痛み辛さ苦しみ、
思い入れのある物や財産を焼かれた人の空しさ、
一生癒える事のない傷を負った少女達、
その少女達を慈しみ、愛していた家族の思いが…。
幼い子供のレイプ被害者は子宮摘出もあるんだな。
映画にもなってたけど「評決の時」でも被害者の子供は子供の生めない体になったものな。
本人も「やめる事が出来なかった」「つかまった事で止められた」とか書いてたけど
こいつはあと何年で出てくるのだろうか。
自分の意思でやめる事が出来なかった男が、これから社会に出てきて
何人の少女を快楽の為に生きながら死ぬ様にさせるのだろうか。
焼け死んだ人はどれほどの生き地獄を味わったんだろう。
なんで死刑にならないんだろう。

【後味の悪い話】自供した事により減刑され無期の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】トレヴェニアン「バスク、真夏の死」

445 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 22:44:56
トレヴェニアン「バスク、真夏の死」
初老の軍医、ジャン-マルク(バスク出身)が青年時代の悲恋を回想するという体裁になっている。
フランスで勉強後、医師となってバスクの田舎町に赴任したジャン。
そこで快活で妖精のような女性カーチャ(別に本名があるらしい)と出会い、ひかれていく。
だが彼女の双子の弟ポールは、ジャンと姉の接近を快く思っていないようで、なにかと皮肉を言う。
かと思うと親しげな態度を取ったりするポール。困惑しつつも姉弟と親しくなっていくジャン。

姉弟の父は中世研究家で、浮世離れしているが好人物だった。
しかし父もまた、カーチャとジャンの交際を喜ばない様子。
だがジャンのカーチャへの思いはつのるばかり。
しかしカーチャの家に滞在中のある夜、ジャンは何者かに頭を強打され昏倒する。
自分の病院で目覚めたジャンは、カーチャの家へ向かう。

家では2人の父が自殺し、ポールが殺されていた。
そして髪を切り男物の服を着てポールになったカーチャがいた。
カーチャは少女時代、ポールの友人に強姦されてから「カーチャ」と名乗り、
いわば別人となることで精神のバランスを保っていた(本名はオルタンス)
だがカーチャが恋をした時、彼女は相手の青年を殺してしまった。強姦されたショックが蘇ったのだ。
父とポールは死体を隠しカーチャを守った。カーチャは犯行時の記憶を失っていた。
ジャンを殴ったのもカーチャで、恋をすると相手を殺さずにいられない状態になっていたのだ。

【後味の悪い話】トレヴェニアン「バスク、真夏の死」 の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】「初めて双子産んで良かったと思った」

06 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 16:25:14
子供の頃の話。
近所の双子の姉妹が下校中トラックに轢かれて一度に亡くなった。
それだけならただの悲しい事故の話で終わりなんだが、
この姉妹の母親が喜んでいたのが後味悪い。
なんでも買い物しすぎて借金があったとかで、
それを補って余りある保険金や賠償金が入ってくるのが
嬉しくてたまらなかったんだな。
現場検証に立ち会うときに顔がにやけるのを押さえきれない、
「初めて双子産んで良かったと思った」とか失言も多数。
近所では「1人だけ残ったらあの母親に『お前も死ねば良かった』と言われたに違いない。
不憫に思った神様が、
仲良しの2人一緒に連れて行ったんだ」と噂されていた。

関連記事

【後味の悪い話】映画 殺人の追憶

404 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 16:10:57
映画 殺人の追憶
農村で連続強姦殺人事件が起こる。
刑事たちは証拠を捏造したり容疑者を拷問して自白を引き出したりして犯人をあげようとするが、
証拠不十分だったり直前に否定する証言が出てきたりして捜査は進まない。増える被害者。
都会から来た2枚目エリート刑事は、最初は理性的でそういう捜査法を嫌悪感をもって見ている。
だが、自分の目の前で被害者がさらに増えつづけるのを見ているうちにキレる。
で、容疑者のひとりを追い詰めて暴行して「自分が犯人です」と認める発言を引き出す…が、
その容疑者も犯人ではないことがわかる。

時は流れて十数年後。
どうやら犯人がまだ、シャバでのうのうと生きているっぽいことを暗示してEND。

インターネット上の感想を見てみると、
「実際の事件を元にした映画なので犯人は捕まらないことはわかっていたが、
 それでも引き込まれて夢中にさせる展開が素晴らしい」
といったものが多かった。
確かに、最初からそういう予備知識を持って見ていれば、面白かったかもしれない。
しかし、自分は単なる娯楽サスペンス映画を期待してみていたので、この消化不良な終わり方は後味悪かった。

関連記事

【後味の悪い話】フランス映画の少女ムシェット

384 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 00:33:22
フランス映画の少女ムシェット
12,3歳くらいのムシェットは飲んだくれの父親と
重病で臥せっている母と赤ん坊の四人暮らし。貧しい。
家では病気の母&赤ん坊の世話に忙しいが何故か父親には邪険な扱いを受け
学校でも真面目に授業を受けず教師に嫌われ
毎下校時に土手の陰から同級生にドロをぶつけたりして浮いた存在である。

ある帰宅時に森に彷徨い迷い雨に濡れていたムシェットは密猟師の男に助けられる。
無くした靴を探しにいってくれたりと優しかった男も
会話してるうちに彼女に襲いかかり肉体を奪う。
最初は逃げていたが下から男の体を抱くムシェット。

【後味の悪い話】フランス映画の少女ムシェットの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】同じ醜い顔をしていた

355 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 20:19:41
タイトルも忘れたけど、海外小説の短編。
ある傷害事件が起こり、被害者は胸をナイフで刺され、命に別状は無いが入院中である。
その経緯を知るために刑事の元を訪れる男。
それはある少女がかかわっている事件で、その少女が語った話を語り始める刑事。
少女の母は自宅を仕事場にする売春婦。
段々美しく成長していく少女を客が見初め、高額で少女の処女が売られた。
しかし母親が体を売る様を見ていた幼い少女はそれを淡々と受け入れ、
日に日に少女に客が付きはじめ、母親は金の為に娘を売り続ける。
近所では当然この家で行われている事は知れ渡っており、
彼女達母子はさげすまされ、疎外されていた。
しかし成長するにつれ、少女は売春を強要される事を拒否するようになる。
理由は学校で苛められる事と、好きな年上の男の子が出来た事だ。
好きになった相手は嫌われ者の少女にも優しく接するお金持ちの息子、
自身が手に障害を持つからか、少女に対しても何の偏見も持ってないようだ。
プラトニックなデートを重ねるうち、少女は心が洗われるような気持ちになり、
売春自体を憎み、恐れるようになっていく。
しかし娘にそんな事をさせながら、母は「同じ年頃の男には気をつけろ」と言う。
そして護身用にと少女はナイフを持つ。
犯されるような事があったら殺せ、と。
傷心の少女は好きな少年とデートへ行くが、車の中で少年は彼女の体を触り始める。
拒否した少女に少年は「君は体を売るんだろう。金は払うさ」と言って札入れを開き金を見せた。

「そして彼女は刺したんだな」
「ああ。金を見せた時の少年の顔が、客と同じ醜い表情でそれに耐えられなかったらしい」
「少女は彼を愛していたんだろうな」
「だから生きる希望を無くしたんだ。そのまま少女は自分の胸にナイフを突き立てたんだ」

356 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 20:23:48
後味悪いって言うより、悲しく感じた・・・

関連記事

【後味の悪い話】SIREN

330 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 01:12:49
SIRENというゲームが後味悪かった。
以下、簡単な内容。(ちょっと曖昧だけど許して)
あるホームページの掲示板で、
“一人の村人による残りの全住民の大量虐殺が行われた”という
噂の場所を知る事ができた主人公・須田恭也は、オカルト好きが興じて、その村へ行ったのだが、

屍人という化け物のような姿の人間が徘徊する羽生蛇村に閉じ込められることになる。
恭也は途中、神代美耶子という少女と出会い、目の見えない彼女と一緒に行動する事になり、
危機を乗り越え、段々親密になっていった彼女に、全ての元凶である堕辰子というものや屍人を全て倒し、
それが原因の悲劇を終わらせる事を約束する。
恭也は、美耶子の力を借り堕辰子を倒す事に成功するが、
結局美耶子は死に恭也自身も堕辰子を倒した事で呪いを受け、
永遠にその世界を彷徨い、屍人となった村人を倒し続けることになる。

いくつかエンディングがあるけど、どのエンディングも
ゲームに出てくるほぼ全ての人間が、助からない。
クリアしたのはいいけど、後味悪かった。

【後味の悪い話】SIRENの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】あなたを忘れない

306 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 15:07:38
映画”あなたを忘れない”ストーリー
韓国人青年は日本に憧れ、韓日友好を夢見て来日するが、日本人(とくに男)のひどい差別に遭う。
そんな中、日本人女性と出会い、恋に落ちるがその父親も韓国人差別主義者。
でも、父親の韓国人差別は、本人が日本人だから無能でリストラされたのに
優秀な韓国人を逆恨みしているだけだった。

韓国人青年はバンド活動をするが、日本人バンドマンは軟弱な無能揃い。
韓国人青年のみやる気と才能があり、無能な日本人を叱咤激励。
いつしかリーダーとしての立場を獲得していく。

そんな韓国人青年をますます好きになる日本人女性。
「日本の男って最低だけど韓国人男性は素敵」
「そんなこといちゃいけない。日本人男にも憐れみを与える必要があると、ポクは思てる」

韓国人青年は生活のためにアルバイトをします。アルバイト先のロッテ工場は素晴らしい。
ロッテを賞賛するエピソードがストーリーの途中に、長時間を費やして挿入されます。
また、パチンコは日本人をストレスから救済する素晴らしい娯楽産業であり、感謝すべきである、
というエピソードも途中に挿入されます。

韓国人青年は、日ごろから韓国人を差別している日本人男が酔っ払ってホームから落ちるのを目撃します。
酔っ払いと一緒になって韓国人差別のシュプレヒコールを繰り返していたホーム上の大勢の日本人は、
突然黙って目を反らし、知らぬ顔を決め込みます。

そこに人ごみを分け入ってホームから飛び降りる韓国人青年。
彼は酔っ払い男性を救助しますが、その代わりに命を落とします。

そんな彼の死を悼みながら、日本人女性はますます韓国人を大好きになりました。おわり。

【後味の悪い話】あなたを忘れないの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】2代目ミンキーモモ

305 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 14:33:12
2代目ミンキーモモの人間界のパパさんママさんはエイズだったな。
主人公が魔法の国から人間界にやってきた時、
「子供が欲しいけれど子供がいない夫婦」の元に導かれるんだけど、
実は二人は主人公が来る前に不治の病(原作者によるとエイズらしい)に冒され、
子供が産めない、更に近いうち死ぬ運命だった。
最終回でこの事を知った主人公は、人間界に留まる事を選ぶ。
しかし、後に出たOVAでは両親が亡くなり、ひとりぼっちになっている。

ついでに、魔法の国の住人は100年に一度しか歳を取らないし、
元々現実の世界の住人ではないから、いつ消えてしまうかも分からない。
TV版最終回で、魔法の国には戻れなくなっている。

12歳相当の女の子に課す運命としては、後味悪すぎた。

関連記事

【後味の悪い話】電気回路のヒマワリ

300 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 07:55:54
電気回路のヒマワリだっけ?なんたらのヒマワリってタイトルの漫画
とある老人は最近若い女性と結婚した。
財産目当てというのはわかりきっていたはずなのだが、
やはり妻が愛人を連れこみまくる姿は見るに耐えなかった。
妻はどんどん傲慢になってゆき、老人は虐待めいた事もされる。

そんな老人の楽しみは、最近買ったメイドロボットとの会話。
精巧だがやはり人間とは違っており、少々とぼけているロボットに安らぎを感じるのだった。
「お前はヒマワリのようだ いつも前向きで悲しみを知らない」
老人はロボットとお茶を飲む。
ロボットは食物を取らないのでお茶をだらだらこぼしまくっているが、
その姿すら老人にはほほえましく見えた。
「また来週一緒にお茶を飲もう」
老人の言葉にロボットは「それは命令ですか?」と聞くが、
老人は「いいや約束だよ」と答えた。

妻の愛人はロボットにフェラをさせる。
「アヒャヒャヒャ鉄の玉が転がってるみてえ」と興奮する男。
卑しく笑う妻。その頃、老人は妻と別れる決意をしていた。

別れを切り出された妻は激怒する。
「もう自分をごまかしてはいられない 私は前を向きたい」
そう言う老人を妻は撲殺し、ロボットに解体して埋めるように命じた。

ある晴れた日にロボットは庭に出て、老人の埋まっている上で
ヒマワリを眺めながらお茶をだらだらこぼしまくる。
「お前はヒマワリのようだ 前向きで、そして悲しみを知らない」
そう言った老人との約束を果たすために。

【後味の悪い話】電気回路のヒマワリの続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】るろうに剣心-星霜編

271 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/17(土) 18:15:02
ジャンプで連載してた「るろうに剣心」って漫画のOVA(オリジナルビデオアニメ)版が後味悪い
漫画の方は結婚して子供が出来て幸せな最後なんだが、OVAの方はその後の話で、
結婚した後も剣心は困ってる人々を助ける為に日本各地を周っている。
そんな事をしてる最中に剣心は梅毒にかかってしまう。しかしそれでも剣心は人々を助ける。
そんな時に日清戦争の為に剣心も清に行く事になる。
その前夜、薫(剣心の妻)は梅毒に剣心がかかってるとわかった上で
抱いて欲しいと言う。そして次の日剣心は清へ

しかし清に渡った剣心は梅毒のせいで体が弱りきっていた。
そこに昔仲間だった左ノ助が現れる。剣心は何とか左ノ助の力を借りて日本行きの船に乗る事が出来る。
ボロボロの体で何とか日本に到着する剣心、一方薫も梅毒にかかっていて
ボロボロの状態で床に臥している。しかしエスパー並の力で薫は剣心が日本に戻った事に気付く。
家を飛び出した薫と剣心の二人は河原で再会する。
そして剣心は薫に膝枕されながら死ぬ。

って感じの話、わざわざ原作がハッピーエンド終わってるのに、オリジナルで
こんな終わり方をする必要があるのかよ、と思った。

【後味の悪い話】るろうに剣心-星霜編の続きを読む
関連記事

【後味の悪い話】「私はそんなことの為に治療を施したんじゃない」

231 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/16(金) 22:00:33
ブラックジャックから、印象的な話を。
ある青年が殺人(尊属殺人だったかな?)を犯す。
犯行後、彼は自暴自棄になってビルから飛び降りるが奇跡的に一命をとりとめる。
ただし全身はズタボロで話をすることもままならない状態で、まさに生ける屍。
殺された被害者が社会的地位の高い名士だったこともあり、
検察側は犯行時の状況や動機などをどうしても明らかにしたいため、犯人の証言を欲しがる。
そこで名医ブラックジャックに白羽の矢が立ち、最初は渋っていたBJも
犯人の青年を元の身体に戻すことを動機づけにして神業的な処置を施し、見事に青年の身体を快復させる。
ここまではよかったのだが、問題は結末。
快復して「無事に裁判を受ける」ことが出来るようになった青年。だが、彼に下された判決は死刑。
頭を垂れて判決を受け入れ、退廷していく青年。その時傍聴席から怒声が上がる。声の主はBJ。
「ふざけるな、何の為に治したと思ってるんだ。わざわざ死刑にするために彼を救ったのか」
「放っておけば死んだはずの人間を、あんたらは二度も殺すのか」
「私はそんなことの為に治療を施したんじゃない」
青年は背中にその憤りの声を聞きながら退廷する。

死刑執行の日、目隠しをした青年は刑務官に問いかける。
「判決の時、傍聴席で怒鳴っていた方はどなたですか」と。
「お前の身体を治療した医師だ」と教えられた青年は、
「その人にありがとう、と伝えてください」と言い残して絞首台を上った。

後味が悪いのに胸を打つ結末というのも結構珍しいかな、と思う。

【後味の悪い話】「私はそんなことの為に治療を施したんじゃない」 の続きを読む
関連記事


アクセスランキング ブログパーツ