月別アーカイブ  [ 2013年09月 ] 

≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

【後味の悪い話】ご注意ください



511 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/12 20:37
もう5年くらい前になるが、アパートの郵便受けにこんなメモが入っていた。

「近所のものです
 あなたの部屋のベランダに
 深夜何者かがおりています
 ご注意ください」

漏れの部屋は屋上の下、階段は外から出入り自由、ルーフバルコニーには
屋上から雨樋を伝って降りることができる。
どうしようか?と思ったが、どうすることもできず、窓に鍵をかけて寝た。
以降、とくに何もなかったが。



関連記事
[ 2013/09/28 18:04 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】いびつな男の子



488 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/12 10:39
一昨日、近所のディスカウントストアに行った時のこと。
俺が棚の前で商品を見ていると、隣に背が低い人が立ったのでふとそちらを見た。
思わず息を呑んでしまったよ。
小学生くらいの男の子なんだけど、頭がとても小さく、
目鼻口が左右対称ではないいびつな場所に付いているんだ。
彼はスーパーのポリ袋を持って指差しながら「あー、あー」と言っていたので
欲しい商品が手の届かない場所にあるのだろうと思って
「どれを取ってあげればいいの?」と聞いた。
すると、「んー、んー」と一生懸命首を振りながらポリ袋を指差すんだ。
見るとポリ袋に小さなメモが貼ってあり、そこには大人の字で
「200円入れてね!!」
「ダメダメ」と断ると、彼はスーッとどこかに走って行ってしまった。
ああいうことをさせているのは彼の親なのだろうか。
親があの光景を棚の陰から見ていたのかもしれない、と思うと何ともやりきれない思いがする。
まとまりのない長文ですみません。



関連記事
[ 2013/09/28 10:04 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】人狼 JIN-ROH



462 名前:蒼い種馬 投稿日:03/06/11 04:24
映画「人狼」
ドイツ占領後、高度成長を遂げた架空の戦後日本。
過激派セクトと武装警察「首都警」が市街戦を繰り返している。
「首都警」は、縄張り争いをめぐり公安警察とも対立している。
主人公、伏は、首都警隊員で、セクト鎮圧の際に眼前で自爆した少女のことがトラウマになる。
そして、少女の墓で伏は、少女の妹を名乗る女ケイと出会う。
伏とケイの交流が始まる。
しかし、ケイは公安のスパイでセクト関係者と首都警隊員のスキャンダルを捏造するための餌だった。
ここで、どんでん返しがあって、実は伏も首都警の対スパイ組織「人狼」のメンバーで、
罠と知った上でケイに接近していた。
結局、公安の実行部隊は「人狼」によってせん滅される。
伏は、ケイが公安の謀略の生き証人である以上生かされると安心する。
しかし、伏の上司は「ケイが存在する可能性」自体が公安に対するカードであり、
それを完全なものにするにはケイを抹殺するしかないという。
伏は、泣きながらゆっくりとケイの頭部に銃口を向け遂に引き金を引く。
ケイが、射殺されるまでの間、放心したように好きだった赤頭巾の話をぼそぼそ話すのは後味悪。
そして、銃声がきこえたその瞬間、伏の上司の「そして、狼は赤頭巾を食った」の台詞でエンド。



関連記事
[ 2013/09/28 02:04 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】百物語/其ノ七十九「他人の顔の話」(杉浦日向子)



439 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/10 03:58
杉浦日向子さんの百物語のなかにあった話。

最近、家族や奉公人が急によそよそしくなったことに気付いた主人が妻に理由を問いただす。
妻は一通の手紙を見せ「主人から、数日中に帰宅すると連絡が来た」と言う。
「何を馬鹿な、私はここにいるじゃないか」と、返事をするが妻は
「あなたは本当に私どものあなたでしょうか」と言う。
馬鹿なことを、と思うが不意に不安になり、
子供の名を呼ぼうと思っても思い出すことが出来ない。

「居心地は悪いのですが、数日中に帰るという主人を待つことにします」
のせりふで終わってて、その後どうなったのか全く分かんないのが後味悪ー。



関連記事
[ 2013/09/27 18:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】赤い蝋燭と人魚(小川未明)



438 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/10 03:00
人魚というと、思い出す後味の悪い話。
小川未明の「赤い蝋燭と人魚」
ttp://www.choryo.jorne.ed.jp/area/ogawa.html
◇あらすじ
北の海に住む女の人魚が人間世界に憧れて、
自分の子供だけは人間世界で幸福に育ってほしいと
子供を浜の神社の下に産み落とした。
ろうそく屋の老婦人がその娘を拾って育てるが、金に目がくらんで香具師(やし)に売り渡すと、
嵐が起こって娘を乗せた船は沈み、浜辺の神社は鬼門と呼ばれるようになりふもとの町も滅びてしまう。

絵本で読んで幼心に「(;´Д`)」となった。先に読んだ西洋の人魚姫もかなり後味悪いし…。



関連記事
[ 2013/09/27 10:07 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】女の子と狼(新倉朗子)



449 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/11 02:19
ネット上で見つけた「赤頭巾」の童話。
なんでもこれが「赤頭巾ちゃん」の原作らしいのだが、未確認。

昔、ひとりの女の子がいて母親に七年も会っていませんでした。
女の子は鉄の服を着せられて絶えずこういい聞かされていました。
「服が擦り切れたら、きっと母さんに会いに行けるよ」
女の子は必死に服を壁にこすりつけて破こうとしました。
とうとう服が破け、ミルクとパン、それにチーズとバターを少しもらって
母親の元へ帰ることになった女の子は森の中で狼に出会い、
「何を持っているのか」と訊かれました。
「ミルクとパン、それにチーズとバターを少し」と答えると、
狼は「分けてくれないか」と言い、
「母さんへのお土産が減るから」と女の子は断りました。
狼は「ピンの道と針の道のうち、どちらから行くのか」と訊き、
女の子が「ピンの道を行く」と答えると、
自分は針の道を急ぎ女の子の母親を食べてしまいました。



【後味の悪い話】女の子と狼(新倉朗子)の続きを読む
関連記事
[ 2013/09/27 02:07 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】乳首に毒



380 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/08 18:33

あるところに、お父さんとお母さん、そしてその女の子が住んでいました。
お母さんは弟を産み、両親は弟ばかり可愛がるようになりました。
女の子は嫉妬し、復讐を決意しました。
ある日、両親が寝静まったのを見計らい、お母さんの乳首に毒を塗りました。
次の日の朝、お父さんが冷たくなっていました。




381 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/08 18:44

イヤン





関連記事
[ 2013/09/23 20:05 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】したたるほどの汚物が…どういう状態だよ婆ちゃん(つД`)



403 名前:402 投稿日:03/06/09 01:29


雑談スマソ。
前に世界まる見えTVで見た話。

お婆さんが遺産のことで子供ともめていた。
子供達はお婆さんに会おうともしない。
お婆さんは寝たきりになって動けなくなった。
トイレにも行けないので糞尿はベッドに垂れ流し。
そしてそのまま死んだ。

その婆ちゃんの子供はけっこう近所に住んでいたのに 何ヶ月も放りっぱなしだったらしい。
その部屋の片づけてる場面も見たけど、ベッドのマットに
したたるほどの汚物が…どういう状態だよ婆ちゃん(つД`)
孤独死なんて悲しすぎるよ。





404 名前:402 投稿日:03/06/09 01:31


訂正
>何ヶ月も放りっぱなしだったらしい
>死ぬ以前の何ヶ月も放りっぱなしだったらしい

さすがに死んでから何ヶ月も放置したわけではない。
でもしばらくは放置してたようだ。



関連記事
[ 2013/09/23 17:05 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「父親が家にいなくなった」こと 自体に違和感を感じていませんでした。



362 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/08 14:04


後味悪いかどうかわからないけど・・。

私が小学生のころに父親が家を出て行きました。
そのころの私は幼く、
なぜ父親が家を出たのか、
それ以前に「父親が家にいなくなった」こと 自体に違和感を感じていませんでした。

月日は過ぎ、私は26歳になりました。
ある日家の電話が鳴り、私が受話器をとったところ、
向こうから聞こえて
きたのはもう十何年ぶりに聞く父の声でした。

父の話した内容は
「ミカ(私)やお母さんや私の兄に会いたい」
「肝臓をやられていて、もう余命半年」「今は生活保護を受けている」等々・・。
その時の私は何の感情も湧かず、適当にあしらって電話を切りました。
別に父親を恨んでいた、とかそういうわけではありません。
「思い入れもなかった」ということです。





【後味の悪い話】「父親が家にいなくなった」こと 自体に違和感を感じていませんでした。の続きを読む
関連記事
[ 2013/09/23 12:05 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(2)

【後味の悪い話】ガラスのクジャク(エリナー ファージョン)



340 名前:1/3 投稿日:03/06/07 03:55


小学校の時読んだ童話。うろ覚えですが。

ある貧しい街に女の子がいた。
女の子は自分のことより人のことを真っ先に考えるような子で、
自分の弟だけじゃなくて、街の子供達みんなに優しかった。
珍しくお小遣いをもらったことがあったんだけど、
その時もお菓子を買って子供達と分け合った。
みんなが先を争ってお菓子を食べたので、女の子はほんのかけらほどしか
食べられなかったんだけど、それでも女の子はにこにこと笑っていた。




341 名前:2/3 投稿日:03/06/07 03:56

ある年のクリスマスの後、女の子はお金持ちそうな女の人が
ガラスでできたクリスマスツリーを持っているのを見た。
木も飾りも全部ガラスで出来ているんだけど、
その飾りの中でも、女の子が特に気に入ったのはクジャクの飾りだった。
女の子が羨ましそうにガラスのツリーを見ていると、
女の人がそれに気づいて、捨てるところだったから、とそのツリーを女の子にくれる。
女の子が喜んでいると、子供達が集まってきてツリーを羨ましがった。
すると女の子は子供達に、飾りを分けてあげるよ、と言う。
女の子がクジャクを気に入っていることに、年上の子供達は気づいていた。
けれど他の子供が欲しがれば、女の子はクジャクを譲ってしまうだろうと思って、
小さい子達がクジャクを欲しがらないように、他の飾りを誉めたりする。
そのかいあって、最後にツリーにはクジャクの飾りだけが残った。
女の子は嬉しそうににこにこ笑う。




342 名前:3/3 投稿日:03/06/07 03:58

その晩、女の子は弟が泣く声で目が覚める。
どうしたのか聞くと、弟がもらった飾りを抱いて眠っていたら
落として壊してしまったと言う。
女の子は少しだけ躊躇して、でも結局笑って自分のクジャクをあげてしまう。
すぐに弟は泣き止んで、クジャクを抱いて眠りについたのだけれど、
しばらく後に、女の子は、暗闇の中でガラスのクジャクが壊れる音を聞いたのだった。

ここで終わりです。
最後に初めてちょっとだけためらう女の子が切ない上に
クジャクが壊れるのが後味悪くて・゚・(ノД`)・゚・。



関連記事
[ 2013/09/22 20:05 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】乗越駅の刑罰(筒井康隆)



327 名前:322=326 投稿日:03/06/06 23:31

検索したらあらすじが出てきました。少々違ってたみたい。以下コピペ

「乗越駅の刑罰」小説家の入江又造は七年ぶりに里帰り、乗越駅にやってくる。
無人と思い切符を出さずに改札口を抜けようとしたところに、駅員に呼び止められる。
又造の弁解を一向に認めない駅員は、言葉尻をとらえてイビリだす。
そこに、もう一人の駅員が来て子猫でスープを作り始める。
怖くなった又造は金をつかませて逃げようとするが、余計怒りにふれて、
無理やり猫スープを飲まされてしまう。
そんなところへ子猫の親と名乗る猫男が子猫を捜しにくるのだった。



【後味の悪い話】乗越駅の刑罰(筒井康隆)の続きを読む
関連記事
[ 2013/09/22 16:05 ] 筒井康隆 | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】すごく腹立つんですが。なんでホスト載せられてるんですか?



281 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/04 16:4


以前、オチ板にて被害者の会HPを立ち上げたスレがあったなぁ。
スレの最初は「1乙」のレスばかりだったけど、突然15タン乱入。

「あの、何故か私のホストがサイトの下に載せられてるんですが何か不都合でも?」

みんな釣りだと思ってスルーしていたら

「すごく腹立つんですが。なんでホスト載せられてるんですか?
 何かした覚えは全くないんですが?めっちゃムカツクんですが。すぐはずしてください」

と騒ぎ始めた。そして更にヒートアップ。

「ちょっと本当に腹立つ!!私はずっとこのスレたったときだって
 初の書き込み>>4でしてるし、前のスレからいつも応援してたのに、
 なんであんなこと書かれないと駄目なんですか!!
 人のホスト晒すのならちゃんと調べてからにしろや!!!! 」

「あれはあなただけじゃなくて、訪れた人のホスト表示がされるだけだよ。
 それを見てるのはあなただけ。 安心しなされ。」

と途中で言われても興奮冷め遣らない15タン。




【後味の悪い話】すごく腹立つんですが。なんでホスト載せられてるんですか?の続きを読む
関連記事
[ 2013/09/22 12:05 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】体育もプールも必ず見学するし、学校も休みがちなので、クラスでも浮いた存在になった



254 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/03 10:16


知人に聞いた話。もう30年位前の話らしい。

小学生の時に転校生が来た。
色の白い女の子で、夏だというのにずーっと長袖を着ていた。
確か北海道か東北あたりからの転校生だったと思う。

その子は体育もプールも必ず見学するし、学校も休みがちなので、クラスでも浮いた存在になった。
無口でおとなしい子だったが、その知人は帰り道が同じ方向だったので、言葉を交わすようになった。

ある日の下校時に、人通りのない通学路でその子が言った。
「○○ちゃんだけに見せてあげる」
そしておもむろにシャツの袖を捲り上げた。
両腕一杯に、刺青が施されてあった。
聞くと腕から背中、腰、太ももまで刺青があるらしい。

しばらくして、その子はまたどこかへ引っ越していったという。
生きてたら、もう40歳を超えているはず。





関連記事
[ 2013/09/21 21:05 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】私の犯した殺人



214 名前:告白 ◆LDJ.nSAcoo 投稿日:03/06/01 03:12

ある小説家の告白です。

N君とは田舎の中学校で同級生だった。
彼も私も東京に出て別々の高等学校へ入学したが、
大学へ入ってみると、 また同じフランス文学科で顔を会わせた。
なるほどかのライバル意識はあっただろう。
充分に親密になっていい間がらでありながら それほど親しくなれなかったのは、
やはりおたがいなんとなく馬が合わず、
かすかに毛嫌いしている部分があったからだろう。





【後味の悪い話】私の犯した殺人の続きを読む
関連記事
[ 2013/09/21 18:05 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】会社から帰るとFAXが届いていた。



249 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/02 22:43


今から5、6年くらい前の話。
会社から帰るとFAXが届いていた。
自分とは全く関係ない内容で間違いだと思うんだが、その内容が

脳外科手術の予定一覧。
患者の名・性別・年齢・病名、施術日、医者の名などが書かれていた。

ゲゲー、何でこんなものが間違って流れてくるんだ?と 非常に嫌な気持ちになった。
さらに1週間くらいたってまた同様のFAXが…。
送信書もついてないし、送信者の番号も印字されていなかった。

結局、2回で来なくなったんだが、
その頃、手術をトトカルチョのネタにしていたというような
ニュースをテレビで見ていて
タイミング的にものすごく後味悪い間違いFAXだった。





関連記事
[ 2013/09/21 10:05 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】その踏切で、一個下の女子厨が電車にはねられたと聞いた。



205 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/31 23:49


厨房の頃。
通学路の途中に踏切があり、遅刻寸前に学校に行く漏れは
ほぼ毎朝
カンカン鳴ってるのを無視して遮断機をくぐり通り抜けてた。
わりと人がたまる踏切で、毎度十人くらいの歩行者が待つ。
そして、だれかがくぐると続いてくぐるやつも出てくる。
何しろ長い踏切だった。漏れはもはやそもそも待つことをしなくなってた。

卒業してすぐに、その踏切で、一個下の女子厨が電車にはねられたと聞いた。
なんでも、三年生になったその子は 無遅刻無欠席皆勤賞のまじめっこだったらしく、
その日は遅刻しそうになって思わず遮断機をくぐったんだそうな。
もしや漏れが頻繁にくぐってるのを見て、真似したんでは・・・

と、後味悪い思いをずっと持っていたんだけど、
よく考えると遅刻寸前の俺と無遅刻無欠席の彼女では
きっと登校時間帯が違うから、
見るわけねー罠
長文でゴメン





関連記事
[ 2013/09/20 21:41 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】小学校の一時期、僕と友達はカタツムリにハマっていた。


171 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/30 21:31

小学校の一時期、僕と友達はカタツムリにハマっていた。
結構大きいカタツムリで、授業の時には机の中に入れたりしてかわいがっていた。
そんなある日の掃除の時間。
掃除は大体クラス内で班分けをして、教室とトイレや昇降口や階段などと分かれていた。
教室以外の掃除が早く終わっても教室の掃除が終わるまでは入ってはいけないというルールがあった。
教室に入れないので、僕達は廊下の端っこで邪魔にならないようにカタツムリを這わせてそれを眺めていた。
教室の掃除をしていた人が廊下の僕達に入っても良いよ。と声をかけた。
僕は、顔を上げて分かった。と返事をして立ち上がろうとした。
その時だった。
廊下で鬼ごっこをしていた奴らが勢い良く僕の目の前を駆け抜けた。
僕の足元には無残に砕け散ったカタツムリの屍骸があった。
僕は、生まれてはじめて生き物の死を目の当たりにした。
そのあと教室に入らず、どこか別の場所で、ものすごく泣いたのを覚えている。
教室に戻ると、カタツムリの屍骸は回収されたあとだった。
かすかに廊下にその跡が残っていた。
僕はそれ以来カタツムリが苦手になった。
今でもカタツムリを見るとそのことを思い出してしまから・・・。




関連記事
[ 2013/09/20 17:41 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】家の門扉のところにモンシロチョウの蛹がくっついてたんです。



167 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/30 20:03


似たような経験が。
家の門扉のところにモンシロチョウの蛹がくっついてたんです。
おお。いつ脱皮?孵化?するかなあ、と思って楽しみにしてたのに
何日たっても動きが無いのです。
梅雨の冷たい雨が降るある日、待ちかねて顔を近づけてみると・・
蛹の下部に小さな穴があいていて、中は空でした。

中の人は蛹のまま、ヨトウムシだかナメクジだかに
ちゅうちゅう吸われてしまっていたのです。
あああああ。ぐすん







関連記事
[ 2013/09/20 12:41 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】 小学校の図書室にあった児童書で後味の悪い話をひとつ。



133 名前:① 投稿日:03/05/30 01:44


既出だったらスマソ。
小学校の図書室にあった児童書で後味の悪い話をひとつ。

電話がなっている。
きっと出ればテレビ電話の画面いっぱいに
君の笑顔を見ることができるだろう。
けれど、ぼくは電話にでることができない・・・・・・。

僕には幼馴染で好きな子がいる。
ある日その子が音楽の先生とホテルから出てくるところを 偶然見てしまった。
気になった僕は彼女に問い詰めた。
すると彼女は僕を自分の部屋にいれ、ベットにビニールシートをひき、
突然服を脱ぎ始めた。
そして股間にくっついていたナプキンをめんどくさそうに 剥ぎ取ると、一言いった。
「生理がきたら、はやく全部すましてしまいたかったの。」
彼女がこっちに近づいてくる。
僕はのどがカラカラになり、頭の中がまっしろになっていった。







【後味の悪い話】 小学校の図書室にあった児童書で後味の悪い話をひとつ。の続きを読む
関連記事
[ 2013/09/19 22:41 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】 ご存じのように羽化したての油蝉はきれいな白をしています。



166 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/30 8:27


夏になると思い出す事があるのでひとつ。
夏と言えば蝉。そして蝉と言えばどこに行ってもいる油蝉。

一昨年か、一昨々年の事だったと思います。
私は商店街を歩いていました。商店街と言っても、ときどき民家はあります。
その民家の白い壁に、茶色い固まりを見つけました。
位置は膝の高さ位。固まりは、大きめですが油蝉の抜け殻のようでした。
固まりの下にはプランターがあり、花が植えてあります。
蝉の幼虫は7年間を土の中で過ごすと言いますよね。
こんなとこに幼虫がいたんかな?それにかなり大きいけどほんとに油蝉?と
私はその抜け殻をよく見ようと近付きました。

抜け殻は確かに油蝉でした。

正確に言えば抜け殻ではなく、中の人がいました。
ご存じのように羽化したての油蝉はきれいな白をしています。
中の人がすっかり出るまでに1時間、羽が乾くにはさらに半日と聞きました。

中の人はさなぎの背中を割って、頭を出し、前脚を一対出したところで
力つきていたのです。油蝉らしく、茶色く、からからに乾いて。

あああああああああああああああああああ






関連記事
[ 2013/09/19 17:41 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】噂をながしたのは私の同級生。私も加担した。



130 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/30 00:27


子供のころ。近所に浮浪者がいた。いや当時使ってたことばどおりに乞食と呼んでしまおうか。

近くの駄菓子屋のおばちゃんが母親らしいという噂がたった

その店の商品は「乞食菓子」と呼ばれ、子供は誰も近づかなくなった

1年足らずで駄菓子屋は店を閉めた。噂のせいなのはあきらかだった。

噂をながしたのは私の同級生。私も加担した。

おばちゃん、ごめんよ






関連記事
[ 2013/09/19 10:41 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「おまえ、なんで休んだん?」と軽い気持ちで僕達は聞いた。



129 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/29 22:50


高校の時仲の良い友人達がいた。
そのうちの一人は普段からどこか冷めている奴だった。
ある日そいつが珍しく学校を休んだ。
次の日、そいつはお昼前ぐらいに登校してきた。
昼休みになって「おまえ、なんで休んだん?」と軽い気持ちで僕達は聞いた。
そいつは「昨日の朝、起きたら親父が二階のベランダから首吊っとってん。笑うわ。」と淡々と言った。
僕達は一瞬そいつが何を言ったのか分からず、あっけに取られていた。
ようやく、状況を把握した僕達と友人は一斉に口を開いた。
友人が一瞬早く「ゴメン、そんなつもりじゃなかってん・・・」と答えた。

僕はそれを聞いて言葉を飲み込んだ。
僕は「飯時にそんな話をするなよ」と言いかけたからだった。
そのあとものすごく自己嫌悪に陥った。。。






関連記事
[ 2013/09/18 20:41 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】30も過ぎた娘の為にそんなあなた…母よゴメンね。



117 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/29 16:47

先月、とあるライブに参加した。
私が家を出る前に、母がちょっとした用で駅前まで出ていた。
出発の時間になり、私は家を出た。
駅向こうにあるビデオ屋にビデオを返し、
地下鉄の階段を下りて現地に向かった。
久々のライブだったので、 めちゃめちゃフィーバーしてほくほく顔で帰ってきた。
すると、母が言いにくそうにしながら口を開いた。
ライブの前に食べてもらおうと、一口チョコを買い駅の階段を下りたところで待っていた。

と。しかしいくら待っても私は来ない。当然だ。
母が待っていた階段とは別の階段から下りたのだから。
それを聞いて、時間が戻せるならぜひ戻したいと思った。
30も過ぎた娘の為にそんなあなた…母よゴメンね。
後味悪い一日だったが、チョコは美味かったぞ。






関連記事
[ 2013/09/18 16:41 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】待望の赤ちゃんが生まれるが、2日目に頭蓋内出血おこして一生介護が必要な状態になってしまい



110 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/29 11:43


今日の朝刊
待望の赤ちゃんが生まれるが、2日目に頭蓋内出血おこして
一生介護が必要な状態になってしまい、両親がもう治療しないで下さいって
言い出す。家に連れて帰ると死んでしまうのにすぐに退院させろとか。
悩んだ医者は親、弁護士と話合って赤ちゃんを乳児院にひきとってもらう事に
する。今は乳児院で特別にしつらえた部屋にいるらしい。




112 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/29 12:45

気持ちが分からなくもないが自分が親になったらどうするかなあ





114 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/29 13:42

私だったら同じように子供を手放すと思う。
また、子供の立場だったとしても、一生五体不満足で
生かされるより来世に期待して死にたいと思う。

エゴだろうけど。






関連記事
[ 2013/09/18 10:41 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】 ハロルド作石 「ゴリラーマン」より



108 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/29 04:04


最近ふと思い出して気になっている漫画のからのネタです。
ずっと昔に立ち雑誌を読みしたものなので激しくうろ憶え
ハロルド作石 「ゴリラーマン」より

ある日の授業中、藤本が校内放送で呼び出される。
藤本のツレの中島達は、どうせまたバカをやって呼び出されたのだろうと
タカをくくるのだが、あまりにも長時間帰ってこないので
よほどこっぴどくしぼられているのだろう、ならば出てきたところをつかまえて
からかってやろう、ということで皆で職員室前に集まる。
憔悴した様子で出てきた藤本にニヤニヤしながら
中島「オウ、ずいぶんしぼられたみてぇじゃねえか」
つぶやくように言い返す藤本
藤本「どうってことねぇ・・・母親が飛び降り自殺したってどうってことねぇよ・・」
↑のコマの下に飛び降りてる母親の図、顔は口だけで後はのっぺらぼう(このコマだけハッキリ憶えてる)
あまりの事に固まる中島達を残し、去ってゆく藤本     

この話、私が持っている単行本には載ってません。異色すぎてカットになったのか
自分が何か勘違いしているのか・・






関連記事
[ 2013/09/17 21:12 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「ネットで夜更かししちゃった」



73 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/27 23:44


親戚が集まる日の前の晩2chで夜更かししてしまった私
皆で食事しながら「ネットで夜更かししちゃった」
といったら、年の離れた従妹の旦那にどういうのみてるの?と
きかれたので「にちゃん」と言おうか「つーちゃん」と
言おうか2chやってんの黙ってようか
ちょっと迷ったけど親戚は皆結構歳でパソコンも
もってない人ばっかだからどうでもでもいいやと
「つーちゃんねるってとこだよ」と答えたら
その従妹の旦那に
「ああ、“ツーチャンネル”ね。
皆はまるんだよね。
 でも通な人は“にちゃんねる”って 呼ぶんだよ。でも、俺みたいなほんとの通はね
 あそこには行かないんだよ、はははは」
みたいなことをいわれました。
2chの呼び方だけで通とか言われてなんだか、
なんだか後味悪かった…。





関連記事
[ 2013/09/17 15:12 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】彼氏の親友にレイプされかけました。



52 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/25 15:35


一年前、彼氏の親友にレイプされかけました。
彼氏のことで相談があると突然家を尋ねてきたの、でうっかり入れてしまったんです。
飲みながら話そうと初めはバカ話をしてたんですが、
「彼氏と付きあう前から好きだった」と言われ押し倒されて・・・。
抵抗しましたが、友人ということもあり、
何とか話してやめてもらおうと大声は出しませんでした。
でも服をはぎ取られてるうちに本気で怖くなり泣きだすと、友人も我に返ったのか
そのまま何も言わずに帰ったんです。

彼氏には言っていません。友人は彼氏とは会わなくなったそうです。
私は精神的に傷つきましたが、それに加えて
彼氏と付き合う前にその友人を好きだったことがあり、
服をはぎ取られて、付けていた下着が古いモノだったことを気にした自分に気付き、
そのことが後味が悪くて仕方ありません。

ここに書いて忘れようと思います。





関連記事
[ 2013/09/17 10:12 ] 実話・体験談 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】まんが日本昔ばなし/キジも鳴かずば

42 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/25 03:41

既出かもしれないけど友人から聞いた、日本昔話の後味の悪い話。

ある所に年老いたじいさんとその孫娘(6歳くらい)が仲良く暮らしていた。
二人は貧しかったがとても幸せだった。
ある年の正月にじいさんは孫に彼女が大好きな小豆を買って来てやっ
た。孫は大喜びで小豆御飯を食べた。
次の日、余りの嬉しさに孫は家の外でまりをつきながら
「小豆御飯を食べた~」と歌っていたら近所のおばさんがそれを聞いた。
実は昨日、小豆が盗まれる事件があったのだ。
おばさんの通報によりじいさんは罪人として連れていかれてしまった。
孫の為にほんのひとにぎりの小豆を奪ってしまったじいさんは人柱として埋められることになってしまった。
孫は自分があんな歌を歌わなければじいさんが死罪になることもなかったと非常に悔やみ、
それ以来彼女は口をいっさい閉ざしてしまった。

何年かして孫は成長し山で山菜採りをしていた。その時に1人の猟師と遭遇した。
猟師は娘に1人でこんな山奥に入るのは危険だと注意したが
娘は軽くおじぎをするだけでやはり言葉を発することはなかった。
暫くして娘は一羽の鶴を発見する、鶴はケーンと鳴き空へ飛び立った。
とその直後に鶴は先ほどの猟師に撃たれて死んでしまった。
何十年も喋ることの無かった娘はそれを見て鶴に言った。
「あなたも黙っていれば死ぬことはなかったのに。。。」と。




関連記事
[ 2013/09/16 20:12 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】まんが日本昔ばなし/キジも鳴かずば



42 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/25 03:41

既出かもしれないけど友人から聞いた、日本昔話の後味の悪い話。

ある所に年老いたじいさんとその孫娘(6歳くらい)が仲良く暮らしていた。
二人は貧しかったがとても幸せだった。
ある年の正月にじいさんは孫に彼女が大好きな小豆を買って来てやっ
た。孫は大喜びで小豆御飯を食べた。
次の日、余りの嬉しさに孫は家の外でまりをつきながら
「小豆御飯を食べた~」と歌っていたら近所のおばさんがそれを聞いた。
実は昨日、小豆が盗まれる事件があったのだ。
おばさんの通報によりじいさんは罪人として連れていかれてしまった。
孫の為にほんのひとにぎりの小豆を奪ってしまったじいさんは人柱として埋められることになってしまった。
孫は自分があんな歌を歌わなければじいさんが死罪になることもなかったと非常に悔やみ、
それ以来彼女は口をいっさい閉ざしてしまった。

何年かして孫は成長し山で山菜採りをしていた。その時に1人の猟師と遭遇した。
猟師は娘に1人でこんな山奥に入るのは危険だと注意したが
娘は軽くおじぎをするだけでやはり言葉を発することはなかった。
暫くして娘は一羽の鶴を発見する、鶴はケーンと鳴き空へ飛び立った。
とその直後に鶴は先ほどの猟師に撃たれて死んでしまった。
何十年も喋ることの無かった娘はそれを見て鶴に言った。
「あなたも黙っていれば死ぬことはなかったのに。。。」と。





関連記事
[ 2013/09/16 20:12 ] アニメ・ゲーム | TB(0) | CM(1)

【後味の悪い話】「でも、腎臓って片方あれば生きていけるんでしたよね?」という返答。



863 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日::03/05/15 12:38

腎臓を患った少女の話。医師が手術してみると、
腎臓の片方はすでに壊死しており、除去しなければならない状態。
医師はそのことを母親に話すが、母親は変に冷静で、
「でも、腎臓って片方あれば生きていけるんでしたよね?」という返答。

不審に思った医師が調査すると、その少女は定期的に各所の病院に入院しており、
他の医師のカルテにも「母親は冷静」と書かれている。
さらに調べると、母親が他人の注目を浴びたい?か何かの異常な理由から、
あえて子供を定期的に病気にしているらしいという結論に達する。
(腎臓の壊死は、あえて何らかの薬品を注射したことによるもの)
 
医師からの疑惑に気付いた母親が、手術が済んだばかりの娘を連れて退院しようとしたことから、
医師は児童相談所?のようなところの女性を呼び出し、
少女に「医師以外の人間に医療行為をされなかったか?」と尋ねる。
しかし、少女は「ママを放っておいて」「何もしないで」と泣くばかり。
質問の最中に病室に押し入って来た母親は、娘の車椅子を押して病院を出ていく。
少女は車椅子から何かを訴えかけるような視線を医師に投げかけるが、
やがて廊下の門を曲がり、見えなくなった・・・。
児童相談所の女性は、
「彼女たちのことはこちらのデータベースに載せておく。次にどこかに入院したらわかる」というが、
医師は「彼女が、次に入院したときには、もう手遅れだ・・・」と呟くのだった。

で、おい、終わりかよ!と思ったが、現実には虐待していると知っていて
も人の子供に手を出せない場合があるんだろうなあ・・・。






関連記事
[ 2013/09/16 15:12 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ