【後味の悪い話】パットお嬢さん

587 名前:パットお嬢さん 1/2 :2008/11/21(金) 09:22:47
「赤毛のアン」を発端にのびてるなあ。
同じ作者で「パットお嬢さん」って小説が個人的に後味悪い。
主人公パットは森に囲まれたお屋敷に住んでいて、森も込みでそのお屋敷を「銀の森」と呼んでいる。
パットは銀の森で父母、妹、召使いと一緒に幸せに暮らしているのだが、
「変化」を異常な程に恐れていて、いつも、「一緒に住んでいる妹が出てってしまうんじゃないか」とか
「幼い頃から一緒の召使いが死んでしまうんじゃないか」とかありとあらゆる現状変化を恐れている。
以前兄も一緒に住んでいたのだが、兄が家を出て行ってしまったときもとても嘆き悲しんで、
今でも嘆いている程。

また「銀の森」に執着するあまり、「銀の森」から出て行きたくないので、
モテモテなのに結婚もしないまま30になってしまう。
当時、30で結婚してない女なんて「負け犬ってレベルじゃねーぞ!」
幼なじみのシドという男性がパットに何度も求婚しているのに、それをすげなく断りつづけ、
シドはパットを忘れるためどこかへ移住してしまう。
また他の男性達からも求婚されるが、全て断ってしまう。
その断り方が後味悪い。パット本人も「結婚しなきゃ」という意識はあるので、
途中までちゃんと交際する。(むろんエッチ無しの清い交際)
なのに土壇場になって(やっぱり銀の森から出て行くの嫌!)と思ってきっぱり結婚を断る。
しかも理由を言わないでただ「あなたとは結婚できない。ごめんなさい。」の一点張り。
男から見たらもて遊ばれているとしか思えない。
理由を言われても、そんな理由じゃ男は嫌だろう。

【後味の悪い話】パットお嬢さんの続きを読む
[ 2017/06/18 20:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】奈落

431 名前:奈落  1/3 :2008/11/19(水) 00:20:00
主人公(妹)は姉を生まれながらの人生の勝利者であり、自分は敗北者であると思って生きてきた。
彼女ら2人はそっくりな容貌だったが、
姉は金髪に青い瞳で、妹は茶色の髪に灰色の瞳をしていた。
姉妹の両親は、母にそっくりな上に、母の「自分がそうであったら」と願っていた理想そのものである
金髪と青い瞳を持つ姉を溺愛し、母と容貌、髪と瞳の色が同じ妹は姉より一段低い扱いを受けていた。
妹は母の理想の自分像である姉が可愛がられ、
母に本当にそっくりである自分が 姉ほど可愛がられないのを不満に思う。
また、姉妹の母は、姉には女の子らしい可愛らしい色の可愛い服装をさせ、髪を長く伸ばさせたが
妹は地味な色の服を着せられ、髪も短くさせられていたため、周囲には姉と似ていると言われた事がなかった。
そのことに不満に思った妹は、母の死後、庭のごみ捨て用の穴に散髪用の鋏を捨ててしまう。
髪を切られなくなった妹は、姉に似ていると周囲に認められ、妹ははそれに喜び感じる。
その後、成長するに従って、妹は姉の真似をするようになっていく。
姉妹の父を含めた周囲の人間にそれをやめるようにも、妹は姉の真似をやめようとしなかった。
成長した姉は、容姿、演技力、知性の全てを備えた女優としてデビューし、人気を得る。
姉のマネージャーは若い美形で、妹は彼に憧れていた。
姉と同じようになりかった妹も芸能界にデビューをはたしたが、
姉のように実力を伴わない妹はなかなか出演作を見つけることが出来ない。
しかも妹のマネージャーは姉マネージャーと別人の中年男であり、そのことに不満を持つ妹は段々姉へと対抗心と嫉妬を募らせていく。
妹マネージャーがやっと見つけてきた妹への出演依頼は、ポルノ紛いの映画であった。
その事がよく分かっていない妹は、出演する気まんまんだったが、姉と父の反対により
出演は取りやめとなり、妹マネージャーは解雇される。
理解の無い父と姉だと思い込み、妹は泣きながら眠りについた。
夢の中で彼女は ごみ捨て用の穴のなかに鋏を捨てる夢を見る。

【後味の悪い話】奈落の続きを読む
[ 2017/06/17 21:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】森村誠一の「魔少年」

410 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/18(火) 10:25:27
昔読んだ森村誠一の「魔少年」て短編、結構後味悪いと思ったんだが
誰かあらすじ上げてはくれまいか?


【後味の悪い話】森村誠一の「魔少年」の続きを読む
[ 2017/06/17 20:14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】赤川次郎の短編

121 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/12(水) 18:56:01
たしか赤川次郎の短編だったと思う。
ある裕福な家族(夫・妻・娘・息子)がドライブに行った。
その途中にカップルをひき逃げしてしまう。
子供達は寝ていて気づいていない、と夫妻は思っていたのだが
実はそのカップルの魂が子供達に乗り移っていた。
子供達の姿になったカップルは、そのことを気づかれないようして暮らす。
(いつか復讐するためとかの理由だったと思う)
しかし、通いの家政婦に正体がばれる「決定的な場面」を見られてしまう。
そのため、家政婦はカップルに殺されてしまう。
色々あって、ようやく夫妻はその秘密に気づき、自分達が犯した罪を悔い改める。
いつか子供達が元に戻った時のことも考え、
家政婦殺しの罪は自分達でかぶることとし、轢き逃げと併せて自首する。

後味悪かったのは「決定的な場面」というのが、
子供に乗り移ったカップルが性交しているシーンだったということ。
(そんな姿、しかも姉弟なのにすんなよと思った)
あと、結局子ども自身の魂は戻るかどうかわからないんだけど、
戻ったところで親は殺人犯だし、娘の方はすでに処女じゃないし
踏んだり蹴ったりで子どもに罪は無いのに踏んだり蹴ったり、って所。

「三毛猫シリーズ」にはまった小六の頃に読んだのだが、
読後感は「げんなり」という言葉が一番ふさわしかった。

【後味の悪い話】赤川次郎の短編の続きを読む
[ 2017/06/16 18:03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】乃南アサの「臍」

807 名前:1/2 :2008/11/06(木) 15:07:14
乃南アサの「臍」という短編。
主人公は銀行員の夫と二人の娘と暮らす平凡な専業主婦。
真面目で堅物な夫は
「自分が仕事に出ている間、子を育て家を守るのは嫁の役目」という考えで、
主人公もそれに従い娘達を育ててきた。
ある日、高校生の次女・未菜子が臍の整形をしたいと相談してくる。
「お父さんに聞いてみないと」と主人公は渋るが、
「言ったってお父さんが理解してくれるわけないじゃない!」と駄々をこねる次女。
さらに、援助交際で資金を稼ぎパトロンに手術の同意書を書かせて整形した友人の話をし、
こうして親に正直に話している自分は真面目だと主張。
主人公は渋々夫に内緒で整形手術を受けることを許す。

【後味の悪い話】乃南アサの「臍」の続きを読む
[ 2017/06/14 19:51 ] 小説 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ