【後味の悪い話】トワイライトゾーンだったかアウターリミッツだったか

988 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/02(火) 19:58:35
トワイライトゾーンだったかアウターリミッツだったか忘れたけど…
主人公は医者。激務が続いてもう3日以上も寝ていない。
強烈な眠気と偏頭痛に悩まされながら、栄養ドリンク飲んで頑張っている。
深夜、とりあえず休憩をとってロビーに座っていると、コートを着た黒人男が話しかけてくる。
黒人男は自分を死神だと名乗り、仕事が嫌になったので今からサボることにしたのだと言う。
頭がおかしい人なんだな、と医者は思ったが、”死神”が医者の両親の名や死因を知っていたので
ちょっとビックリする。けど、きっと何かの偶然だと考える。
その後、いくらかやりとりをしつつ、仕事をこなしていくうちに朝を迎える。

朝になって、近くで大きな交通事故があったらしく、病院に怪我人が大勢運ばれてくる。
しかしその中には、明らかに死んでいないとおかしいはずの重傷を負った人間が混じっていた。
皮膚は焼けただれ、肉が裂け、血が流れきっているのに死ねずに苦しんでいる。
それを見てあの”死神”は本物だとやっと理解した医者は、仕事を再開してもらうために病院中を探し回る。

【後味の悪い話】トワイライトゾーンだったかアウターリミッツだったかの続きを読む
[ 2017/07/16 22:56 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】トワイライトゾーン「人類饗応法

981 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/02(火) 11:45:09
トワイライトゾーンにそっくりな話があったな
日常雑貨、ホースとかクリップとかジョウロとかを隣近所から借り集めて
朝から晩まで走り回ってる男がいる
彼の自室は雑貨で組み上げられた複雑で巨大なモニュメントで埋まっている
彼は間断なくそれのバランスを取りながら
ときどき宙を見上げて「はい。ハサミですね」とか呟いてる
彼によると このモニュメントは世界の均衡そのものなのだと
これのバランスが崩れると世界は破滅するのだと

主人公(大家に依頼された弁護士とかそんなだったと思う。失念)は
彼を入院させることにして男を取り押さえ 救急隊員に引き渡す
その際にモニュメントに触れ 何か小さいものを一個 落としてしまう
連れ去られる間際にそれを見た男は必死に叫ぶ
「そのせいで何とか島(名前忘れた)が沈むぞ!忘れるな!」

【後味の悪い話】トワイライトゾーン「人類饗応法の続きを読む
[ 2017/07/16 21:56 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】海外オムニバスドラマ

973 名前:1/2 :2008/12/02(火) 06:52:34
海外オムニバスドラマの中の1話「パターン」
多少内容違うと思うけど投下
主人公は精神科医。
ある日暴力事件を起こした中年の男(名前はスミスにしとく)の担当を警察から任される。
精神科医は、スミスが手元にあるメモ用紙を何度も曲げたり戻している動作を見て、
どうして同じ動作を何度もするのかと問う。
スミスは、自分は神に選ばれた人間であり、啓示された動作を、啓示された回数分だけ
決められた時間内にこなさなければ世界の秩序が乱れて大変な事態になると真剣な表情で語る。

その動作とは、ペンを一定の高さから落としたり、鼻を掻いたり、机の角を叩いたり、と様々。
一日のノルマはけっこうキツイ。
神からの啓示も様々で、ゴミをばら撒いた時に偶然形になって見える字
(バナナの皮の形が4だったら左肩を叩く動作を4回など)によって決まるらしい。
その挙動のせいで友人も恋人も離れていき、会社もクビになり今に至る。

スミスは語る、神に選ばれた自分はこの行動を止める訳にはいかない、
過去に自棄になってサボった途端、事故、自殺が多発し、戦争が勃発した、地球の運命を担うは自分だと。
今回起こした暴力事件も自分が座らなければいけないベンチに他の人が座っていてどかなかったからだという。

もちろん精神科医は本気になどしない、強迫神経症と診断し、
嫌がり暴れるスミスを押さえつけ薬を投与し、眠らせる。

【後味の悪い話】海外オムニバスドラマの続きを読む
[ 2017/07/16 20:56 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】新アウターリミッツ

964 名前:1/3 :2008/12/02(火) 00:43:58
昔WOWOWで放送してた「新アウターリミッツ」って海外ドラマシリーズ(1話完結式)が
後味悪い話が多い。
そのうちの一つ。かなり前のドラマなのでうろ覚えだけど。
宇宙のとある星(緑が生い茂り地球に似ている)に調査に降り立った宇宙飛行士たち。
男が複数と女が2名で女の一人は女医だった。
その星の森の中を探索していたところ、女の一人がトラップに掛かり殺されてしまう。
大切な仲間をその星の住人に殺された、奴らは俺達を殺す気に違いないと興奮する男たち。
しかし女医はそれにはちょっと疑問気味であった。
やがてその星の住人と思われる宇宙人が現れ、
宇宙飛行士たちは攻撃される前に…と攻撃を仕掛け2人を仕留めることに成功。
逃げた宇宙人の血痕を追って、洞窟にたどり着く男たち。そこには残りの仲間が潜んでおり、
むかって来た者・奥に隠れて怯える者も残らず全てを射殺する。
宇宙人たちの死体を調べてみたところ、彼らの一人は手で持てるくらいの小さな箱型の機械を持っていた。
しかし何に使うものかまでは分からず、男たちの一人が保管。



【後味の悪い話】新アウターリミッツの続きを読む
[ 2017/07/16 13:56 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】サイレント・ランニング

921 名前:本当にあった怖い名無し :2008/11/30(日) 20:56:48
子供の頃に見たSF映画
地球からかなり離れた恒星の軌道上に、地球から派遣された
大がかりな植物の育成実験用の人工衛星が回っていた。

実験は宇宙空間での植物育成の状態を調べることで、数えきれないほどの植物と一緒に
乗務員はA、B、Cという3名の人間と2体の補助ロボット。

BとCは、この閉鎖された空間での長期間の実験に飽き飽きしていたが
もともと人間嫌いで植物に深い愛情を持っていたAにとっては、この世界はまさに理想郷であり、
この実験がこのまま続けられることを疑わなかったのに
ある日、突然地球からの実験中止、即刻帰還命令が下りる。

首脳陣がこの実験に存続価値はないと判断したからで、植物を破壊した後
地球に向か連絡船に乗り移るようにという命令に、BとCは喜ぶが
Aには青天の霹靂、育てている植物達に異常な愛情を注いできたAにとっては我が子を殺すのに匹敵した。

苦悩したAは植物達を守る方法として、
B、Cを殺し地球には「突発事故が起きて脱出不可能」と連絡後、わざと地球への電波送信を切ってしまう。
これで、この実験衛星は宇宙空間で事故を起こしたと判断されるだろう、
そして永遠に植物と自分だけの生活ができると思った。

それからしばらくは映画はAの植物日誌みたいな感じで進んでいき
淡々と植物とA、そして2体のロボットの穏やかな(?)日々が何年か描かれる
(その過程で1台の補助ロボットが修理不能な故障を起こし、機能停止した
時にはAがまるで大事な肉親を亡くしたように嘆き悲しむシーンがある)が
その平安はある時、いきなりの地球からの通信で破られる。

【後味の悪い話】サイレント・ランニングの続きを読む
[ 2017/07/15 21:56 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ