【後味の悪い話】映画「切腹」

939 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/21(日) 13:44:51
映画「切腹」
関ヶ原後の江戸。負け組武士が食い詰め浪人と化して、
武家屋敷を訪れては腹を切りたいので庭先貸してと迫り、面倒がる屋敷側から金をせびるのが流行ってた。
勝ち組のなかでも格式高い彦根井伊家の上屋敷にも、そんな浪人がやってきた。
応対した家老曰く、先日も若い浪人が来たが、うちはバリバリ硬派なもんだから希望通り腹切らせた。
しかもそいつ、1日待てと悪あがきした挙げ句、腰にさげてたのが竹光。
うちの血気盛んなのがキレちゃって、その竹光で腹切りさせる、しかも古式通り完全に腹切ってから介錯すると。

【後味の悪い話】映画「切腹」の続きを読む
[ 2017/07/29 22:24 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「ネカマな男」

864 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/20(土) 02:28:01
世にも奇妙な物語
「ネカマな男」
登場人物を仮に弘と美佐江(名前忘れたため)にします。

主人公の弘は、ネットの株取引で多額の借金を負い、会社をクビになったダメ亭主。
借金の担保として妻・美佐江のマンションを勝手に売りに出してしまったことから、
妻との関係も完全に冷え切ってしまっていた。

弘は毎日暇を持て余しており、特にすることもないので
妻の名前を語ってメル友を募集する。
たまたま弘の好きな歌手に似ているという「ひまわり」という大学生を発見した弘は、
早速メールを送ってメル友になることに成功した。
それから2人は愚痴を言ったりしながら交友を深め、何でも話せる仲となっていた。

そんなある日、弘は自分が男であることを打ち明けるため、ひまわりに会う約束を取り付けようとする。
すると逆に彼女が「実は告白しなければならないことが…」と弘に持ちかけてきた。
訝った弘は恐る恐る内容を尋ねると、彼女は躊躇いながらも
「私、実は19歳じゃなくて42歳なんです。そして、男なんです(笑)」
と驚くべき事実を打ち明けたのだった。愕然とする弘。
そんな弘を知ってか知らずか、さらに「奥さん、あなたのことを愛しているんです!」と告白する男。
「もうあなたなんて最低です!私は夫を愛しているんです!金輪際メールしてこないで下さい!」
弘はそうメールを送ると、うなだれながらパソコンを閉じた。

【後味の悪い話】「ネカマな男」の続きを読む
[ 2017/07/27 20:09 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】映画「闇の子供たち」

670 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/16(火) 14:49:31
少し前に見た映画 「闇の子供たち」
タイでの幼児売春や臓器売買をリアルに描いた問題作
太った白人が10歳にも満たない男の子をバックで突いたり
エイズに感染した幼女をゴミ袋に入れて捨てたりと
目を覆いたくなる描写がたくさんある

【後味の悪い話】映画「闇の子供たち」の続きを読む
[ 2017/07/26 19:09 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】世にも奇妙な物語

639 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/15(月) 18:25:49
世にも奇妙な物語か何かでやってたドラマ
酒好きの男は毎晩毎晩記憶が無くなるほど酒を飲んでいた
ゴミ捨て場で起きたり、物を無くしたりと困った男は私立探偵に頼み
夜、飲んでいる間の行動を録画するように頼んだ

また飲んだ男が朝、起きると路地裏で隣には見知らぬ中年男の死体があった
仰天する男だが自分の体も痛み、喧嘩したような跡があることから
記憶の無い間、自分が喧嘩で殺したと思い込み、酒を大量に買い込み小屋に入る

【後味の悪い話】世にも奇妙な物語の続きを読む
[ 2017/07/25 21:02 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】老婆、自分勝手にもほどがある

606 名前:1/2 :2008/12/15(月) 07:19:01
たぶん既出かなぁ
何年も前のホラーSPみたいなドラマの話
主人公は看護婦であり旦那と姑と暮らしている
姑とは折り合いがあまりよくなく、表だっては揉めないがよそよそしい関係

主人公が仕事で担当している患者にボケ気味の老婆がいるのだが、
見舞いにくる息子の嫁は老婆に非常につらく当たる
「早く死ねばいいのに!」と怒鳴ったり、思うように動けない老婆を小突いたりヒステリックな態度
主人公自身も姑を内心邪魔物扱いしているが、老婆には同情している

ある日、老婆の病室(個室)に入ろうとしたがドアが開かない
部屋の中からは老婆のうめき声だけ聞こえる
このまま死ぬ気なのではと気付いた主人公は、ドアを力ずくで引っ張って開けようとする
しかしドアは固く、老婆はより激しく呻く
焦った主人公が全力でドアを開けると、部屋があいた瞬間老婆と目が合い、そしてそのまま老婆は事切れた
老婆の首には衣服をロープ状にしてみればものが巻き付いていて、
それが主人公の引っ張っていたドアに結びつけられていた
要するにドアを開けようとすると、老婆の首が締まる仕組みになっていたのだ
老婆は自分につらく当たる嫁に復讐として自分を殺させようとしたのだろう
人違いで殺してしまった主人公はショックを受けるが、
まわりには運が悪かったと励まされ特に警察に捕まるようなことも無かった

【後味の悪い話】老婆、自分勝手にもほどがあるの続きを読む
[ 2017/07/25 20:02 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ