【後味の悪い話】ヴァン・ヘルシング

946 名前:本当にあった怖い名無し :2009/03/03(火) 00:34:20
ハリウッド映画ってサ、トラブルに巻き込まれて、
何人もえげつない死に方で失ったとしても、
目的達成したら笑顔でハッピーエンドって話し多いよね。
特に自分の身内を救出するために、無茶な作戦立てて、
どんなに大勢犬死にさせても、身内救出→抱き合う→よかったぁぁぁってなんなんだよ・・
恋人なんか救出した日にゃ、警官隊とかいろんな人が
バタバタ走り回ってるサ中にチューって・・しかもディープな。

その後に平凡な日常を映すような演出は甚だ後味が悪い。

【後味の悪い話】ヴァン・ヘルシングの続きを読む

【後味の悪い話】グレイズアナトミー

694 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/24(火) 14:43:58
この前見たグレイズアナトミーという海外ドラマのエピ。
名前とかちょっと適当。
脳腫瘍で手術しなければいけない女性患者グレタがいる。
手術をしなければ数ヶ月で確実に死ぬ。
有効的な治療法はなく、今回の手術も実験的な試みであり成功率は高くはない。
手術当日グレタは手術を3時間だけ待って欲しいと言い出す。
パイロットである恋人アンドレーが病院に来てくれるので手術前にどうしても会っておきたいと言う。
グレタと恋人は数ヶ月前にギリシャのクルーズ旅行で知り合った。
彼女が船に乗り遅れそうになり途中で靴が片方脱げたまま走った。
その夜部屋に彼女の靴を持ってアンドレーが現れ、二人は恋におちた。
このまま手術をしなければ数ヶ月の命だが恋人と幸せに過ごすことができる。
手術をしたくないというのではなく恋人と会ってから決めたいとグレタは話す。
手術の準備はできており、それに使用する薬の有効時間は6時間。
担当の男性医師は3時間待つことを受け入れるが
グレタの妹に恋人の写真もなく誰も彼に会ったことがない
本当は恋人なんていないので待つのは無駄だから
早く手術をするよう説得して欲しいと頼まれる。
数ヶ月前というと調度病気の進行がはじまった時期であり
病気の症状の一つに妄想と現実の区別がつかなくなるというものがあった。

【後味の悪い話】グレイズアナトミーの続きを読む

【後味の悪い話】サウスパーク

731 名前:1/2 :2009/02/25(水) 15:32:12
サウスパークではこの話が後味悪いと感じた。
えろ覚えだけどこんな話
主人公4人組が幼稚園児の頃、火遊びをして幼稚園の綺麗な女の先生を大火傷させてしまう。
そこでとっさに4人はクラスのすごい悪ガキに罪を擦り付ける。
そいつは「俺はやってねぇ!出所したら絶対お前らに復讐するからな!」
と絶叫しながら少年院に送られてしまう。
「どうしよう…出所したらただじゃ済まないよ」
「まぁ、それは出所してから考えようぜ」
「そっか!」
と明るく済ませて遊び始める4人…

【後味の悪い話】サウスパークの続きを読む

【後味の悪い話】深夜ドラマ「リセット」

388 名前:消えた記憶 1/3 :2009/02/13(金) 23:40:41
先週放送された深夜ドラマ「リセット」 第四話「消えた記憶」
病院のベッドで目覚めた主人公は丸々1ヶ月間の記憶を失っていた。
覚えているのは彼氏と出会う直前まで。
お見舞いに来た幼馴染みの男は、乗っていた車が事故を起こし、
運転していた彼氏が亡くなったと明かす。
主人公が彼氏と交際した1ヶ月間の事を聞こうとすると、
幼馴染みは忘れた方が良いと意味深な事を言う。
それでも、主人公が彼氏との交際を思い出したいと願うと不意に携帯が鳴り、
人生をリセットできる謎の人物・アンリが現れる。
そして、主人公は1ヶ月前、彼氏と出会った夜まで人生をリセットする。

そこに待っていたのは彼氏とのイチャイチャラブラブな毎日。
しかしそんな主人公に幼馴染みは「あの男はお前を騙そうとしている」
「あの男の運転する車には絶対に乗るな」と言う。
小さい頃からずっと自分のそばに居てくれた幼馴染みの忠告に彼氏のことを疑うも、
彼氏を愛しているので幼馴染みの言葉を完全に信用することもできない主人公。
彼氏から直接真偽を訊ねようにも、幼馴染みの忠告があった直後から、何故か彼と連絡が取れない。
主人公の彼に対する不安は、だんだんと強くなっていく。

【後味の悪い話】深夜ドラマ「リセット」の続きを読む

【後味の悪い話】懲役30日

345 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/13(金) 02:58:36
タイトル失念。多分「懲役30日」だったと思う…
舞台は死刑が廃止になった近未来の日本。

その日、ある凶悪犯の判決が下されようとしていた。
罪状は殺人。それも善良な一般市民7名の尊い命を奪ったという凄惨なもの。
被告である男は死刑確定と思い込んでおり、
裁判中も横暴に振る舞い、反省の言葉を口にするどころか、
被害者遺族を誹謗するような言葉を発したりしていた。

「被告を、懲役30日に処する」
裁判長が判決を読み上げるや否や、男は歓喜の雄叫びを挙げる。
7人も殺害したにもかかわらず、たった30日の服役。
もちろん男は控訴せず、検察もその判決に納得している様子だった。

男は恋人と面会すると、判決の内容を伝えた。
「ひと月したら戻れるから、それまで待っていてくれ」
男と女は互いに顔を見合わせながら不適な笑みを浮かべる。

【後味の悪い話】懲役30日の続きを読む


アクセスランキング ブログパーツ