【後味の悪い話】狼少女

440 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/12(金) 17:16:31
「狼少女」という映画
時は昭和。小学生のアキラは不思議なものに関心を持っている。
近所の神社で行われる見世物小屋に行きたくてたまらなかったが、
学校で禁止されているので叶わなかった。
見世物の一つである、狼に育てられた四足歩行の少女を是非とも見てみたかった。

アキラのクラスには小室という少女がいる。いつも同じ服を着て、髪はボサボサ。
子沢山貧乏一家の長女なため、朝夕と新聞配達をしており、そのために毎日遅刻している。
ランドセルも買ってもらえず、短すぎる鉛筆を筆箱代わりのお菓子の缶に入れて大切にしている。
犬のいる家に新聞を配りに行った小室は、盛んに吠える犬に対抗するように唸り声を上げた。
それを目撃したクラスメートは「狼少女って小室なんじゃないか?」と言いだし、小室をいじめられるように。
以前から薄汚いと馬鹿にされていたが、余計にしつこく小室は絡まれるようになった。

垢ぬけた美少女・ルミコが転校してきた。彼女は体育も勉強も得意だった。
休みの日には歌手や女優になるためのレッスンに通うため東京に行っているという。
いかにも洗練されたお嬢さまという感じで、アキラは恋心を抱いた。
ルミコは小室が馬鹿にされるたびに彼女をかばった。
小室は発育がいいのだが、忙しすぎる母親は気づかずにいてブラジャーを買ってくれないため、
体育の時はしんどそうにしていた。ルミコは小室にブラジャーをあげ、筆箱をあげた。
なにかと親切にしてくれるルミコに小室は友情を抱き、
皆の前では無口で無表情だったのだが、少しずつ笑顔を見せるようになっていった。

アキラと下校していたルミコは、竹林の中でどろまみれになって泣いている小室を見つけた。
小室を家にまで送る二人。小室の母は優しそうな人だったが、忙しさのため小室にかまう暇もないようだった。
小室をどろまみれにしたのはクラスの男子に違いないとルミコは怒り、
小室の母が頼りにできないぶん、共に小室を守るようアキラに言った。
アキラは薄汚い小室をあまり好いていなかったが、ルミコの傍にいる機会が増えるならと承諾した。
その日から毎日、放課後にルミコは竹林の中でひたすら穴を掘るようになった。
穴はどんどん深くなりルミコの背丈をも越え、地底人が出てくるのではとアキラがワクワクするほど。

【後味の悪い話】狼少女の続きを読む
[ 2017/07/24 18:02 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】まるでだめな男、略してマダオ。

371 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/11(木) 19:20:59
『銀魂』
何をしてもすぐクビになってしまう、まるでだめな男、略してマダオ。
彼は見栄を張って、別居中の妻に対して電話で
つい高級マンションに住んで悠悠自適にやっていると嘘をついてしまう。
妻は喜び、今度家に行くと言われ承諾してしまうマダオ。
実際にはホームレスとしてダンボールの住人になっていた。
途方に暮れているところに主人公の銀がやってきて、一緒に部屋を探すことになる。
マダオは彼の犬と何故かラジカセを持って、
銀とどんな貧乏人にも部屋を探してくれるという不動産屋に向かう。
犬(ワン)LDKと称して犬小屋を紹介されたりしながら、最後に紹介されたのは高級マンション。
格安で良いと言われて喜び勇んで部屋に入ると、そこは辺り一面血飛沫が。
壁には「ノボル」というダイイングメッセージらしきものも。 
そこに入居した過去7人がことごとく狂暴になって殺人を犯してしまうという。
そんな部屋に住めるか!と言い争いをしていると、
そのうちマダオが持って来ていたラジカセから不気味な声が聞こえてくる。
「コ・・セ・・・コロ・・・セ・・」
その声が流れ始めた途端、銀の目が正気を失ったようになり、叫び声をあげた。

【後味の悪い話】まるでだめな男、略してマダオ。の続きを読む
[ 2017/07/20 20:33 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ヨイコノミライ

162 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/06(土) 03:00:53
「ヨイコノミライ」って漫画
主人公は小学生のころは活発なサッカー少年だった。
だがスラムダンクというバスケ漫画にはまった結果、
バスケに転向……ではなく漫画オタクとなった。高校に入ってからは漫画研究会に入った。
しかし、研究会といいつつも会員は誰もまともに活動しようとしない。
自分には漫画を描く才能がないとわかっている主人公は、
それでも漫画つくりに関わりたいと編集者を目指しており、
編集者への第一歩として、みんなのやる気を起こさせようとするが上手くいかない。
そんな時、非ヲタの巨乳美少女が漫研に接近してきた。

【後味の悪い話】ヨイコノミライの続きを読む
[ 2017/07/18 22:14 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】アシュラ

905 名前:アシュラ 1/4 :2008/11/30(日) 05:34:35
眠れないから書いてみる。
すごい長文になったから、長いの読めない人は読み飛ばし推奨。
最初は主人公に名前がなくて、途中まで全部「子供」にしたから
「子供」は同一人物だと思って読んでください。
「アシュラ」ジョージ秋山

舞台は、中世頃の日本。
大地には、飢饉で苦しみ、死んだ人間の骨や屍が無数に転がっている。
死体にはうじがわき、カラスがたかっている。

そんな中、妊娠した気のふれた女が、殺した人間の肉や、
転がっている死体の腐肉を食らいながら生き延び、出産する。
母親になった女は、母乳を出すために必死で食料を探すが、
遂に食べられる死体もなくなり、餓死寸前の母親は我が子を食べるため火に投げ入れる。
「生まれてこないほうがよかったのに」

【後味の悪い話】アシュラの続きを読む
[ 2017/07/15 18:56 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】死を願わなくなっていた

787 名前:1/2 :2008/11/26(水) 16:14:30
父王に愛されて育った王女は、幼いながらも類稀なる器量の持ち主だった。
無邪気な王女は、王軍の剣士見習の少年に親しく接していた。
身分差も理解せずに自分を慕ってくる王女に、少年はほのかな恋心を抱いていた。
少年と王女は二人並んで本を読んでいた。
半人半牛の身で生まれてきたミノタウロスという化け物を、迷宮に閉じ込めるという話だった。
閉じ込めなければ禍があるから。恐ろしい話ねと王女は言う。
王の意向により、王女は地方の領主のもとに嫁がされることになった。
領主は裕福らしいが、かなり年上で会ったこともなければ、
結婚の話が出るまで存在すら知らなかった相手であり、王女は不安がって泣いていた。
王城を出る日、まだ泣きじゃくっている王女に少年は言った。
自分は修行を積んで立派な剣士になり、王のために生きていく。
王女のことも必ず守る、王女もがんばって生きてくださいと言う。王女は頷いた。

領主は穏やかで、王女はすぐに愛情を抱いた。幸せな日々がすぎる。
不穏が噂が流れていた。領主が王に対して謀反を起こそうとしているという、根も葉もないもの。
豊かな領主はそれだけ脅威の対象でもあった。噂は王の耳にも入っているはず。
わたくしを嫁がせたくらいだから王はあなたを信頼していると、
忠義を疑われているのではと不安そうな領主を王女は元気づけた。

だが、なんの前触れもなく王軍は領主の土地を攻め立てた。
燃える城の中で、領主と抱き合いながら、わたくしがいるのに何故、と王女はおびえていた。
そこに少年が現れた。彼は、王の命令で王女を救出しにきたという。
そして逆賊の始末も命じられたと言い、王女の目の前で領主を殺した。
狂乱した王女は火の勢いの強い方向へと走り去っていき、燃え落ちた柱に足を潰された。
少年は、更に倒れてくる物たちを背で受け止めて王女を守った。
わたくしをこのまま死なせて、と懇願する王女に、
どうかそれは私が死んだ後にと、と少年は言った。

【後味の悪い話】死を願わなくなっていたの続きを読む
[ 2017/07/13 13:34 ] 漫画・絵本 | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ