【後味の悪い話】「木曜の怪談」の1 エピソード。

395 名前:本当にあった怖い名無し :2008/07/31(木) 15:13:12
「木曜の怪談」の1 エピソード。
主人公の会社員・Aは、両親を早くに失い小学生の弟と、
結婚したばかりの妻と都内のマンションで3人暮らしをしていた。
ある日の駅からマンションまでの帰り道、Aはある男に声をかけられる。
同い年程のその男・Bに誘われるまま、高級マンションの最上階についていくA。
最上階の1フロアは一つ借り切られており、Bとその友人達の遊び場になっていた。
Bは室町時代から続く名家の御曹司であり、その遊び仲間達も資産家のセレブであった。
友人達とBは、何やら今日の交通事故死亡者で賭けを行っていた。しかも百万単位で・・・。
Aも不謹慎だと思いながらも5千円かける。結果はAの一人勝ち。Aの懐には500万円が入った。
それからも度々呼び出されては、Aが今まで一度も食べたことのないような
高級フレンチを奢ってもらったり、豪華な船遊びの招待されたりした。
Aは、Bから受け取った金で弟と妻名義の口座を作った。
そのうちに、AはB達がとんでもない輩であることに気がつく。
「次に右折する車の運転手は男か女か」という賭けの為に道路に灯油を待ち、車を事故らせる。
金を与えてホームレス同士を戦わせる・・・など。
Aは何故か賭に勝ち続け、数千万の預金が出来ていた。
「もううんざりだ。次の賭けを最後に、こいつらから離れよう」

【後味の悪い話】「木曜の怪談」の1 エピソード。 の続きを読む
[ 2017/04/23 19:40 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

全く関係のない人に同じことをする

89 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/11(金) 02:03:27
図書館でかりた
金に困って喧嘩の絶えない夫婦の所へ謎の宅配が届く
中にはボタンが1つついた箱 説明書なし
後日謎の男が現れ、その説明

全く関係のない人に同じことをするの続きを読む
[ 2017/03/20 21:19 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

スティーブン・キング「おばあちゃん」

75 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/11(金) 01:06:16
スティーブン・キング「おばあちゃん」
小学生のジョージはおばあちゃんと二人で留守番中。
といってもおばあちゃんは病気で寝たきりなのだが。
パパはいないし、ママはジョージの兄が野球で骨折して救急車で運ばれたと聞いて病院に行っている。

ジョージはおばあちゃんが怖かった。
ぶくぶくととてつもなく太っていて、自分でベッドから起き上がれない。
おむつの上にゴムのパンツを履かされ、巨大なナメクジのようにベッドに寝そべっている。
顔はしわだらけ。すでに見えなくなった目は死んだ魚のようだった。
それに、ときどきわけの分からないうわ言を大声で怒鳴る。
若い頃は魔女と恐れられ、教会や神を堂々と侮辱するような人だったという。
そして彼女の気に入らない人間は、なぜか不慮の死を遂げるのだった。
たとえばジョージの母の大好きだったフランクリン叔父さんとか。
親族はみな気味悪がって、おばあちゃんの世話は末の娘であるジョージの母に押し付けられた。

しかしそんなおばあちゃんは今は死の床に臥している。

スティーブン・キング「おばあちゃん」の続きを読む
[ 2017/03/20 18:19 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】キリストってすごいデブ

374 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/06/28(土) 22:32:15
姉妹の話も後味悪いよね。
うろ覚えで悪いけど。

【後味の悪い話】キリストってすごいデブの続きを読む
[ 2017/03/13 20:30 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】立原えりか「花くいライオン」

326 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/06/28(土) 09:47:44
小さい頃読んだ童話から。
立原えりか「花くいライオン」
ある所に動物たちが住む動物の王国がありました。
主人公のライオンはその国の王様でしたが、ある日自慢のヒゲをなくしてしまいます。
見た目がショボくなって百獣の王たる威厳をすっかりさっぱり失ってしまったライオンは、
友人だったヒョウに王冠を奪われ、キリンや狐達からもガン無視される日々。
孤独に耐えられなくなったライオンは、王国を去りトボトボとあてもなく彷徨い歩きました。
そんな時、ライオンは野原で一輪の白く可愛らしい花を見つけます。
その優しい白い花とライオンは友達になり、二人は幸せな毎日を送っていました。
風が吹く日は白い花より風上に立ち、雨が降る日は体を傘代わりにして白い花を守りました。
ある時お腹がぺこぺこになったライオンが野原をぴょんぴょこしていたウサギをつかまえようとすると
白い花が「そんな鬼畜な事しちゃだめよ!」と無茶苦茶な事を要求してきました。
白い花に嫌われたくないのでライオンは我慢しましたが、当然お腹はペコペコです。
日に日に弱っていくライオンを見て、白い花は言いました。
「私はあなたが好き。いつか枯れてしまう位ならあなたに食べられた方がいい。
 だからわたしを食べて(not性的な意味で)」
ライオンは白い花の言うとおり彼女を食べ、またひとりぼっちになってしまいました。
ヒゲを失い、友を失い、王座を奪われ、孤独になった時よりももっと苦しい気持ちになりました。
雨が降ってもおなかの下にいれて、守ってやれるちいさなものはいなくなってしまったのです。
あの白い花に似た花は色んな所に咲いていましたが、
自分と友達になってくれて、好きだと言ってくれるあの白い花はもうどこにもいません。

【後味の悪い話】立原えりか「花くいライオン」の続きを読む
[ 2017/03/12 19:29 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ