【後味の悪い話】おみくじマシーン

343 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/11(木) 03:20:52
男は平凡なサラリーマン。
独身で、彼女もいないし趣味もない。たまに休日に馬券を買いに行くくらい。
ただ会社と家を往復するだけの毎日で、日々に疲れきっていた。
ある日、行きつけの喫茶店でコーヒーを飲んでいると、
ふとテーブルの隅に置いてあったおみくじマシーンが目に入る。
いつもは気にもしないが、その日はなんとなく気になって、コインを入れてみた。
マシーンから出てきた安っぽいカードには、こう印刷されていた。
「あなたは日々を無難に過ごすことによって、目の前にある幸運に気付かず逃がしています。
 今こそ大胆な行動に出るべきです。必ず道は開けるでしょう。」

数日後、男は売掛金を現金で回収することができたので、カバンの中に大金が入っていた。
これを少し競馬に流用して、小遣いを稼いでみてはどうだろうか?
そんな、いつもなら考えもしないような恐ろしい誘惑に取り憑かれてしまう。
考えをまとめるために入ったいつもの喫茶店で、コーヒーを飲みながらあのおみくじマシーンをやってみた。

マシーンから出てきたカードには、こう印刷されていた。
「あなたは今、行動に出るか迷っているようです。しかし大丈夫。運命は必ずあなたに味方するでしょう。
 何をやっても成功するはずです。」

【後味の悪い話】おみくじマシーンの続きを読む
[ 2017/07/20 19:33 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】伊藤潤二 「潰談」

97 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/04(木) 20:22:13
伊藤潤二 「潰談」
自分探しの旅に出た尾木は、南米のジャングルで遭難しかけたが、原住民の集落にたどり着いた。
そこで思わぬ歓迎を受け、お土産に現地の地図と「美味しい蜜の詰まった壷」を渡される。
彼らが言うには、
「その蜜を採るのは命がけだが最高に美味しい。ただし絶対に気付かれない様に舐めろ」
とのことだった。ナニに気付かれない様にするかは謎だが、蜜を舐めてみると確かに最高の味だった。

無事に日本のアパートまで帰って来れた尾木は、たまたま部屋に遊びに来た杉尾にこの話を聞かせる。
試しに一口だけ舐めさせてもらった杉尾は、すっかりこの味の虜になってしまうが、
それ以上は舐めさせてもらえず部屋を追い出されてしまう。

ならばと数日後、友達4人を連れて押しかけると、尾木は留守のようだった。
窓から押し入ると壷はすぐに見つかったが、部屋は血だらけで、壁には血のシミと
動物の皮をなめしたような物体が壁一面にべったり張り付いており、異臭もする。
何となく嫌な予感がしたが、一同は壷を持って部屋から逃げ出した。
その時、杉尾は部屋の隅に地図が置いてあるのを発見し、こっそり財布に入れた。

【後味の悪い話】伊藤潤二 「潰談」の続きを読む
[ 2017/07/18 21:14 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】児童を見かけた場合のガイドライン

48 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/03(水) 18:32:19
■児童を見かけた場合のガイドライン
1.迷子

親と離れてひとりぼっち。行き交う大人の中に必死に親の顔を探しています。
このように迷子の場合、多くはぐずっていたり泣き出したり
不安そうな顔をしているものです。
そんな子のそばに接近すると誘拐の疑いをかけられるリスクがあります。
迷子を見かけたら、半径3m以内には侵入せず、
目を合わせぬよう通り過ぎましょう

【後味の悪い話】児童を見かけた場合のガイドラインの続きを読む
[ 2017/07/18 19:14 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】「猿を一匹1000円で売って欲しい」

47 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/03(水) 18:31:32
むかし昔、ある男がある村に現れ、村人たちに言いました。
「猿を一匹1000円で売って欲しい」と。
サルは村では珍しくもなく、そこら中にいたので、村人たちはさっそく森へ捕まえに行きました。
村人たちが捕まえた何千匹ものサルを男は一匹当たり1000円で購入し、
そのうちサルの数が少なくなってきたので、村人たちは捕まえに行かなくなりました。
そこで男はサルの値段を一匹当たり2000円にすると発表しました。
この新しい発表により村人たちはまたサルを捕まえに行きました。
しばらくするとサルの数がさらに減ってきたので、村人は捕獲をやめました。
すると男の申し出は2500円へと吊りあがりました。
しかしサルの数はかなり減ってきているので、捕まえるどころか見つけるのさえ難しくなっていました。
とうとう男は値段を5000円にまで吊り上げました。
しかしながら、男はビジネスのために町へ出向かなくてはいけなくなったので、
彼のアシスタントが代わりにサルを買いつけることになりました。

【後味の悪い話】「猿を一匹1000円で売って欲しい」の続きを読む
[ 2017/07/18 18:14 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)

【後味の悪い話】ザンボット3の人間爆弾の回

45 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/03(水) 16:48:45
ザンボット3の人間爆弾の回がトラウマ。
ザンボット3ってのは主人公たちがロボットに乗って侵略者と闘うロボットプロレスアニメね。

この敵たちの戦略のひとつに人間爆弾ってのがあってさ。
人間を誘拐し、体内に爆弾を埋め込み、アブダクションの記憶を消して地上に戻すの。
埋め込まれた爆弾は、何も知らない宿主の行動に従って人間社会に潜り込んで行き、
時限装置でリミットが来ると爆発するってわけ。
「巣ごと殲滅!」
コンバット!の人間版みたいな感じね。
人間爆弾のうなじには(おそらく彼ら自身が見分けるときのために)星型の痣がつけられている。

【後味の悪い話】ザンボット3の人間爆弾の回の続きを読む
[ 2017/07/17 22:14 ] ('A`) | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング ブログパーツ